美しい人妻とのひと夏の経験。これでグッとこないおじさんはいないでしょう。詩情豊かに描かれる“おもいでの夏”
2020年2月24日 更新

美しい人妻とのひと夏の経験。これでグッとこないおじさんはいないでしょう。詩情豊かに描かれる“おもいでの夏”

少年期に年上の女性へ憧れる男は多いものです。年上の女性は皆とても魅力的に思えてしょうがないのですが、「おもいでの夏」で人妻を演じたジェニファー・オニールはほんとに美しくて魅力的。過激な描写はありませんが、詩情豊かに描かれたひと夏の物語はおじさんの心にグッときますよ。

2,199 view

おもいでの夏

今の中高生が、この映画を見てときめくとは思えませんが、おじさんはそうではありません。この淡く甘美な世界は永遠なのだ!

「おもいでの夏」というタイトル、このタイトルの響きだけでグッとくるものを感じます。内容は美しい人妻とのひと夏の経験。これでグッと来ないはずかありません。
過激な描写はありませんが、「だからこそイイ」という青春の1本です。

Summer of '42 (1971) Official Trailer

予告編
15歳の少年ハーミーの甘くせつない、ひと夏の思い出を詩情豊かに描いた「おもいでの夏」。
「人は何かを得て、同時に何かを失う」という、大人になった主人公の回想シーンでのセリフが心に迫ります。原題は「The Summer of '42 」ですが、これはもう邦題の方が圧倒的にステキです!
おもいでの夏

おもいでの夏

原題:The Summer of '42

監督:ロバート・マリガン
脚本:ハーマン・ローチャー
原作:ハーマン・ローチャー
製作:リチャード・A・ロス
出演者:ジェニファー・オニール、ゲーリー・グライムス
音楽:ミシェル・ルグラン
撮影:ロバート・サーティース
編集:フォルマー・ブラングスタッド
配給:ワーナー・ブラザース
公開:1971年

あらすじ

物語は、1942年の夏、15歳の少年ハーミーは家族と一緒にニューイングランドの沖合いにあるナンタケット島へやって来るところから始まります。

おもいでの夏(The Summer of '42)

あらすじ
ハーミーは丘の上の一軒家に夫と住んでいるドロシーの美しさに魅かれ、一目惚れをしてしまいます。
そんなある日、お使いを頼まれたハーミーは、大量の荷物を持ったドロシーに出会います。

とにかくドロシーを演じるジェニファー・オニールが魅力的です。この笑顔にやられちゃいます。
おもいでの夏

おもいでの夏

そして、荷物持ちとなる。
おもいでの夏

おもいでの夏

美しい年上の女性の荷物を家まで運ぶという、こうした何気ない描写が良いんですよね!

荷物を持ってもらってドロシーは大喜びするのですが、ハーミーの方は内心もっと大喜びです。
おもいでの夏

おもいでの夏

コーヒーをご馳走になるハーミー
その日はコーヒーをご馳走になり帰るのですが、数日後、ドロシーから荷物を屋根裏に入れるので手伝いに来て欲しいと頼まれます。

喜び勇んで駆けつけるのですが、ドロシーのセクシーさにドギマギしてしまうハーミー。しかし、手伝いを終えたことでドロシーからオデコにキスをしてもらいます。
この時、ハーミーは自分が好きであることを思わず伝えてしまいます。

しかし、何と言ってもここはオデコにキスをしてもらうシーンよりも、その前の梯子にドロシーが上るシーンが最高です。ハーミーが至近距離で見るドロシーの足や胸。これがたまらないんですね。

それにしても、ジェニファー・オニールは美しい。スタイルも最高です。

COFFE IS EXCLUSIVE [HD CLIP] ... JENNIFER O'NILL AND GARY GRIMES IN SUMMER OF '42

如何ですか?梯子のシーンは最高でしょう?

その後は、友人たちと童貞卒業のために、あれやこれやと思わず笑ってしまうエピソードが続きます。が、結局ハーミーは経験出来ないままです。
そんなある日、ハーミーがドロシーの家を訪れると、彼女の夫が戦死した手紙が来ていました。悲しみに明け暮れるドロシーとハーミーは抱き合います。そして、ついにハーミーは思いを遂げるのです。

Summer of 42

ドロシーが一枚ずつ服を脱いでいくシーン。下着姿が美しすぎますが、最後にその下着を脱ぐところは、おじさんのナイーブな感性がないと分からないとは思いますがドキドキものです。

次の日、ドロシーの家を訪ねたハーミーでしたが、そこに彼女の姿はなく、「この間の思い出が重荷にならないことを祈る」と書いた手紙が残されているのでした。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

白人ラッパー【エミネム】を覚えていますか?

白人ラッパー【エミネム】を覚えていますか?

90年代後半から2000年代前半にかけて世界中を熱狂させたヒップホップ界のスーパースター、エミネム。しかし近年はあまり目立った活動が聞こえてきません。そこで今回は音楽業界に旋風を巻き起こした彼の”これまでの歩み”と”現在”にスポットを当ててみました。
mimi | 848 view
ロバート・アルトマンの代表作『ナッシュビル』をふり返る

ロバート・アルトマンの代表作『ナッシュビル』をふり返る

ロバート・アルトマンといえば、アメリカ人映画監督の偉人と言われる人で、アカデミー賞特別功労賞を受賞した。1970年にヒットした『M★A★S★H』のヒットで一躍有名になり、その作風はブラックユーモアあふれる内容と自由な発想を大切にしたものでした。今回は代表作の一つ、『ナッシュビル』について振り返ります。
Himasasa | 173 view
個性派俳優が演じた『愛と追憶の日々』って?今だからもう一度観たい

個性派俳優が演じた『愛と追憶の日々』って?今だからもう一度観たい

アカデミー賞11部門ノミネート、5部門受賞した1984年の映画『愛と追憶の日々』(Terms of Endearment)は、30年以上たった今でも色褪せず、母と娘の愛情を30年に渡って描いた作品です。個性豊かたなキャストとともに振り返ります。
Himasasa | 277 view
映画【クレイマー、クレイマー】について語ろう!クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判を描いた裁判です。

映画【クレイマー、クレイマー】について語ろう!クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判を描いた裁判です。

映画【クレイマー、クレイマー】日本での公開は1980年4月、第52回アカデミー賞作品賞ならびに第37回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品の【クレイマー、クレイマー】ついて語ろう!
中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

映画『ダイアモンドは傷つかない』。主演は新人・田中美佐子。ヌードシーンはスレンダーな肢体を露わに、山崎努演じる中年男との情事をエロティックに描いた。同作で田中美佐子は第6回日本アカデミー賞(1983年)の新人俳優賞を獲得した。
ひで語録 | 32,768 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト