横スクロールシューティングゲーム E.D.F
2020年2月28日 更新

横スクロールシューティングゲーム E.D.F

マイナーなスーパーファミコン用シューティングゲームE.D.F.について!

265 view

基本的にはスタンダードな横スクロールシューティング

スーパーファミコン版のロムカセット

スーパーファミコン版のロムカセット

EDFと言えば今やプレイステーションソフト「地球防衛軍」の代名詞となっていますね。しかし、実はそのタイトル以前にも地球防衛軍をタイトルに掲げるゲームは存在していました。
1991年にアーケードデビューした「E.D.F.(EARTH DEFENSE FORCE)」横スクロールシューティングゲームがそれ。

そして今回まとめていくのは1991年10月25日に発売されたスーパーファミコン移植版の「SUPER E.D.F」。
用意された8種類の武器から1つを毎ステージ前に選んで出撃。通常3つ、最大5つのライフを持ち、被弾毎にライフの減少と一定時間無敵の効果が得られる。
また、敵機撃破で得られるポイントを貯めてレベルを上げる事でショットの威力や形状の変化が起こる(ポイントやレベルはステージクリア後も持ち越し)。最大レベル時に更にレベルアップするとライフがひとつ回復するようになる。
選んだ武器によるショットは、自機に付属する“オプション”が撃ち出しており、フォーメーションキーでオプションを自機から独立させる事ができる。用意されたフォーメーションの種類は3種類となっており、レベルの上昇に従って使用できるフォーメーションは増えていく(キーを押した回数に応じてフォーメーションは切り替わるため、最大レベルの5レベル目からは状況に応じて好みのフォーメーションを使い分けられる)。

全てのライフが尽き墜落させられると、ステージをやり直すかゲームオーバーにするかを選ぶ事ができますが、やり直せる回数は限られています(確か3回までだったはずです)。
武器選択画面

武器選択画面

左上から下へ、
「バルカン」: 通称ミカン。ミカンの房のような弾を扇状に発射。
「レーザー」:通称プリッツ。プリッツのような細長い弾を真っ直ぐ発射。
「アトミック」:通称シャボン。発射された砲弾のような弾が敵機に当たるとシャボン玉のような爆発が起こる。爆発は敵機の一部の弾を消せる。
「ホーミング」:通称輪投げ。リング状の弾が自動で敵機へ飛んでいく。
「エクスプロード」:通称ショットガン。発射された弾が敵機へ当たると分裂して周囲を攻撃する。
「サーチ・レーザー」:通称角餅。その短さから角餅のようなレーザーが自動で敵機へ飛んでいく。
「フォトン」:通称波動砲。自機正面でエネルギーを溜めキーを離すとエネルギーの塊が正面へ飛んでいく。発射する弾と溜め中は敵機の一部の弾を防げる。
「グレネード」:通称機雷。発射後時間差で爆発するボムを連射できる。
の8種類。

ストーリー

西暦20**年、世界は国家や人種の壁を越え、地球統合の実現を目前に控えていた。統合条約締結の為、ワシントンD.C.にて最終会合を開いていた各国の首脳陣に対し、「アギーマ帝国」を名乗る謎の組織から、一つの声明文が届けられる。その声明には「24時間後に全世界の原子力発電所に衛星軌道上からビーム攻撃を実行する」という地球壊滅計画が予告されていた。これを受け、会合の目的は条約締結から、アギーマ帝国を迎え撃つための対策本部へと移り変わる。

時を同じくとして、地球統合準備部隊の手によって、統合後の主力戦闘兵器となる特殊機動戦闘機XA-1の開発が完了。オービットブースターを使用する事によって、単独での大気圏離脱をも可能であり、各種武装の他、最新鋭の非接触型攻撃オプションを装備したXA-1の戦闘力に着目した対策本部は、地球防衛軍(EARTH DEFENSE FORCE)としてXA-1の出動を要請した。XA-1の出撃準備が急がれる中、衛星からの攻撃に先立ち、アギーマ帝国の飛行型機動兵器による攻撃が開始される…。
(Wikipediaより)

用意されたステージは全6ステージ

【ステージ1】
前半

前半

雲海上での戦闘。
後半

後半

ステージはBOSSへ近づくに連れて背景が変化していくが、ハッキリとした変化の感じられないステージもある。
【ステージ2】
http://img.inside-games.jp/imgs/zoom/178255.jpg (1487900)

ステージ2は背景に見える夜景の切れ目や橋の数に違いがある程度で大きな変化は見られない。
【ステージ3】
http://gamefabrique.com/storage/screenshots/snes/super-earth-defense-force-05.png (1487902)

ステージ3も上の鍾乳石の大小や背景の基地らしき建物に変化が見られる程度。ただ、中BOSSが設定されているため展開はやや長め。
【ステージ4】
前半

前半

戦闘は宇宙空間へ進出。
後半

後半

背景には人工コロニーが現れる。
【ステージ5】
前半

前半

背景には地球の姿が…。
後半

後半

月の夜景が見えてくるようになる。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

22年の時を経て初見参!スーパーファミコン「スターフォックス2」未発売だった経緯とは。

22年の時を経て初見参!スーパーファミコン「スターフォックス2」未発売だった経緯とは。

2017年10月5日、ミニスーパーファミコンの発売が発表されました。当時とても高価だったゲームソフトが21本も収録されて値段はなんと7,980円(税別)。なかでも当時開発されたものの未発売に終わった「スターフォックス2」収録が目を引きます。
チロルチョコ | 4,044 view
【ヲヤスミ、ケダモノ。】、アイレムが送る最後の「Rの系譜」、『R-TYPEⅢ:THE THIRD LIGHTNING』がシューターに残した衝撃!

【ヲヤスミ、ケダモノ。】、アイレムが送る最後の「Rの系譜」、『R-TYPEⅢ:THE THIRD LIGHTNING』がシューターに残した衝撃!

『R-TYPE III:THE THIRD LIGHTNING』(アールタイプ・スリー ザ・サード・ライトニング)は1993年12月10日にアイレムより発売されたスーパーファミコン用横スクロールシューティングゲームである。「高密度戦術級暴力型シューティングゲーム」と銘打たれた本作は、R-TYPEシリーズの特徴である強力な「波動砲」のモード追加、「フォース」の種類追加、ステージギミックにスーパーファミコンの回転拡大縮小機能を生かした演出等、その銘に相応しい、シリーズ中でも高い評価を得た名作である。
binto | 25,315 view
珍しい疑似3D画面、SFCソフト『アクスレイ』は縦と横、どっちも楽しめるシューティングゲーム!

珍しい疑似3D画面、SFCソフト『アクスレイ』は縦と横、どっちも楽しめるシューティングゲーム!

SFCソフト『アクスレイ』は、1992年9月11日にコナミより発売されたシューティングゲームである。本作は、縦スクロール面と横スクロール面が交互のステージ構成となっており、同社発売のシューティングゲーム「沙羅曼蛇」を彷彿とさせる。特に縦スクロール面に関しては、背景画面にパースをかける事による疑似3D表現がなされており、奥行きのある立体感を感じさせるゲーム画面が非常に特徴的な物になっている。
binto | 6,186 view
「ここは地獄の激戦区」、新谷かおる氏の漫画をカプコンがゲーム化、『エリア88』は硬派な良作!

「ここは地獄の激戦区」、新谷かおる氏の漫画をカプコンがゲーム化、『エリア88』は硬派な良作!

スーパーファミコンソフト、『エリア88』は1991年7月26日にカプコンより発売された横スクロールシューティングゲームである。原作は新谷かおるの漫画で、「少年ビックコミック」にて1979年から1986年の8年間に渡り連載されていた、戦闘機パイロットの傭兵稼業を描いた作品である。本作はゲーム自体の作り込みも素晴らしく、原作のキャラや戦闘機が使用でき、傭兵らしく資金を稼いで機体と装備を買うといった豊富な要素もあり評価が高い。
binto | 11,159 view
グロテスクだけどスタイリッシュ?SFCソフト『SUPER R-TYPE』はアイレムの名作STG!

グロテスクだけどスタイリッシュ?SFCソフト『SUPER R-TYPE』はアイレムの名作STG!

『SUPER R-TYPE』(スーパー・アール・タイプ)は1991年7月13日にアイレムよりSFCソフトとして発売された。 本作は同社より1989年に発売されたアーケードゲーム「R-TYPE II」をベースにされているが、大幅なアレンジがなされており、着脱式オプション「フォース」などの特徴的なシステムはそのままに、ステージ構成の変更や全体的難易度の緩和などバランス調整されており、家庭用として遊びやすくなっている。
binto | 30,958 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト