音楽祭にかかわる4つの家族の50年を描いた映画「愛と哀しみのボレロ」。モデルとなった4家族の50年をもう1度振り返ってみました。
2017年1月30日 更新

音楽祭にかかわる4つの家族の50年を描いた映画「愛と哀しみのボレロ」。モデルとなった4家族の50年をもう1度振り返ってみました。

1981年公開の映画「愛と哀しみのボレロ」は、クロード・ルルーシュ監督によるフランス映画ですが、バレエダンサーであるジョルジュ・ドンのダンスが圧倒的な存在感を示しています。音楽祭に参加している、各国の音楽家やダンサーのモデルになった4家族の、第2次世界大戦前から戦後までの50年を振り返ってみました。

11,766 view

「愛と哀しみのボレロ」とは

1930年代から1960年代にわたり、パリ、ニューヨーク、モスクワ、ベルリンを中心とするフランス、アメリカ、ロシア、ドイツにおいて交錯する、2世代4つの家族の人生を描く。この2世代4つの家族は、序盤では互いに散発的に交錯するだけだが、クライマックスの、フランスのチャリティ公演で一堂に集結する。
フランスでのチャリティー公演から映画は始まります。この公演にかかわる4人の、それぞれの家族の始まりから、第2次世界大戦を経て、公演当日までの約50年について、時系列に沿って表現されています。
「愛と哀しみのボレロ」のポスター

「愛と哀しみのボレロ」のポスター

最近でも映画館で上映されています。
出典 ameblo.jp
オープニングは、チャリティ公演の前の喧噪のような場面から始まります。突然場面が変わるので、一瞬混乱してしまうところもありますが、最後の場面になって、こういうことだったのかと納得してしまいます。

メインとなる4人のモデルになった人々

この映画では、モデルとなる4人の音楽家、ダンサーがいます。ソ連から亡命したバレエ・ダンサーのルドルフ・ヌレエフ、シャンソン歌手のエディット・ピアフ、指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤン、バンドリーダーや作曲家・編曲家として成功したグレン・ミラーの4人です。
映画でのエピソードは、架空のものもありますが、同じ時代を生きてきた4人の、象徴的な部分を切り取って、それぞれの国や立場から見た、それぞれの歴史を描いています。

主な登場人物

パリ・メイヤー家

シモン・メイヤーと妻のアンヌ・メイヤー、息子のロベール・ブラ

シモン・メイヤーと妻のアンヌ・メイヤー、息子のロベール・ブラ

ピアニストのシモンと、バイオリニストのアンヌが出会い、息子が生まれますが、ユダヤ人だったために強制収容所に送られます。その途中に妻アンヌは、親切な誰かに育ててもらえることを願い、列車の床下から赤ん坊の息子を降ろします。
ボリス・イトビッチと妻のタチアナ・イトビッチ、息子のセ...

ボリス・イトビッチと妻のタチアナ・イトビッチ、息子のセルゲイ・イトビッチ

ボリショイ劇場のプリマドンナの最終選考に残ったものの、プリマにはなれなかったタチアナと、タチアナに一目で引かれた選考委員のボリスは、結婚して息子セルゲイが生まれます。ドイツ軍の侵攻に対する戦いに召集されたボリスは、戦場で帰らぬ人となります。

パリ・カールとエブリーヌ

ドイツ軍の軍楽隊長のカール・クレーマーとナイトクラブの...

ドイツ軍の軍楽隊長のカール・クレーマーとナイトクラブの歌手エブリーヌ

ピアニストとしてヒトラーの前で演奏し、賞賛されたカールは、軍楽隊長として妻子を残してフランスに滞在中、ナイトクラブで歌うエブリーヌと出会い、恋におちます。エブリーヌはカールとの間に娘が生まれますが、終戦後にカールは捕虜となり、エブリーヌはドイツへの協力者として、フランスの国民から髪の毛を丸刈りにされるなど、糾弾されます。

ベルリン・クレーマー家

ベルリンへ帰ったカールと、生きてカールの帰りを待ってい...

ベルリンへ帰ったカールと、生きてカールの帰りを待っていた婚約者マグダ

捕虜収容所を出たカールは、ベルリンに戻りますが、廃墟と化した街で、婚約者マグダと再会し、結婚します。

アメリカ・グレン家

マイクに向かい、妻のスーザンへのメッセージを語るジャッ...

マイクに向かい、妻のスーザンへのメッセージを語るジャック・グレン

ジャックが結成したジャズバンドが成功し、ラジオ番組から長女を出産したばかりの妻へのメッセージを送ったころ、臨時ニュースでヨーロッパが戦争に突入したことを伝えますが、アメリカにいるジャックにとっては、よその国の出来事にすぎませんでした。
ジャックの妻スーザン・グレンと長男ジェイソン、長女サラ

ジャックの妻スーザン・グレンと長男ジェイソン、長女サラ

長男のジェイソンと、生まれたばかりの長女サラとともに、ラジオから流れるジャックのメッセージを聞いていますが、臨時ニュースで知ったヨーロッパの戦争が、自分たちの家族にも降りかかってくるとは思いもしませんでした。

「愛と哀しみのボレロ」のあらすじ

1981年のフランスで、国際チャリティー音楽祭が開催され、ヨーロッパやアメリカの音楽家や芸術家たちが参加します。ラヴェルのボレロをオーケストラが演奏し、声楽家が歌い、ダンサーが踊るという企画が実現し、進行役をエディットが務めることになります。
オーケストラの指揮者カール、声楽家のサラとパトリック、ダンサーのセルゲイ、そして進行役のエディットは、国籍も経歴も職業も違いましたが、第2次世界大戦を生き抜いてきた、それぞれの歴史がありました。

愛と哀しみのボレロ BD&DVDの予告映像

それぞれの家族の出会いが垣間見える映像です。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
アラジンは『完全無欠のロックンローラー』一発屋だけど、グレート高原はヒットメーカーだった!

アラジンは『完全無欠のロックンローラー』一発屋だけど、グレート高原はヒットメーカーだった!

2年の活動期間に1発の大ヒットを飛ばしたバンド・アラジン!『完全無欠のロックンローラー』と、タイトルも聞いて、♪完全~無欠のロック~んローラー~をつい、口ずさんでしまえます。 そのバンドアラジンですが、アラジンは一発屋だけづ、実はメインヴォーカルのグレート高原がすごいヒットメーカーだった!?どんな曲を生み出しているのかご紹介します!あの人繋がりだったという事実も。
あおい@ | 5,580 view
深作映画『魔界転生』の見どころはここ!キャスト陣の現在は?

深作映画『魔界転生』の見どころはここ!キャスト陣の現在は?

1981年公開の深作欣二監督の映画『魔界転生』に今一度、注目してみませんか。時代劇であって時代劇ではない様な..そして、衣装、メイク、そして何より、出演者のそうそうたるメンバーが今の時代では2度とない!とまで言われています。 そして主なキャストの現在も気になるところです。『魔界転生』の見どころと合わせてご紹介していきます。.
あおい@ | 2,415 view
夏なのに冬の曲?!【伊藤敏博】の「サヨナラ模様」を聴き直す

夏なのに冬の曲?!【伊藤敏博】の「サヨナラ模様」を聴き直す

1981年の夏終わりにリリースされた【伊藤敏博】の「サヨナラ模様」は、完全に冬の曲だったのですが大ヒットとなりました。今回はそんな【伊藤敏博】の「サヨナラ模様」をしっかり聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 323 view
おじさんになっても『かっこいい!』竹本孝之は園芸農家としても活動中!

おじさんになっても『かっこいい!』竹本孝之は園芸農家としても活動中!

1981年にデビューした竹本孝之さん。当時も人気アイドルでしたが、50歳を過ぎた今でも『かっこいい』と注目されたようなんです。現在は芸能界の他に、園芸農家としても活動されているとか!そんな竹本さんのアイドル時代から現在までをチェックしていきましょう。
ガチャまま | 3,841 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト