2016年6月23日 更新

イカがわしいダジャレの宝庫「カメレオン」 ヤンキー矢沢がビシッと下ネタで笑わしてくれました(笑)

漫画「カメレオン」。典型的な高校デビューの主人公矢沢栄作の成り上がりヤンキー漫画。下ネタ全開で笑わしてくれましたね。ストーリーも面白かった名作です!山崎邦正主演で実写映画にもなってコケました。

43,961 view

漫画 「カメレオン」

 (1566481)

主人公・矢沢 栄作
週刊マガジンで掲載されていた伝説的人気漫画。
主役のミスターはったり君である矢沢栄作が得意のハッタリと強運で伝説のヤンキーに駆け上がっていく。

矢沢は男気なし、喧嘩も弱い、すぐに人を裏切るように性格も良くない。
すべてのマイナス要素が絡んでいるが、椎名、久古のように矢沢をカリスマ扱いしているヤンキーも多い。

漫画の大部分では、男気を見せることなく奇跡的に強敵を撃破して、
ヤンキーの地位を高めていくのであるが、唯一恋する浅岡ちゃんのためだけには本気で命をかけて強敵と戦っている。それ以外の戦いはクズ。
ただクズの矢沢はおいておいて、他の主要キャラがめちゃくちゃ強い。
主要キャラ同士の喧嘩がまた面白いのである。
どっちが勝つんだよ?的なワクワク感で見れる漫画。
 (1566497)

一巻

概要

『カメレオン』は、ヤンキーを題材とする加瀬あつしによる日本の漫画作品。また、これを原作として実写化(オリジナルビデオ)、アニメ化(OVA)された映像作品がある。
 (1566507)

全巻
出典 ameblo.jp
『週刊少年マガジン』(講談社)にて、1990年から1999年まで連載。単行本は少年マガジンコミックスで全47巻。サブタイトルはそれぞれ「YAZAWA・○○」となっている。

2008年17号の『週刊少年マガジン』本誌にて、真島ヒロの作画によるリメイク作品も掲載された。

2011年には、『月刊ヤングマガジン』誌上において、『疾風伝説 特攻の拓 外伝 〜Early Day’s〜』(原作:佐木飛朗斗、作画:所十三)連載開始にあわせたトリビュート企画「ぶっこみのあつし&健&ミサワ」(加瀬あつし・和久井健・地獄のミサワ)に参加し、短編「ぶっかけのヤザワ」を同年6月号に掲載。
十数年ぶりに再登場した矢沢栄作と浅岡ひかるが、『疾風伝説 特攻の拓』の登場人物についてコメントする内容の短編となっている。

下ネタ三昧

好きになったコンビニのバイト店員に対する彼の真摯なアプ...

好きになったコンビニのバイト店員に対する彼の真摯なアプローチです。

月に代わっておしおきされっぞコラ!

月に代わっておしおきされっぞコラ!

主人公 ヤザワ

中学時代に学校中の不良からイジメの標的とされていた矢沢栄作は、高校進学を機に不良デビューを果たす。

バラ色の高校生活を夢見る矢沢だったが、お調子者の性格や運の悪さが災いし、次々と有名な不良との諍いに巻き込まれることになる。

しかし矢沢は数々の危機をハッタリと悪運と悪知恵で切り抜け、次第に多くの不良達を惹きつけるカリスマへと変貌していく。
超絶恐ろしいヤンキーを殴る気なんか無いのに、何故か殴る...

超絶恐ろしいヤンキーを殴る気なんか無いのに、何故か殴るはめに・・・ でも、何故かハッピーエンド♪

この矢沢はいろんな人物の前で、いろんな偽りの人物像を作り出してしまう・・

そこから「カメレオン」という名前の由来がきているというわけですな。

しかし、本当によくできた漫画だと思います。

こうもうまくいくものなのか!?

と疑ってしまう程、皆が皆味方になってしまうんです><

基本が絶体絶命です

あらあら?やられちゃうの!?

あらあら?やられちゃうの!?

新聞とってないんで大丈夫ですぅー

新聞とってないんで大丈夫ですぅー

怒られた!

前々から先生は影響されるとそれを全く隠す様子も無くパロディーに使ったりネタにしてました。
最近は萌えオタ系に傾倒してるようですが昔は
他誌の北斗の拳、ジョジョ、ドラゴンボール等を平気でパクってましたね(笑)
ある下ネタ全開の回で、相沢がメーテル、坂本が鉄郎のコスプレをするシーンを描いているのですが、そのせいで松本零士先生に呼び出され、こっぴどく怒られたという伝説が…漢よのぅ。
問題のシーン

問題のシーン

単行本未収録になったそうです。
それはそうでしょ!!

しかし、相沢って第一話では、「千葉県北部 名のあるお方全員集合」って矢沢のヤンキーリスト入りしてて、超強いキャラだったのに、この扱いって一体・・・。
ドラゴンボールのヤムチャみたいだな。

実写での映画化

 (1566547)

映画「カメレオン」 山崎邦正 主演

VHSビデオ 表
1996年に、山崎邦正主演で
徳間ジャパンコミュニケーションズ
(日本映像株式会社製作)よりビデオ化

キャスト
矢沢栄作:山崎邦正
浅岡ひかる:島田沙羅
相沢直樹:西守正樹
相沢純菜:宮内知美
小山裕造:小西博之


スタッフ
監督:松井昇
脚本:園田英樹
 (1566545)

VHSビデオ 裏
山崎邦正は確かにハマり役!ですが・・・演技が・・・。

でも、島田沙羅や青山知可子が出てるんですね!
ちょっと見たいかも・・・。

さ、今日は帰りに漫画喫茶行って、「カメレオン」三昧だー!
29 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

「週刊少年マガジン」が100万部割れ!編集部が原因をツイートし、悔しさも吐露!

「週刊少年マガジン」が100万部割れ!編集部が原因をツイートし、悔しさも吐露!

漫画誌「週刊少年マガジン」(講談社)の印刷部数(印刷証明付き)が、日本雑誌協会が算定したデータで今年7~9月の平均が99万5017部と、100万部を割り込んだことが分かった。また、その原因について週刊マガジン編集部がツイートしている。
【特攻(ぶっこみ)の拓】90年代の少年マガジンで絶大な人気を博したヤンキーマンガの「イッチャッテル人たち」

【特攻(ぶっこみ)の拓】90年代の少年マガジンで絶大な人気を博したヤンキーマンガの「イッチャッテル人たち」

マガジンで大人気だった「特攻(ぶっこみ)の拓」。ツッパリ/ヤンキーたちのイッチャッテル表情や台詞の最後の「!?」がとても印象的でした。いったい誰が最強なのか、も当時の話題でしたよね。
青春の握り拳 | 199,526 view
”待っ”てたぜ、この”瞬間(とき)”をよぅ!『特攻(ブッコミ)の拓』の10年後を描いた続編の連載が決定!

”待っ”てたぜ、この”瞬間(とき)”をよぅ!『特攻(ブッコミ)の拓』の10年後を描いた続編の連載が決定!

1991年からから1997年まで、週刊少年マガジン(講談社)にて連載され、独自の読み仮名や独特の表現、その熱い世界観が人気を博したヤンキー漫画、『疾風(かぜ)伝説 特攻(ブッコミ)の拓』。その続編が2017年2月より連載される。
マンガ【特攻の拓】登場人物の単車(バイク)まとめ

マンガ【特攻の拓】登場人物の単車(バイク)まとめ

週刊少年マガジンで連載されていた伝説のヤンキー漫画『疾風伝説 特攻の拓』(かぜでんせつ ぶっこみのたく)。 魅力的な改造を施した登場人物たちの“愛車”について、実際のバイク画像とともに振り返ってみましょう。
ヤマダゴロー | 794,427 view
ドラゴンボールの戦闘力は絶大!「週刊少年ジャンプ」発行部数の推移とドラゴンボールの相関関係!!

ドラゴンボールの戦闘力は絶大!「週刊少年ジャンプ」発行部数の推移とドラゴンボールの相関関係!!

「ドラゴンボール」、私たちだけでなく現在もなお大人気を誇る国民的マンガですよね。私たちの世代だと、週刊少年ジャンプで毎週読んでた人が多かったのではないでしょうか。ちなみに週刊少年ジャンプ、ドラゴンボール連載期間は物凄い部数が売れてたの知ってました? そんなジャンプの歴史を、懐かしいマンガタイトルと共にお送りします。
青春の握り拳 | 43,725 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト