【動画】本家と比較!黒夢・SADSの清春がカバーした邦楽・洋楽の名曲たち
2021年5月28日 更新

【動画】本家と比較!黒夢・SADSの清春がカバーした邦楽・洋楽の名曲たち

中森明菜、BUCK-TICK、さだまさし、布施明の邦楽や、T-REXやショッキング・ブルーなど洋楽まで懐かしの名曲を清春が艶やかな声で歌い上げる。

10,932 view

清春が歌う『TATOO』(1988年、中森明菜)

1988年5月18日に発売された中森明菜の「TATOO」のカバー。
作詞: 森由里子、作曲: 関根安里

清春 TATTOO - YouTube

2007年8月22日、シングル「TATTOO」にてカバー

中森明菜 TATTOO - YouTube

音楽番組では、ボディ・コンシャスのタイトなミニスカートの衣裳をまとい、振り付きで本曲を歌唱披露した。中森本人としてはミニの衣裳は避けたかったが、この曲の衣裳にはそれが相応しく、プロデューサーとしての自身が着ざるを得ないと決断させたと語っている。

清春が歌う『VENUS』(1969年、The Shocking Blue)

オランダのロックバンド「The Shocking Blue(ショッキング・ブルー)」が1969年にリリースした『VENUS』をカバー。

Kiyoharu Venus - YouTube

2005年リリースのシングル『Layra』のc/wに収録。

Shocking Blue - Venus (Video) - YouTube

ビルボード誌では、1970年2月7日に、週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1970年年間ランキングでは第22位。ビルボード誌の集計では、ショッキング・ブルー最大のヒット曲となった。日本のオリコンでは最高2位。

清春が歌う『JUST ONE MORE KISS』(1988年、BUCK-TICK)

1988年10月26日に発売されたBUCK-TICKの1枚目のシングル。
作詞:桜井敦司 / 作曲:今井寿 / 編曲:BUCK-TICK・中山努

清春 JUST ONE MORE KISS - YouTube

BUCK-TICK/トリビュートアルバム『PARADE〜RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK〜』に収録。

デビュー2年目にして初のシングル。メンバーが出演したビクターCDラジカセ「CDian」CMソングに起用。CMには、「重低音がバクチクする。」のキャッチコピーがつけられた。
BUCK-TICKは本作で第30回日本レコード大賞にて新人賞を獲得した。

Just One More Kiss - Atsushi and Kiyoharu - YouTube

BUCK-TICK FEST 2007「ON PARADE」にて櫻井敦司と共演。
清春&櫻井敦司の競演によるデュエット・ヴァージョンの『JUST ONE MORE KISS』。

清春が歌う『HELLO, I LOVE YOU』(1968年、The Doors)

アメリカのロックバンド「The Doors(ドアーズ)」が1968年に発表したシングル『HELLO, I LOVE YOU』をカバー。

Kiyoharu (清春) - HELLO, I LOVE YOU - YouTube

シングル「狂った果実」(2009年)のカップリング

The Doors - Hello, I Love You - YouTube

アメリカのチャートで1位を獲得、全英チャートでは最高15位。

清春が歌う『防人の詩』(1980年、さだまさし)

さだまさしが1980年7月10日にリリースした『防人の詩』。
この『防人の詩』は大ヒット映画『二百三高地』の主題歌であり、さだまさしの代表曲の一つでもある。

kiyoharu - 防人の詩 - YouTube

2008年9月10日リリースの『shade~saw the light & shade~』に収録。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ヴィジュアル系四天王の誕生!ヴィジュアル系ムーブメント黄金期の後半、1995年~1999年を振り返る!

ヴィジュアル系四天王の誕生!ヴィジュアル系ムーブメント黄金期の後半、1995年~1999年を振り返る!

LUNA SEAブレイクから黒夢、GLAY、L'Arc-en-Cielと立て続けにブレイクを果たしていき、そのムーブメントはさらに広がっていきました。 ソフトヴィジュアル系は多くの支持を得て、国民的ポップスターとしての地位を築き上げ、次世代を担うバンドも続々と誕生した後半を振り返っていきます!
蛍火 | 5,134 view
『hide TRIBUTE SPIRITS』はトリビュートアルバムとして史上唯一のミリオンヒット!

『hide TRIBUTE SPIRITS』はトリビュートアルバムとして史上唯一のミリオンヒット!

1998年5月2日に急逝したhide。溢れる才能を持つアーティストの早すぎる死は私たちに大きな衝撃を与えました。その一周忌に発表された『hide TRIBUTE SPIRITS』には当代を代表するロックバンドが参加、トリビュートアルバムとして市場唯一のミリオンヒットを飛ばしました。そのアルバムから、いくつかの楽曲をご紹介しましょう!!(hide本人Ver.も掲載)
青春の握り拳 | 15,110 view
結成当初は4人だった!黒夢のメンバー遍歴とヒット曲まとめ

結成当初は4人だった!黒夢のメンバー遍歴とヒット曲まとめ

黒夢といえば清春と人時というイメージが強いと思いますが、実は結成当初は4人。デビュー当時は3人でした。メンバー遍歴とヒット曲をまとめてみました。
saiko | 648 view
今だからこそ聞きたいクラシックなヴィジュアル系の名盤!黒夢が1993年にリリースしたアルバム「亡骸を…」!!

今だからこそ聞きたいクラシックなヴィジュアル系の名盤!黒夢が1993年にリリースしたアルバム「亡骸を…」!!

クラシックな名盤、今回ご紹介するのは黒夢が1993年にリリースしたアルバム「亡骸を…」です。 ヴィジュアル系シーンに絶大なインパクトを与え、"名古屋系"と"コテ系"という2大派生ジャンルへと 発展していきました。 王道を塗り替え、瞬く間にスターダムへとぼりつめた黒夢。 伝説の首吊りパフォーマンスや、過激な作品タイトル。 80年代インディーズシーンの系譜を受け継ぐ危うい雰囲気を纏っていた黒夢でしたが、本作 「亡骸を...」ではそういった当時のパブリックイメージから一歩踏み出し、新たな境地を見せ始めました。 そんな黒夢の名盤である「亡骸を…」の魅力を存分にお伝えしていきます!
蛍火 | 1,028 view
後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part4

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part4

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!!もPart4まで来ました。 Part5までお送りするという事で始まりPart4まで来たわけですが、皆さんの お気に入りの名盤は登場したでしょうか? 今振り返っても90年代は名盤の宝庫ですよね! それでは、今回もこれは外せないという名盤が勢ぞろいとなっていますので、 さっそくご紹介していきます!
蛍火 | 11,050 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト