後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part4
2021年8月18日 更新

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part4

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!!もPart4まで来ました。 Part5までお送りするという事で始まりPart4まで来たわけですが、皆さんの お気に入りの名盤は登場したでしょうか? 今振り返っても90年代は名盤の宝庫ですよね! それでは、今回もこれは外せないという名盤が勢ぞろいとなっていますので、 さっそくご紹介していきます!

9,505 view

翔~カケラ~裸 (1999) - Laputa

Laputaが、99年に発表したメジャー4thアルバムです。
1曲目のオルタナな「Sadness」を聴いてもらえればわかる通り、名古屋系特有の
ダークさやハードさは希薄となっています。
その代わりにメロディーの素晴らしさが、際立っており全体的にポップな印象が
押し出されています。
デジタル要素も露わになり、その後の布石となる作品です。
シングルにてリリースされた名曲「Virgin cry」「Chimes」「Breath」「Feelin' the sky」を
含む全10曲となっています。
翔~カケラ~裸 - Laputa (2297749)
出典 amzn.to

翔~カケラ~裸 - Laputa

680
01.Sadness
02.Virgin Cry
03.Jesus
04.Starting paranoia
05.Chimes
06.Refrain Limit/Drug Habit
07.Breath
08.Feelin’ the sky
09.Masquerade
10.After lovers

Laputa Virgin cry PV HD

1999年6月9日にリリースされたLaputaの5thアルバムの挿入曲であり、
8枚目のシングル曲です。
イントロのブレイクアウトにより幕を開ける、キャッチーながらデジタル色の強い
サビが強く印象に残る楽曲。
シンセのきらびやかさと重々しいベースとの対比が際立っており、Laputa流の極まった
歌謡ロックと言えるのではないでしょうか!

ギターソロも流暢なフレーズでかっこいいです。

LUNA SEA(1991) - LUNA SEA

LUNA SEAが91年に発表した1stアルバムです。
ニューウェイヴとハードコアパンクをクロスオーバーさせたサウンドで、フォロワーを
大量に産み落とし、新たな王道を創り出した革命的な名盤。

DEAD END・BUCK-TICK・D'ERLANGER・ZI:KILLといった先人たちの遺伝子を感じさせながらも
LUNA SEAにしか成し得ない揺るぎないオリジナリティーをパッケージした全10曲となってます。
音質やテクニックを凌駕する初期衝動に震えてしまいます!
日本を代表するロックバンドLUNA SEAの原点であり、ヴィジュアル系の原点を知る上でも押さえて
おきたい一枚です。

ファンからは、
「音質が良くないなどの意見もあるアルバムですが、荒削りさがより良さを引き立ててる気がする」
「どの曲も20歳そこそこの若者が作り上げた音楽とは思えないほどのクオリティー」
といったように、ヴィジュアル系を語る上では欠かすことのできない名盤となっています!
LUNA SEA - LUNA SEA (2297750)
出典 amzn.to

LUNA SEA - LUNA SEA

10
01.FATE
02.TIME IS DEAD
03.SANDY TIME
04.BRANCH ROAD
05.SHADE
06.BLUE TRANSPARENCY 限りなく 透明に 近い ブルー
07.THE SLAIN
08.CHESS
09.MOON
10.PRECIOUS...

LUNA SEA PRECIOUS... EXTASY SUMMIT 1991

2011年3月16日に発売された、LUNA SEAの1枚目のオリジナルアルバムの挿入曲です。
インディーズアルバム『LUNA SEA』、ベストアルバム『PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜』
そして復活後のセルフカバーアルバム『LUNA SEA』と3種類のスタジオ音源がある本曲。
メンバーからもファンからも愛されている楽曲なのかもしれませんね!
インディーズアルバム『LUNA SEA』の音源は、録音環境や技術の問題か、ペラペラの音が残念ではあるのですが、楽曲の勢いはピカイチ!

mind soap (1999) - Raphael

Raphaelが、99年に発表したメジャー1stアルバムです。
X JAPAN meets MALICE MIZERな耽美派ヴィジュアル系メタルの元祖である彼ら。
当時メンバー全員が十代という若さで、製作された作品で所々に"青さ"は感じられるのですが、
その"青さ"こそが彼らの魅力ではないでしょうか。
モラトリアムという一言では片付ける事ができない心が洗われるようなピュアな詩世界は、大人に
なった今聴いても訴えかけてくるものがありますよね。
YUKIの独特な歌唱法や華月の天才的ソングライティングセンスも本当に素晴らしです!
整形した事を開け広げに話したりする飾らぬ少年らしいキャラクターも魅力ですよね。
若き衝動と計り知れぬポテンシャルを感じさせる名作です!

ファンからは、
「暑苦しいメタルの印象を覆した繊細且つ美しいメロスピ」
「楽曲の凄さを思い知ったアルバム どんな曲調でも奏でられる素晴らしいバンドでした」
「華月さんが遺してくれた沢山の曲は今でも私の青春です!」
「19年という生涯で華月が遺したメジャーでの集大成!」
「 癒しの天使を全うしたのような心洗われる珠玉のコンセプトアルバム!」
といったように、彼らの登場いより衝撃を受けたという方も多いようですね!
mind soap - Raphael (2297878)
出典 amzn.to

mind soap - Raphael

2,597
1. シナゴーグ前奏曲第3楽章~変ホ長調~
2. さくら
3. 小夜曲~悲愴~
4. 花咲く命ある限り
5. ピーターパン症候群
6. promise
7. ハックルベリーの恋
8. eternal wish~届かぬ君へ~
9. Holy mission
10. 吟遊詩の涙
11. 僕と「僕」

Raphael (ラファエル) - eternal wish ~届かぬ君へ~ PV [HD 1080p]

1999年12月01日に発売された、Raphaelの1stアルバムの挿入曲であり、
6thシングル曲です。
彼らにとってもファンにとっても大事な1曲であるというのは、後に2度目のシングル化を
果たし3回目のレコーディングが行われたことからもわかりますよね。
ストレートなバラードナンバーとなっており、歌詞やメロディには拙さもあるのですが、
その背伸びした感性が、彼らの純潔性を助長しています。
素朴な節回しにYUKIの歌声が活きており、たった1曲で、3曲ぐらいで歌モノパートを
構成したのと同等の充実感を与えてしまうのだから恐ろしいです!

STYLE (1996) - LUNA SEA

LUNA SEAが96年に発表した5thアルバムです。
出世作かつ超傑作となった前作に対するプレッシャーをはねのけるように、創造的破壊が行われた
本当の意味でオルタナティブでロックな作品となっています。
自分たちで作りあげた王道を破壊し、新たに創造するという意思は前作までの路線を覆した
ジャケットアートなど節々に感じられますよね!
デカダン要素は限りなく薄まり、ロックバンド然としたソリッドかつヘヴィな作風です。
ヒットシングル「DESIRE」「END OF SORROW」「IN SILENCE」を含む全11曲となっています。

ファンからは、
「バンドの最高傑作はMOTHERだけど90年代V系の最高傑作はSTYLEだと思っています」
「一曲のクオリティーがエグすぎる」
「音楽界の頂点にもたったLUNA SEAの最強アルバム」
といったように、LUNA SEAを語る上では欠かせない最強のアルバムであることが分かりますね!
STYLE - LUNA SEA (2297751)
出典 amzn.to

STYLE - LUNA SEA

159
01. WITH LOVE
02. G.
03. HURT
04. RA-SE-N
05. LUV U
06. FOREVER&EVER
07. 1999
08. END OF SORROW
09. DESIRE
10. IN SILENCE
11. SELVES

LUNA SEA - 「IN SILENCE」MV

1996年4月22日に発売された、LUNA SEAの5枚目のオリジナルアルバムの挿入曲であり、
8枚目のシングル曲です。
言わずと知れた神曲!
SUGIZO原曲で、アルバムではシングルバージョンとミックスがやや異なります。
LUNA SEAの王道とも呼ぶべき疾走感とグルーヴに溢れたガチもんの神!
グリッサンドを多用したベースラインが本当にカッコイイ曲。
サビでの転調の仕方や、イントロの明らかにROSIERっぽい部分や、
「薄羽蜉蝣の想いは朝日に切り裂かれていく」などの悲しみや孤独にサヨナラ
できてなさそうな歌詞など、聴きどころがたくさんあるので是非聞いて欲しいです!

絵〜エマダラ〜斑 (1997) - Laputa

Laputaが97年に発表したメジャー2ndアルバムです。
決してやり過ぎずシックさを保ったダークな世界観、akiのこぶしを効かせまくるヴォーカル、
HR/HM然としながらムサ苦しさ皆無の麗しすぎるKouichi先生のギター、音楽性の幅は広げながらも
失われることのない名古屋系プライドが凝縮されています。
これを名盤と呼ばずして何と呼ぶのか!?
ダークかつヘヴィなイントロが凶悪過ぎる「ALKALOID」、名曲として語り継がれる王道全開の
「MONOCHROME」、シングルリリースされた名曲「EVE」を含む全11曲となっています。

ファンからは、
「艶のあるVo.もギターの泣きっぷりも全てが完璧」
「Koichi先生のギタープレイが冴えまくった傑作」
「リフが変態的にメロディアスかつトリッキー こんなリフかけるギタリストは他にいないと思う!」
「 ギタリストは、必聴レベル!」
といったように、他にはない艶のあるVoとギターは必聴レベルの名盤です!
絵~エマダラ~斑 - Laputa (2297752)
出典 amzn.to

絵~エマダラ~斑 - Laputa

218
01.ALKALOID
02.LOWSPIRITED
03.MONOCHROME
04.REINCARNATION MORNING
05.MOVE ON DARKNESS
06.B.C.
07.MARK MARS
08.OVER MIND
09.EVE
10.STAY
11.FREESIA

Eve - laputa

1997年6月25日に発売された、Laputaの2ndアルバムの挿入曲であり、
2ndシングル曲です。
キメの多用、Bメロ~サビにかけての疾走感、慟哭を感じさせるギターといったように、
初期Laputaらしさがこれでもかと詰め込まれた曲となっています。
Bメロのギターフレーズは、一度聴いたら忘れられないほど印象的!
ギターソロも秀逸です。
抽象的ながら空虚さはよく伝わってくる歌詞とメロディーセンスも抜群の神曲!!
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • BUCK-TICK好き 2021/8/22 11:11

    BUCK-TICKにD'ERLANGER、ジキルは今でも聴くくらい好きです。
    BUCK-TICKは本当に毎回違う世界観を造り出して楽しませてくれる凄いバンドだと思います!

    コゴ米 2021/8/22 06:10

    いいね〜◎胸が熱くなる選曲!!
    帰宅したらCD棚から出して聴き直しだわ!

    れん 2021/8/20 16:28

    誤字がヤバすぎて途中で読むの辞めた

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part5

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part5

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!!もラストのPart5となりました。 90年代はヴィジュアル系の黄金期という事もあり、どれもこれも名盤ぞそいですよね! 私は年代的に90年代後期になるのですが、もう少し早く生まれていればと思わずにはいられない名盤ばかり! とはいえ、これからご紹介するラスト10枚もこれまた名盤揃いとなっていますので、気になったという方は 遅いという事はありません!是非とも聞いてみて欲しいです!
蛍火 | 9,988 view
後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part2

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part2

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part1はいかがでしたでしょうか? どれも後世に伝えていきたい名盤ばかりをご紹介したのではないかと思いますが、まだまだ名盤はたくさんある! という事で、今回も「後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part2」ということで、 選び抜いた10枚の名盤をご紹介していきます!
蛍火 | 29,742 view
後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part3

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part3

Part1・2とお送りしてきた後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!!もPart3となりました。 ヴィジュアル系全盛期だった90年代、様々なバンドが独自のスタイルを確立しようとしていたあの時。 そんな中でリリースされた作品は、どれもが新鮮で私たちに新たな衝撃を与えてくれましたよね。 だからこそ、これは後世に伝えていきたい!という名盤もまだまだたくさんあるはず! それでは今回も、後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part3ということで、 90年代ヴィジュアル系伝説の名盤たちをご紹介していきます!
蛍火 | 11,234 view
後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part1

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part1

90年代ヴィジュアル系ムーブメント一連の流れとなる1987年から1999年。 名古屋系・コテ系・ソフトヴィジュアル系と様々に進化を遂げていったヴィジュアル系。 今回は「後世に伝えたい」をテーマに1987年から1999年にリリースされたヴィジュアル系の オリジナルアルバムを「後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!!」と称し、 Part1~5に分け、50アルバム程ご紹介していこうと思います!
蛍火 | 20,251 view
ヴィジュアル系四天王の誕生!ヴィジュアル系ムーブメント黄金期の後半、1995年~1999年を振り返る!

ヴィジュアル系四天王の誕生!ヴィジュアル系ムーブメント黄金期の後半、1995年~1999年を振り返る!

LUNA SEAブレイクから黒夢、GLAY、L'Arc-en-Cielと立て続けにブレイクを果たしていき、そのムーブメントはさらに広がっていきました。 ソフトヴィジュアル系は多くの支持を得て、国民的ポップスターとしての地位を築き上げ、次世代を担うバンドも続々と誕生した後半を振り返っていきます!
蛍火 | 2,502 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト