30年ぶりの真実!江口寿史先生を逃がしたのは…
2017年12月20日 更新

30年ぶりの真実!江口寿史先生を逃がしたのは…

ちょっと前吉祥寺の街を歩いていると江口 寿史先生のイラストがそこかしこに飾られてました。ボクは面識はないのですが昔「キャプテン翼」の手伝いをしていた頃に担当の編集さんが…

1,775 view

もう、なんとかしてよ~!

ちょっと前、吉祥寺の街を歩いていると「すすめ!!パイレーツ」「ストップ!! ひばりくん!」で有名な江口寿史先生のイラストがそこかしこに飾られてました。

一目で江口先生の作品とわかるイラストのタッチ、ボクはこの歳になっても「可愛いなあ!」「うまいなあ!」と唸らせられます。

ボクは江口寿史先生と面識はないのですが昔「キャプテン翼」のお手伝いをしていた頃、担当の編集さんが…昔のジャンプ作品によく登場していたSさんです…仕事場に来た時に「ホント江口先生は困ったもんだよ~っ!誰か助けてくれよっ!」なんて半分楽しそうに(?)話していたのを覚えてます。

締め切りギリギリ…それどころか遅れて休載したりとか「白いワニがきて原稿が描けなくて…」なんて雑誌にも載っていましたからS編集さんの苦労はもちろん分かります。

いまだに締め切りに遅れるとか原稿を落とすとかなんて気の小さいボクには到底できそうにありませんが、その頃はそんな話を聞いて昔から聞いていたような漫画の世界、締め切り間際の修羅場って本当なんだって部外者のボクはひそかに面白がって聞いていました。

実際には「キャプテン翼」の手伝いに入る前に「キャプテン」「プレーボール」で有名なちばあきおさんの手伝いに入っていた時に締め切りの締め切り…ほんとの締め切りと言われていた締め切りを軽く超えて編集長まで仕事場にやってきて…なんていわゆる修羅場というものを経験していましたし(奇跡的に原稿はあがりました)、その後も翼の仕事場で一緒だった後輩の某有名明治剣客浪漫のお手伝いに入った時も「もうダメ~っ!」という状態に何度かあっているのですがなぜかギリギリ間に合っていて自分の原稿はもちろんアシスタント入った先でも原稿を落とした経験ってありません。

それだけに身近な編集さんの話だとしてもなんだか遠い別世界の話のように聴いてひそかに面白がっていたんだと思います。
ダメだ~っ(涙)

ダメだ~っ(涙)

今回のお話の江口先生の「ストップひばりくん!」のイラストを参考に描いたのですが何のパロディか全然分からない絵になっちゃいました。

逃げた?

詳しい話は聞いていなかったのですが、その時はなんでも江口先生が目を離したすきにいなくなってしまい原稿を落とした…そんな話だったと思います。(そんな話で済むことではないですけどね 笑)

その頃はまだ今ほど定期的な休載野形があまり一般的ではなくて限界ギリギリまで描いて、間に合わなかったら落としてしまう…作者急病にてなんてフレーズが雑誌にたまに載っていたと思います。

ボクの勝手な印象なのですが友人の沖縄在住の漫画家「なかいま強」が月刊ジャンプの「わたるがピュン!」と少年サンデーで「うっちゃれ五所瓦」を連載した時、スケジュール的に絶対無理だと言ってサンデー編集部の了解を得て不定期に休む形をとったのが始まりだったような気がします。

…って今でも作者急病のため休載しますとか、場合によっては無期限にお休みなんて例もよく見るような気がしますからあまり関係ないのかもしれませんね。

ともかく当時の…今のボクでも信じられない出来事ですが締め切りを前にして江口先生はS編集さんの前から忽然と姿を消して…逃げてしまったそうです。
オースチンヒーレースプライトMkⅠ

オースチンヒーレースプライトMkⅠ

もう20年以上、結婚前から持っているクルマです。
週刊少年チャンピオンで連載している頃手に入れたのですが連載時の作者近況報告のイラストにもこんな風にカニ目に乗っているボクの絵を使っていました。

30年目の真実!犯人は…

さて、フェイスブックなどでボクの事を見たことのある方はご存知だと思いますが「僕のMINI」や「時空探偵マツ・de・DX」のようなクルマの漫画を描いているくらいボクはクルマが…特に旧MINIに代表されるような旧いイギリスの車が好きでもう20年以上オースチンヒーレースプライトMkⅠという旧いクルマに乗ってます。

当然そういった車に乗っているたくさんの人と知り合いました。
中には芸能関係者など特殊な仕事をしている方も多くいろいろとお話を聞かせてもらい楽しませていただいてます。

そんな中の一人にDさんという、ボクと同じ車に乗っている方がいらっしゃるのですが、彼が何かの拍子にボクがマンガを描いていることを知っていて話してくれたのですが…

「昔からこのあたりでクルマをのりまわしていたけど、マンガ家といえば江口寿史先生と知り合いなんです。昔はたまに助けて!っていう連絡があって窓の下に車で乗り付けて何度か連れ出したんですよ!」…だそうです。

なんと!S編集さんたちが取り逃がしていた当時…犯人はお前だったのか(笑)

だからといって何かあるわけではないのですが30年経って2つの話が結びついてなんだか面白いなって…そんなボクが関わった事件というわけではないですがなんとなく心に残っていたお話でした。
大脱走?

大脱走?

もちろん詳細なんて全然聞いてないですからあくまでも想像ですがこんな感じだったのでしょうか?
実はDさんにも詳しく話を聞いてなくて(聞けないですよね 笑)どんな関係だったのかもよく分からないんです。でも30年経って…面白いですね。

ここでしか読めない!ナカガー書き下ろしの「時空探偵マツ・de・DX」はコチラから

11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

遭遇!「リングにかけろ!」

遭遇!「リングにかけろ!」

「リングにかけろ!」「聖闘士星矢」で超有名な車田正美先生!パーティなどで遠くから見かける程度で僕はほとんど面識はなかったのですが一度だけ飲み屋でご一緒したことがあります。場所は集英社の編集さんによく連れていってもらった新宿の「M」というスナックでした。
メカドックの次原隆二さんとコブラのジョージ高野さん!

メカドックの次原隆二さんとコブラのジョージ高野さん!

メカドックの次原隆二さんとコブラのジョージ高野さんが同級生って知ってましたか?ずいぶん前の話ですが次原さんに突然言われたんです。「ナカガーくん、ジョージ高野って知ってる?」もちろんプロレスファンのボクが知らないわけないです。「実は同級生なんだ!」「え~っ!」ちょっとビックリしました。
その時ボクの目の前にアストロ球団の中島徳博先生が!

その時ボクの目の前にアストロ球団の中島徳博先生が!

ボクがマンガの世界に入った80年代、集英社は年に2回手塚賞赤塚賞の授賞式を兼ねたパーティーをホテルオークラの大広間で開いてました。その後担当編集さんに連れられて2次会3次会へと繰り出し朝まで…、そんな集英社のパーティーに初めて連れて行ってもらった時の話です。
こんなことって?タイトルを間違って連載開始!そして…

こんなことって?タイトルを間違って連載開始!そして…

長くマンガの世界にいていろいろな事を経験してきましたけどその中でもこんなことってあるの!っていう事件が自分の身に降りかかりました。それは1994年、Jリーグバブルの真っただ中のことでした。
るろうに剣心最終回食中毒事件!

るろうに剣心最終回食中毒事件!

るろうに剣心の作者和月伸宏くんは「キャプテン翼」のアシスタントの時の後輩で、「キャプ翼」連載終了後ちょっとしてから「るろ剣」連載開始して大人気に!その後ボクも「るろ剣」の手伝いに入る事になりました。志々雄編のラスト、対志々雄戦あたりから最終回まで、一応助っ人扱いだったので毎回ではなかったのですが他のアシスタントの関係でだんだん入る回数が増えていってるろうに剣心の最後のあたりは他のレギュラーアシスタントより多く入ってました。で、そのるろうに剣心最終回の時の事…

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト