マイケル・チャンが奇策でレンドルを翻弄、17歳で優勝した1989年全仏オープン
2016年11月29日 更新

マイケル・チャンが奇策でレンドルを翻弄、17歳で優勝した1989年全仏オープン

マイケル・チャンがアンダーサーブなど奇策でレンドルを翻弄、17歳で最年少優勝した伝説の1989年全仏オープンを振り返る。

19,043 view

グランドスラム最年少優勝記録を保持するマイケル・チャン

マイケル・ターペイ・チャン

マイケル・ターペイ・チャン

(Michael Te-Pei Chang, 中国語名 張德培)
1972年2月22日生まれ
アメリカ・ニュージャージー州ホーボーケン出身
台湾系の選手で、男子テニス選手としては身長175センチの小柄な身体であるが、世界でも屈指のベースライン・プレーヤーで、どんな球でも粘り強く何度も拾うフットワークを持ち味とした。

伝説の1989年全仏オープン

ジュニアの時代から頭角を現したマイケル・チャン。
全米テニス協会の全国大会において12歳のとき18歳以下の部で優勝。
1987年(当時15歳)に全米オープンで1回戦を突破し、全米オープン本戦で最年少記録を樹立。
さらに1988年には、サンフランシスコのプロツアーにて優勝。

そして迎えた1989年、グランドスラムの一つ全仏オープン。
フランス・パリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催された全仏オープンでも飛ぶ鳥を落とす勢いのチャンは快進撃を続け、4回戦に進んだ。
4回戦の相手は世界No1のイワン・レンドル

4回戦の相手は世界No1のイワン・レンドル

1980年代の男子テニス界に長らく王者として君臨し、男子テニスの歴史を通じて最も輝かしい黄金時代を築いた名選手のひとりである。
サーブ、フォアハンド、バックハンドのいずれもが1980年代トップレベルのもので、同時に「機械」と言われるほどの安定感も兼ね備えていた。
試合が始まると、コートを支配したのはやはり王者レンドル。
圧倒的な強さを見せたレンドルに、チャンは4-6,4-6で2セットを先取される。

後が無くなったチャンはここから驚異的な粘りを見せ、ボールに食らいつき、6-3,6-3と2セットを取り返し、なんと試合をイーブンにまで戻すのだった。
しかし、まだ17歳のチャンには肉体の限界が迫っていた。
勝負の最終セットで、チャンの足は痙攣を起こしてしまう。

満足に動くことができないチャンは一瞬、棄権も考えたという。
だが、踏みとどまって、必死にプレーし続ける。

ここからチャンは数々の奇策を仕掛ける。

まず、遅延行為で反則を取られるギリギリの時間まで水分補給をして、気の短いレンドルをイラつかせ、レンドルの集中力を切らせようとする。
そして、衝撃のアンダーサーブ

そして、衝撃のアンダーサーブ

グランドスラムで王者相手にまさかのアンダーサーブ。
意表を突かれたレンドルは甘いボールを返してしまい、チャンはすかさずパッシングショットでポイントを奪う。
完全にペースを乱され、平常心を失ったレンドルはミスを連発。
マイケルチャンはマッチポイントを握る。
そして、さらなる奇策を講じるチャン。
レンドルのサーブで思いっきり前に出る。

レンドルのサーブで思いっきり前に出る。

レンドルのセカンドサーブに対して、サービスラインぎりぎりに立って、プレッシャーをかける戦法をとる。
そのプレッシャーに負けたレンドルはダブルフォルトを犯してしまい、ゲームセット。

スコアは、4-6,4-6,6-3,6-3,6-3の大逆転。
4時間37分の激戦であった。

全仏オープン 1989 チャン vs レンドル

このレンドル戦での勝利で勢いに乗ったマイケル・チャンは、準々決勝でロナルド・アジェノール、準決勝でアンドレイ・チェスノコフにいずれもセットカウント3-1で勝利。

決勝に駒を進めた。

決勝では世界No1経験者エドバーグと対戦

決勝の相手は元世界ランキング1位で全仏オープン時には世界3位だったエドバーグ。
ステファン・エドバーグ

ステファン・エドバーグ

全豪オープン・ウィンブルドン・全米オープンの男子シングルスに2度ずつ優勝。華麗なサーブ・アンド・ボレーで「グラスの貴公子」と呼ばれていた。
全仏オープンのみ優勝できず、1989年の大会で当時17歳のマイケル・チャンに敗れた準優勝が自己最高成績である。
実力者エドバーグにチャンも大苦戦。

しかし、6-1, 3-6, 4-6, 6-4, 6-2のフルセットでエドバーグを下し、史上最年少のグランドスラム優勝を果たしたのだった。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

松岡修造!!!  反骨の御曹司、リアルエースを狙え、ラケットを握ったサムライ

松岡修造!!! 反骨の御曹司、リアルエースを狙え、ラケットを握ったサムライ

独特のキャラクターと熱血ぶりで「太陽神」と恐れ崇められる男。 その現役時代は世界の頂点に挑んだが、決して天才タイプではなく力んでしまう不器用なタイプの選手。 ボールを思い切り打って、ひたすらボールを追いかけるというスタイルは、決してスマートでなくケガも多かった。 しかしその感情を込めたパワーは圧倒的だった。
RAOH | 3,767 view
「男子テニスライバル物語」往年の名勝負!男子テニス、トップ同士のライバル物語を振り返る。

「男子テニスライバル物語」往年の名勝負!男子テニス、トップ同士のライバル物語を振り返る。

かつての男子テニスライバル物語を憶えていますか?いつの時代にもトッププロのライバル物語が存在します。いまや堂々たる世界的テニスプレイヤーとなった錦織圭も、フェデラーVSナダルのような物語を紡ぐライバルが現れることでしょうね。
青春の握り拳 | 5,933 view
【男子テニス】1980年代のウィンブルドン決勝の組み合わせと優勝者を振り返る

【男子テニス】1980年代のウィンブルドン決勝の組み合わせと優勝者を振り返る

ウィンブルドンの決勝戦は特別です。タイトルを取った選手は最高の栄誉として認められるのです。今回は80年代の決勝を振り返り、その栄誉を手にした選手をまとめてみました。
bohemianrhapso1 | 17,203 view
【テニス】同じ“ベスト8”でも錦織圭と松岡修造では賞金額に5倍の開き!?≪ウィンブルドン2015≫

【テニス】同じ“ベスト8”でも錦織圭と松岡修造では賞金額に5倍の開き!?≪ウィンブルドン2015≫

1995年のウィンブルドンで松岡修造がベスト8となったのは有名な話。もし今年のウィンブルドンで錦織圭がベスト8となった場合の驚きの賞金額は…?
ヤマダゴロー | 6,539 view
テニス全米オープン決勝で“大坂なおみ”に破れた『セリーナ・ウィリアムズ』の半端ない凄さ!!

テニス全米オープン決勝で“大坂なおみ”に破れた『セリーナ・ウィリアムズ』の半端ない凄さ!!

9月8日(日本時間9日早朝)テニス・全米オープンの女子シングルス決勝戦で大坂なおみと対戦し惜しくも敗れてしまった、あえての『セリーナ・ウィリアムズ』選手に注目してみました。色々と調べてみると物凄い選手というのが分かりました。
ギャング | 4,648 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト