80年代の化粧品CMソングを歌っていた「3M」とは誰だかわかりますか?
2018年6月12日 更新

80年代の化粧品CMソングを歌っていた「3M」とは誰だかわかりますか?

ミドルエッジ世代にとって「3M」と言えば、90年代に大人気だった、宮沢りえ、観月ありさ、牧瀬里穂を思い浮かべる方も多いかと思います。では、80年代のCMソングを歌っていた「3M」は誰のことかわかりますか? きっと歌、歌声を聞いたら「あ!」と思い出すと思いますよ!

3,233 view

化粧品のCMソングを歌った80年代の「3M」!

90年代に人気を博した「3M」は、宮沢りえさん、観月ありささん、牧瀬里穂さんでした。
ミドルエッジ内検索でも10件ヒットしましたので、ぜひ読んでみてください。

では、80年代にも「3M」と呼ばれていた歌手がいたことはご存知でしたか?
化粧品のCMソングを歌っていた三人の歌姫です。

まりや、真知子、真代‥‥三人の歌姫

また、この曲(渡辺真知子「唇よ、熱く君を語れ」)はカネボウのCMソングであり、当時、竹内まりやの「不思議なピーチパイ」(資生堂)、庄野真代の「Hey Lady 優しくなれるかい」(ポーラ化粧品)の2曲も同じく化粧品会社のCMでヒットしていたことから、この3人には、名前のイニシャルに由来して「3M」という称号が与えられていた。
渡辺真知子さん「唇よ、熱く君を語れ」Wikipediaより
思い出されましたか?
ありましたね!
化粧品のCMソングで、三曲、そして、どの曲も女性シンガーが歌ってヒットしました。
そして、彼女たちの下の名前の頭文字が「M」‥‥!
ということで、80年代CMソング界の「3M」!
この三人の歌姫の名曲を聴いてみましょう。もちろん、件のCMソングもありますよ!

庄野真代

庄野真代

庄野真代

アルバム「エッセンシャル・ベスト庄野真代 Limited Edition」より
庄野 真代(しょうの まよ、1954年12月23日 - )は、日本の歌手・作詞家・作曲家(シンガーソングライター)である。本名、庄野 眞代(読み同じ)。
大阪府大阪市出身。
ルフラン所属。
NPO法人国境なき楽団理事(現代表)。
血液型B型。
庄野真代さんと言えば!

飛んでイスタンブール

飛んでイスタンブール (MEG-CD)

飛んでイスタンブール (MEG-CD)

1978年。

飛んでイスタンブール 庄野真代

この歌詞に、
「♪飛んでイスタンブール、光る砂漠でロール♪」
とありますね!
確か音楽番組の「ザ・ベストテン」に庄野さんが出演された時に、
「実際にイスタンブールに行ってみたら、砂漠はまったくなかった‥‥!」
とおっしゃっていました。
ちょうど久保田早紀さんの「異邦人」やジュディ・オングさんの「魅せられて」など、異国情緒漂う曲がヒットしていた時期で、私もなんとなく「いいな、そんな場所に行ってみたいな」とも思っていたので、
「イスタンブール(トルコ)には砂漠は、ない!」
と、庄野さんの言葉をしっかり頭に入れておいたことも思い出としてありますね!

1980年春のポーラ化粧品CMソング

Hey Lady 優しくなれるかい (MEG-CD)

Hey Lady 優しくなれるかい (MEG-CD)

1980年。

ヘイ・レイディ やさしくなれるかい  庄野真代

CMの動画は残念なことになかったのですが、この動画でも懐かしいですね!
この曲がヒット中に庄野さんは「「世界一周の旅に出る(約1年間で28か国を渡航)」と宣言されて、しばらくお顔を見ることができなかったこともありました。
そんなことも思い出される歌でした。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「かもめが翔んだ日」がバージョンアップ?最新の渡辺真知子がやたら良い動きをしていると話題に!!

「かもめが翔んだ日」がバージョンアップ?最新の渡辺真知子がやたら良い動きをしていると話題に!!

BS朝日で放送された「日本の名曲 人生、歌がある 5時間スペシャル」に出演した渡辺真知子が、やたらリズミカルな振り付けで「かもめが翔んだ日」を披露していると話題になっています。
隣人速報 | 1,077 view
竹内まりやの実家が老舗旅館だって知ってます?今、その旅館が大変なことになってます!

竹内まりやの実家が老舗旅館だって知ってます?今、その旅館が大変なことになってます!

80年代から90年代、そして現在も根強い人気を誇る竹内まりや。彼女の実家が実は旅館だというのをご存知でしょうか?そして、この旅館は現在経営難で存続の危機!この状況に対し彼女はどのような対応を取ったのか、彼女の今までの功績を紹介しつつ記事にしてみました。
【70年代歌手】ニューミュージックシンガー・渡辺真知子の抜群な歌唱力を振り返る!

【70年代歌手】ニューミュージックシンガー・渡辺真知子の抜群な歌唱力を振り返る!

70年代、音楽業界の様が変わろうとしたときに次世代のニューミュージックシンガーとしてデビューし、群を抜いた歌唱力で次々をヒット曲を世に送り出した渡辺真知子の歌、そのバイタリティーに注目してみる!
はんまのまま | 3,072 view
オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実はデビュー時は3人編成でした。
岡田有希子といえば、ポスト松田聖子として80年代最高のアイドルのひとりでしたよね!彼女のシングルは意外な人が楽曲提供しているんです。

岡田有希子といえば、ポスト松田聖子として80年代最高のアイドルのひとりでしたよね!彼女のシングルは意外な人が楽曲提供しているんです。

2年にも満たない活動期間ながら岡田有希子は多くの人々の心に残っています。発売されたシングルは全部で8枚。意外とも思えるミュージシャンが楽曲を提供しています。例えばポスト松田聖子としてデビューした岡田有希子の最大のヒット曲はラストシングルで、作詞を松田聖子が担当していたんですよ。運命のようなものを感じますね。
obladioblada | 2,585 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト