メガドライブの隠れた名作『ランボーⅢ』を知っているか!?
2016年12月31日 更新

メガドライブの隠れた名作『ランボーⅢ』を知っているか!?

「シルヴェスター・スタローン」主演の映画「ランボー」から、同シリーズの「ランボー3 怒りのアフガン」をゲームにしたのが、今回紹介する『ランボーⅢ』です。メガドライブのソフトとしては、比較的初期の頃に発売されたタイトルなので、円熟期のメガドライブファンには馴染みが薄いかも?…ファミコン世代の方にも「CM」は覚えてる!なんていう人もいるのでは!?

5,918 view
ピンチからの脱出

ピンチからの脱出

秘密工作員の救出に成功したら脱出までのカウントダウンが始まってしまう。
"制限時間は2分"予想外のピンチ!無事「EXIT」までたどり着ければ脱出成功だ。

ラウンド3:「ジャングル」での戦い!

密林地帯~武器格納庫へ

密林地帯~武器格納庫へ

橋を渡れば縦に進んで行く場面に突入。戦場はまるで"縦シューティングゲーム"のように姿を変える。
敵部隊もバラエティーに富んでいて、ジープに乗っていたり、時限爆弾を扱うボンバーマン部隊が現れたり、ランボー(一人)VSソ連軍(大部隊)の戦いがますますヒートアップします。
VS「戦車」

VS「戦車」

MISSION3の最後に対峙するのが戦車です。戦闘ヘリだろうが何だろうが、ランボーの行く手をさえぎる物は全て破壊するべし!

ラウンド4:「武器格納庫」を破壊の限り"破壊"せよ!

以下…破壊の限りを尽くす

以下…破壊の限りを尽くす

マップに点在する敵部隊の「武器箱」や「兵器」を片っ端から破壊して、画面に表示された「破壊率」を100%にするんだボンバー!!

画面に「GO TO THE EXIT!」の文字が表示された後「EXIT」ポイントまで移動すればクリアとなります。
実は・・・一撃「死」

実は・・・一撃「死」

敵の攻撃を受けると倒れるリアクションをするランボー。身体が点滅して、その場から動き出すので"ライフ制のゲーム?"と思ってしまいがち・・・実はプレイヤー数が減少しています。
ランボーは【1ダメージ=1プレイヤー数減少】となっています。

ラウンド5:「要塞へ進入せよ。」

とにかく一人

とにかく一人

何台、戦車が現れようとランバーは一人で戦います!
とにかく大部隊

とにかく大部隊

敵部隊のワラワラ感が最高に熱い『ランボーⅢ』とは・・・そんなゲームです。
敵兵のリアクションが◎

敵兵のリアクションが◎

敵兵を倒すと「やられたぁ~」ってリアクションします。特にやぐらから転落する敵兵のリアクションが◎

最後は、シャッターの中から現れる敵兵を倒し続けると、3D戦闘画面に移行します。

ラウンド6:「終局」トラウトマン大佐の救出

発見!「トラウトマン大佐」

発見!「トラウトマン大佐」

要塞に侵入して、無事トラウトマン大佐の囚われている牢屋まで辿り着ければクリア。そして最後の戦いが待ち受けます。
VS「戦車」「戦闘ヘリ」

VS「戦車」「戦闘ヘリ」

最後の相手(巨大兵器)は「陸」と「空」からの攻撃を仕掛けてきます。
ここで実行したいのが『ランボーⅢ』の「CM」に映る攻略方法です。飛んでいる戦闘ヘリを先に撃墜すると、戦車の上に落下します。まさに一石二鳥な攻略方法です。

たった「2メガビットロムカセット」にこれだけの要素を上手くまとめた"良ゲーム"それが『ランボーⅢ』です。

2種類ある「エンディング」

ノーマルエンディング

ノーマルエンディング

「コンティニュー」をしてクリアした場合のエンディング。ジープが走り去っていきます。
真のエンディング

真のエンディング

「ノーコンティニュー」でクリアした場合は、走り去っていくジープをランボーが追いかけます。
その腕から放たれる弓矢がジープに命中し爆発します。
最後まで、プレイヤーに対する遊び心満載の『ランボーⅢ』でした。

映画『ランボー3 怒りのアフガン』(日本版予告篇 )

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 166 view
72歳になったスタローンが主演!ランボーシリーズ最新作「ランボー5:ラスト・ブラッド」が公開決定!!

72歳になったスタローンが主演!ランボーシリーズ最新作「ランボー5:ラスト・ブラッド」が公開決定!!

80年代に日本を熱狂の渦に巻き込んだシルベスター・スタローン主演のアクション映画「ランボー」シリーズの最新作「ランボー5:ラスト・ブラッド(Rambo V:Last Blood)」が公開されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 9,669 view
メガドライブ版ファミスタ?・・・実は全然違う野球ゲームだった『球界道中記』

メガドライブ版ファミスタ?・・・実は全然違う野球ゲームだった『球界道中記』

「ナムコ」の野球ゲームといえば『ファミリースタジアム(※ファミスタ)』 プロ野球ゲームのスタンダード的な存在だと思います。ファミコンには「ファミスタ」、PCエンジンには「ワールドスタジアム(※ワースタ)」、そしてメガドライブには『球界道中記』・・・ん? ナムコのメガドライブ参入第9弾ソフトである野球ゲーム「球界道中記」とはいったい!?
「メサイヤ」のメガドライブ参入第1弾ソフトは『史上最大の倉庫番』だった。そして以外にも知られていないブランドロゴの秘密とは

「メサイヤ」のメガドライブ参入第1弾ソフトは『史上最大の倉庫番』だった。そして以外にも知られていないブランドロゴの秘密とは

日本コンピュータシステム(※NCS)のゲームブランド名【メサイヤ】 「PCエンジン」や「メガドライブ」には欠かせない良質のオリジナルゲームを開発していたサードパーティでした。そのメガドライブ参入第1弾ソフトが『史上最大の倉庫番』とは意外にも知られていない事実です。誰もが「重装機兵レイノス」だと思ってたことでしょう!? そんなメサイヤのロゴマーク(※ブランドネーム)に込められた思いとは?
アクションの枠にとらわれない粋なアクションゲーム『ストライダー飛竜』

アクションの枠にとらわれない粋なアクションゲーム『ストライダー飛竜』

プレイヤーが操作する「飛竜」の"ダイナミックかつアクロバティック"な動きと、場面ごとに変化するステージ構成とBGMが、スタイリッシュさを演出したアーケードゲーム『ストライダー飛竜』。その移植作品がメガドライブで登場し話題を呼んだ! 当時では大容量の「8メガビットロムカセット」を大胆に使用した、セガの心意気もあって、移植完成度は高く好評を得たタイトルとしても有名。そんな、ストライダー飛竜を名場面(シーン)で振り返ります。(※オリジナルのアーケード版「ストライダー飛竜」は、カプコンが開発・発売元)

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト