【動画】猪木、アンドレ、ザ・ロック。ハルクホーガンが選んだベストバウト3つ
2016年11月25日 更新

【動画】猪木、アンドレ、ザ・ロック。ハルクホーガンが選んだベストバウト3つ

日米両方のプロレス界で活躍したハルクホーガンが自身のベストバウト3つを選んだ。アントニオ猪木、アンドレ・ザ・ジャイアント、ザ・ロックとの対戦を動画とホーガンのコメントで振り返る。

10,208 view

日米プロレス界のレジェンド、ハルクホーガン

ハルク・ホーガン(Hulk Hogan)

ハルク・ホーガン(Hulk Hogan)

「アメリカン・プロレス界の顔」的な存在であり、スポーツ・エンターテイメントを体現したプロレスラーとして業界全体に多大な影響を与えた。2m・140kg級の巨体から繰り出すパワーと、観客の心を掴む卓越したパフォーマンスのスキルを活かし、ベビーフェイスとしてもヒールとしても頂点を極めた。

自身で選んだベストバウト3つ

2014年2月、60歳でWWEに復帰。
WWE日本ツアーの大会ホストとして久々に来日した8月、メディアの取材に対して、自身のベストバウト3つを選んだ。
還暦を過ぎてもこの迫力・この筋肉!

還暦を過ぎてもこの迫力・この筋肉!

「俺ももう60歳になったけど、このくらいの年齢でリングに上がっていたレスラーはたくさんいるだろ? ルー・テーズだってリック・フレアーだってそうだったじゃないか。」とコメントしている。

第3位、アンドレ・ザ・ジャイアント戦(1987年)

レッスルマニア3 ハルクホーガンvsアンドレ・ザ・ジャイアント

1987年3月29日、レッスルマニアIII
身長2m体重137キロのホーガンが小さく見える、身長223cm体重230キロのアンドレ・ザ・ジャイアントとの対戦。
9万3173人という観客動員数を記録したこの試合は今でもアメリカのプロレス団体WWF(現WWE)の名試合として語り継がれている。
ホーガンは「アンドレは完璧だった! リングに上がれば最強だったし、リング外でもナイスガイだった。アンドレ以降もジャイアント・ゴンザレス(231センチ)やザ・グレート・カリ(215センチ)のような巨大なレスラーはいたけど、アンドレとはまた違うスタイルだった。アンドレはホントに強かったよ。」と語っている。

第2位 ザ・ロック戦(2002年)

レッスルマニア18 ハルクホーガンvsザ・ロック

2002年、ビンス・マクマホンの刺客nWoの一員としてヒールに戻りWWF(WWE)に復帰。
レッスルマニアX8で「ICON vs ICON(象徴対象徴)」と銘打たれた、ザ・ロックと“ハリウッド”ハルク・ホーガンの頂上決戦。
WWE側は「悪の枢軸」nWo軍総帥ホーガンを絶対的ベビーフェイスのロックが迎え撃つというアングルを構成したものの、入場シーンからホーガンへの爆発的声援一色となり、ロックの方がブーイングを浴びる結果となった。
ホーガンは試合後ロックに握手を求め、翌日からベビーフェイスに戻った。

第1位 アントニオ猪木戦(1983年)

『IWGP決勝リーグ戦 ハルクホーガンvsアントニオ猪木

1983年6月2日に蔵前国技館で行われたIWGP決勝戦ではアントニオ猪木をアックスボンバーでKOして優勝を果たした。
また、右手人差し指を高々と上げ「イチバァーン!」と叫ぶ決めポーズも話題になり、この対戦でハルクホーガンの知名度・人気は爆発的に上昇していった。
この衝撃的な猪木の舌出し失神KOについてホーガンは詳細を語っている。

「IWGPのベルトを最初に巻いたのはこの俺さ。
豪華なベルトだった。黄金でダイヤモンドが輝いていた。IWGP決勝の注目度は高かったね。
実はあの試合の前日、俺が泊まっていたホテルの部屋に猪木から電話があったんだ(ニヤリ)。
猪木が言うんだ。『ミスター・ホーガン、明日の試合、俺はケンカマッチを仕掛けるから』って。
だから俺はその言葉に従って、エプロンサイドに立つ猪木におもいきりアックスボンバーを見舞ってやったのさ。
でも、俺は最初から猪木を病院送りにしてやろうなんて考えていないさ。たまたま当たり所が悪かったんだ。
あのとき、猪木の心臓がストップしていると聞いて、ホントにビックリした。思わずチビリそうになったよ。ドクターがリング上で猪木に蘇生措置を施すのを見て、さらに驚いたことを覚えている。」

また、猪木についてホーガンは次のように語っている。
「猪木は誰からもリスペクトされていたよ。ファンからも若手レスラーからも。俺も猪木からはいろんなことを学んだ。例えば、ケガや病気を抱えていても試合を休まないこと。猪木はケガをしていても何も言わずにリングに上がっていたよ。あの集中力はすごかったね。」
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

墓堀人はまた甦る 稀代の怪奇派 ジ・アンダーテイカー

墓堀人はまた甦る 稀代の怪奇派 ジ・アンダーテイカー

「The dead man」「地獄の墓堀人」「暗黒魔王」……数々の二つ名を持ち、1990年の初登場以来、現在もなお全世界を震撼させ続ける怪奇派プロレスラー、ジ・アンダーテイカー。彼はなぜ長年にわたりトップレスラーとして君臨し続けられたのか?その魅力に迫ります。
augusta wen | 7,342 view
【神様仏様ロック様!】みんなで合唱した”If you smell what The Rock is cookin’!”

【神様仏様ロック様!】みんなで合唱した”If you smell what The Rock is cookin’!”

アナタも覚えていますよね?歴代のWWEスーパースターのなかでも抜群にカッコよかったザ・ロック。さあご一緒に”Just bring it!!””If you smell what The Rock is cookin’!”
青春の握り拳 | 7,956 view
「テキサスのガラガラ蛇」ストーン・コールド・スティーブ・オースチンはかく語りき!

「テキサスのガラガラ蛇」ストーン・コールド・スティーブ・オースチンはかく語りき!

ビール缶ぶっ壊してリング上でがぶ飲み「hell yeah!」。数多いWWEスーパースターのなかでもひときわ大きな存在感を放つストーン・コールド。ロックやHHHとの抗争は最高に楽しかった。
青春の握り拳 | 11,597 view
1990年、東京ドームで行われた日米レスリングサミット!新日本プロレス、全日本プロレス、WWF(現:WWE)の合同興行に当代きっての人気レスラーが大集結!!

1990年、東京ドームで行われた日米レスリングサミット!新日本プロレス、全日本プロレス、WWF(現:WWE)の合同興行に当代きっての人気レスラーが大集結!!

日本におけるプロレス団体が新日本プロレス、全日本プロレスの2強だった1990年。海の向こうの超人気プロレス団体WWFと3団体が合同で開催した日米レスリングサミットを憶えていますか?東京ドームで開催されたこの大会に筆者は足を運び、当代きっての人気レスラーが集った大会に大興奮したことを憶えています。そんな後にも先にもこのときだけだったレスリングサミットに登場したレスラーたちを振り返っていきましょう。※試合内容そのものには触れていません
青春の握り拳 | 37,260 view
「人間山脈 アンドレ・ザ・ジャイアント」 その桁外れの破壊力!

「人間山脈 アンドレ・ザ・ジャイアント」 その桁外れの破壊力!

身長2m23cm 体重230kg 伝説の最強巨人レスラー、アンドレ・ザ・ジャイアント。今や伝説となった大巨人!
t-mamoru | 30,279 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト