【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!リック・ガンフォードとの対戦!
2020年5月15日 更新

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!リック・ガンフォードとの対戦!

ヘビー級・統一王座決定戦に出場することが決まり、今回の記事からは本格的に強敵たちと試合を繰り広げる熱い展開になっていきます。白人のホープであるリック・ガンフォードとの試合を振り返っていきますので、熱い気持ちを呼び起こしていきましょう。

946 view

『修羅の門』とは?

『修羅の門』

『修羅の門』

分野 :格闘漫画
作者 :川原正敏
掲載誌:少年月刊マガジン
発表号:1987年5月号
    ~1996年12月号
巻数 :全31巻
『修羅の門』(しゅらのもん)は、川原正敏による日本の漫画作品。千年に亘り不敗を誇るとされる架空の古武術・陸奥圓明流の継承者である陸奥九十九(むつ つくも)を主人公とし、陸奥圓明流が地上最強であることを証明するため、彼が様々な強敵達と戦う様を描く格闘漫画。

ベビー級・統一王座決定戦の参加資格

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156640847817 (2188600)

世界一の大富豪と呼ばれるエドワード・ヒューズの力を借り、ヘビー級・統一王座決定戦に出場するための足掛かりを掴んだ九十九たち。本戦となるトーナメントに参加するため、もともと出場が決まっていた白人ボクサーの期待の星であるリック・ガンフォードと予選の試合を行なうことになりました。
リックはノーランカーでしたが、10戦10勝の戦績を誇り、全ての試合でKO勝ちを収めてきた逸材です。そして、白人ボクサーであり、差別意識が色濃く残るアメリカにおいて、『ホワイトホープ』と呼ばれて周囲から期待されていました。
https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156640847822 (2188603)

九十九との対戦が決まると、本来はしなくていい試合をしなければならなく、ハズレくじを引いたことは間違いなかったはず。しかし、彼の父親は軍人でベトナム戦争に出征したときに、ベトナム人に殺されてしまったことから、リックはアジア人を憎むようになっていました。
そういった背景があったことから、日本人である九十九との試合が決まると、父親の敵であるアジア人を公の試合で叩きのめせる機会を得たと喜ぶのでした。ベトナム人と日本人をアジア圏内の人種だと一括りにしていることにも驚かされますが、アメリカ人の感覚とは、意外とそのようなアバウトなものなのかもしれませんね。

リック・ガンフォードとの試合

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156640847812 (2188608)

名門出身の家柄でエリートのリックは、教科書通りのボクシングをするタイプ。九十九のことをフットワークやジャブを知らないサルだと罵ります。試合開始のゴングが鳴ると、華麗なフットワークをみせ、ジャブで牽制するリックの攻撃に防戦一方となり、反撃する余裕がないようにみえます。
突如として、九十九は構えを解き、「それがボクシングだと言うなら、大したことはないな。」と言って余裕の表情を見せます。すると、フットワークを使うようになり、ジャブを放ち、圧倒的なスピードでリックを追い詰めるのでした。

ボクサー・陸奥九十九

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156640847802 (2188611)

ファイトスタイルが一転し、そのうえで華麗なボクシングのテクニックを披露する九十九に動揺が隠せないリック。しかし、リックは「ここからは本気で相手にする」と宣言するのでした。優位に試合を進めていた九十九でしたが、再びフットワークをとることを止め、本来の陸奥圓明流の構えをとるようになります。

陸奥圓明流・浮嶽

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156640847797 (2188614)

この九十九の態度に、頭に血がのぼったリックは一気に叩きのめそうと襲いかかります。しかし、九十九もリックとの距離を詰め、瞬く間に至近距離に入ると、陸奥圓明流の拳技・浮嶽を繰り出してリックの顎を砕いてしまうのでした。
浮嶽とは拳を頭の上に乗せ、頭ごと拳を突き上げて、相手の顎に叩きつける技です。これにバッティングがとられ、九十九は反則負けの判定を受けそうになります。白人が期待を寄せるリックが負けてしまったことで、九十九に対するバッシングも大きくなり、試合を観戦していた観客たちは暴徒と化して手をつけられなくなってしまいました。

暴徒と化した観客に襲われる

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156640847781 (2188618)

試合を終えた九十九は、事もあろうに、何事もなかったかのように暴徒たちで溢れ返ったリングサイドに降りてしまうではありませんか。このまま九十九は怒り狂った観客たちに襲われてしまうと思われました。
果たして怒り狂った観客たちに対して、九十九はどのように対応するのでしょうか。
リックとの試合よりも、暴徒と化した群衆たちに対する九十九の行動のほうが驚かされるものがあります。陸奥圓明流は無手でいかなる敵をも圧倒する技なので、遠慮なく、襲い掛かってくる観客たちをやっつける?あくまで抵抗はせず、観客たちにボコボコにされてしまう?
盛り上がってきたところではありますが、今回の記事はここで締め括りたいと思います。
続きが気になるようであれば、原作コミックを読んでご自身の目で結末を確認なさってくださいね。

『修羅の門』第三部を読み直そう

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!エドワード・ヒューズとの対談!

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!エドワード・ヒューズとの対談!

前回の記事では第三部の始まりを紹介させていただきました。テディを口説いて、九十九はアリオスを対戦するため、とうとうアメリカでボクシングのリングに上がることになります。しかし、ここからも一筋縄では進まず、世界一の大富豪であるエドワード・ヒューズの助けは必要不可欠です。それではヒューズと九十九の対談の内容について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 879 view
【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!テディ・ビンセントの口説き文句!

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!テディ・ビンセントの口説き文句!

前回までの記事では第一部・第二部の内容を網羅するかたちで振り返ってきましたので、ここからは第三部に突入して、さらに熱い展開を迎えるボクシング編を紹介していきます。主人公・九十九がただ単にボクシングをするのではなく、本場のアメリカでプロボクサーとなり、ヘビー級のリングに上がるというのですから驚きですよね。
tsukumo2403 | 794 view
【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・飛田高明との試合を振り返る!

【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・飛田高明との試合を振り返る!

前回までの記事ではキックボクサー・竹海直人やシュート・羽山との戦いを振り返ってきましたが、今回はプロレスラーの飛田高明との試合についてピックアップしていきます。圧倒的なタフネスやパワーに対して、九十九はどのような戦いぶりを見せてくれるのか、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 641 view
【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・羽山悟との試合を振り返る!

【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・羽山悟との試合を振り返る!

前回の記事では第二部の始まりからキックボクサー・竹海直人との試合を振り返りましたが、今回は総合格闘技であるシュートの羽山悟との激戦を振り返っていきたいと思います。心優しき天才にして、獅子としての闘志も持ち合わせる彼との試合を掘り下げていきますので、どうぞ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 680 view
【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・竹海直人との試合を振り返る!

【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・竹海直人との試合を振り返る!

これまで物語の始まりとなる第一部を徹底的に紹介してきましたが、今回からは第二部に突入して本格的に『修羅の門』らしい展開になっていきます。全日本異種格闘技選手権が開催されるまでの流れ、そして初戦のキックボサクー・竹海直人との戦いを振り返っていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 651 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト