【THE YELLOW MONKEY(イエモン)】90年代にブレイクしたイエモン、名曲の数々。
2016年6月5日 更新

【THE YELLOW MONKEY(イエモン)】90年代にブレイクしたイエモン、名曲の数々。

イエモンは90年代にけっこう聴きまくりでした。とくにカラオケなんかでは必ず歌うナンバーでしたね。まさに90年代を暴れ回ったイエモンですが、そんな彼らの歩みをヒットナンバーとともに振り返りたいと思います。

20,827 view

THE YELLOW MONKEY(イエモン)

THE YELLOW MONKEY(イエモン)

THE YELLOW MONKEY(イエモン)

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)は、日本のロックバンド。愛称・略称はイエモン。
2012年現在、CD総売上枚数は1008万枚。
1988年に結成、2001年1月より活動を停止し、2004年7月7日をもって解散。2016年に再び活動再開。

楽園 / THE YELLOW MONKEY - YouTube

大好きなナンバーです!

イエモンの歩み

ダサくてシニカルな名前にしたい=「イエローモンキー」

結成、デビュー

結成、デビュー

「イエローモンキー」は主に西洋圏で使用される、東洋人に対する蔑称。
この名前はダサくてシニカルな名前にしたいと考えていた吉井によって、結成前から命名されていた。
吉井曰く、ルックスが良くて長身なのが「イエロー・モンキー」のコンセプトであり、事実、183cmの吉井以下全員が180前後の身長である。
1988年に結成。結成初期は「渋谷ラ・ママ」というライブハウスを中心に活動。バンド初期はデヴィッド・ボウイ、ミック・ロンソン、T.Rexなどを彷彿とさせるグラムロック色が強く、メンバーが化粧をしたりするなど、後のヴィジュアル系のようなルックスだった。

SPARK / THE YELLOW MONKEY - YouTube

カッコよかったな~「SPARK」
メジャーデビュー

メジャーデビュー

1992年5月21日、日本コロムビアより1stシングル『Romantist Taste』でメジャーデビュー。1か月後には1stアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』をリリース。
1993年4月には日本青年館で初のホールライブを実施。同ライブでは、頭に袋を被せた裸の女性2人をステージに出す衝撃的なオープニング演出を行った。
1994年3月にはコンセプトアルバムとして3rdアルバム『jaguar hard pain 1944〜1994』がリリース。
吉井は、本作の主人公である「ジャガー」になりきるため、髪を丸坊主の軍人カットにし、ツアーでも芝居のような要素を取り入れるなど、独自の路線を追求。観客動員は軒並み上がっていったが売り上げ枚数は変わらず、吉井は「なんでライブはみんな虜になってくれるのに、音源に関してはそうならない?」と悩んだという。観客動員が良かったこともあり、ツアーの終盤に翌年日本武道館公演が実施されることが決定。
出典 getnews.jp

太陽が燃えている / THE YELLOW MONKEY - YouTube

ここからイエモン旋風が巻き起こりました。
路線変更、ブレイク

路線変更、ブレイク

デビューから3年間は思うように売れず、メンバーはスタッフとミーティングを重ねた。ディレクターである宗清の「10万枚で終わるか、オリコン1位を目指すのか」という質問に対し、メンバーは「オリコン1位」と返答し、これを機にしてチャート向けな楽曲作りに路線を変更。
1995年1月にリリースされた5thシングル『Love Communication』はヒット曲を意識して作られ、目論見通り自身初のオリコンシングルチャートTOP30入りを果たし、スマッシュヒットを記録。同年2月にリリースされた4thアルバム『smile』はオリコンアルバムチャート初登場4位を記録し、大幅に売上はアップした。
同年4月に初の日本武道館公演を実施し、即日完売するなど順調に人気を上げていく。同年7月にリリースされた7thシングル『追憶のマーメイド』がシングル初のTOP20入り、同年9月にリリースされた8thシングル『太陽が燃えている』がシングル初のTOP10入り、イギリスでレコーディングされた5thアルバム『FOUR SEASONS』がオリコン初登場1位を記録するなど、バンドの人気を確実なものとする。
1996年2月にリリースされた9thシングル『JAM/Tactics』が累計80万枚、同年7月にリリースされた10thシングル『SPARK』が累計55万枚を越えるヒット。

JAM / THE YELLOW MONKEY - YouTube

何度もカラオケで歌わせてもらったな~。
レコード会社移籍後

レコード会社移籍後

1996年12月に日本コロムビアよりリリースされた非公認ベスト・アルバム『TRIAD YEARS actI〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY』はバンド唯一のミリオンセラーを記録。
移籍後は独自のロックを追求していき、1997年1月にリリースされた6thアルバム『SICKS』は吉井自らが最高傑作と自負する作品となり、オリコン初登場1位、オリジナルアルバムでは自身最高の売上を記録した。
11thシングル『楽園』、12thシングル『LOVE LOVE SHOW』、13thシングル『BURN』(累計90万枚)など、シングルにおいても、いずれも45万枚以上の高いセールスをキープ。14thシングル『球根』は、シングルでは自身唯一のオリコン初登場1位を記録するなど、この時期に最も安定した人気を保つことになる。
1997年は精力的なライブ活動を行い、2月には、20公演を回る初のアリーナ・ツアー「FIX THE SICKS」を実施し、トータル15万人を動員。

Amazon.co.jp: THE YELLOW MONKEY : TRIAD YEARS act I+II ~THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY~ - ミュージック

¥1,944
[TRIAD YEARS act I+II ~THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY~] THE YELLOW MONKEY - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
PUNCH DRUNKARD TOUR

PUNCH DRUNKARD TOUR

1998年にリリースされた7thアルバム『PUNCH DRUNKARD』では、3作連続となるオリコン初登場1位を記録。ハードロック寄りとなり、ライブを強く意識したアルバムとなった。
このアルバムを引っさげ、同年4月、ホール72本、アリーナ41本、計113本を1年かけて回る「PUNCH DRUNKARD TOUR」を実施。同年1月7日の読売新聞には、14thシングル『球根』と、アルバム『PUNCH DRUNKARD』のリリース情報とともに、全113本のツアー日程が全面広告で掲載された。
選曲の面で吉井は苦悩し、前半のホールツアーは「洋楽志向のチャレンジ」として『PUNCH DRUNKARD』のアルバム曲が中心であったが、ツアーラストである1998年10月6日の岡山市市民会館で、吉井が「このツアーは失敗でした」と発言。後半のアリーナツアーからは「エンターテインメントに戻す」とし、アルバム曲を控えて過去のヒット曲を中心に演奏するようになった。
吉井は後に、1999年3月10日に横浜アリーナで行われたファイナルを、「覚えてない。お客さんが見えていない」と語り、このツアーを「ひたすら打たれ続けてた感じ」と語っている。「PUNCH DRUNKARD TOUR」は延べ55万人を動員し、1年間の経済効果は、グッズ・チケット・CDなどの売上を合わせ、100億円以上になるという。

LOVE LOVE SHOW / THE YELLOW MONKEY - YouTube

盛り上がるんだよね、イエモンは。

外部プロデューサーの導入

「PUNCH DRUNKARD TOUR」終了後、バンドサウンドを見直すためのミーティングが行われ、シングル作品に朝本浩文、森俊之、笹路正徳などの外部プロデューサーを導入する新しい展開を行う。

後に吉井は「そういう悪い状況で、自分の楽曲を他人に委ねる時点で終わっている」といった否定的な発言を多く残しているが、反面「このまま手癖で続けるわけにもいかず、30代、40代とバンドを続けていくために必要なことだったのも事実」とも語っている。

8thアルバム『8』の楽曲のレコーディングのためにロンドンへ向かった際、当時メンバーが多忙だったこともあり、スタジオに吉井一人しかいないという状況が続く。
メンバーとの温度差を感じ始めた吉井が帰国後、事務所に社長含む関係者を集め「俺をクビにしてくれ」と頼み込み、バンドへの不満を投げかけた。バンドは存続したが、「微妙な距離感が生まれた」と吉井は語っている。

2000年7月にリリースされた22ndシングル『パール』、同年7月にリリースされた8thアルバム『8』は吉井セルフプロデュース作品となった。
『8』のアルバムツアーは行われず、バンドは初となる国内ロックフェスに参加。しかし、そこでの吉井はノーメイクでジャージ姿という格好で出演。「はたから見ても異常、イエローモンキーを引き受けていない」状態であった。

同年12月30日、「CDTV年越しプレミアライブ」に緊急生出演。吉井が「ツアーが終わったら、俺たちプー太郎になっちゃうけど・・・」とコメントした後、23rdシングル『BRILLIANT WORLD』を披露し番組のトリを飾る。これが実質THE YELLOW MONKEYとしての最後のTV出演となった。

2001年1月8日に初の東京ドーム公演となる「メカラ ウロコ・8」を行う。初の大舞台にも関わらず、メンバーはステージ裏で円陣を組んだり会話をしたりすることもなく、淡々としていたという。吉井は「ドームの裏とは思えない。今振り返ると、それだけモンスターバンドだったんだなと思う」と語っている。結果的にこれが最後のライブとなった。

2001年1月~活動休止~解散

THE YELLOW MONKEYは、まさに90年代を駆け抜けたバンドでした。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 10,777 view
イエモンの吉井和哉ほか、映画『オアシス:スーパーソニック』の感想コメントを公開!!オアシスの魅力を悟る!

イエモンの吉井和哉ほか、映画『オアシス:スーパーソニック』の感想コメントを公開!!オアシスの魅力を悟る!

THE YELLOW MONKEYの吉井和哉などが、世界的ロックバンド「オアシス」のリアム&ノエル・ギャラガーが製作総指揮を務めた、初のドキュメンタリー長編映画「オアシス スーパーソニック」の鑑賞コメントを公開した。
red | 818 view
THE YELLOW MONKEY(イエモン)×円谷プロ!新曲の予告映像を「帰ってきたウルトラマン風」で製作!

THE YELLOW MONKEY(イエモン)×円谷プロ!新曲の予告映像を「帰ってきたウルトラマン風」で製作!

1990年代から2000年代前半にかけて、数多くのヒット曲を生み出した伝説のロックバンドTHE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)。今年復活した彼らの新曲『砂の塔』の予告映像が公開された。ウルトラマンの円谷プロダクションとの強力コラボによるものだ。
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 126,029 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 103,583 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト