近年は引退と復帰を繰り返しているフィル・コリンズ。今年は復帰の年のようですよ。
2016年9月8日 更新

近年は引退と復帰を繰り返しているフィル・コリンズ。今年は復帰の年のようですよ。

ジェネシスとソロ活動の両方にわたり、今まで数々の大ヒット曲を放ってきたフィル・コリンズ。2008年に引退を表明してからは復帰と引退を繰り返していますが、今年の10月には自伝が発売される予定とか。これで弾みをつけて音楽活動を再開してもらいたいものです。あの名曲の数々が聴けなくなるのは余りにも勿体なさすぎます。

1,115 view

Philip David Charles Collins

Phil Collins

Phil Collins

1980年代から90年代にかけては出す曲すべてが大ヒットとなっていたフィル・コリンズ。シングルとアルバムの総売り上げ枚数はなんと1億5000万枚にもなります。

フィル・コリンズは、1951年にロンドンに生まれました。5歳の時から子役として演劇界で活躍し、映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」にも観客役のエキストラとして出演しています。

一般にフィル・コリンズが注目されるようになったのはジェネシスに参加してからですが、ジェネシスの前にフレミングユースというバンドに参加しています。
Phil Collins

Phil Collins

1970年時のフィル・コリンズ
1970年ということはフィル・コリンズ19歳ですか、さすがに若いですね。
このバンドでもボーカルとドラムスを担当しています。

FLAMING YOUTH - CHANGES

Genesis

ジェネシスには3作目にあたる1971年発売のアルバム「怪奇骨董音楽箱」からドラムとして参加しています。それまでボーカルを担当していたピーター・ガブリエルの脱退に伴い1976年発売のアルバム「トリック・オブ・ザ・テイル」よりフィル・コリンズがボーカルも担当するようになります。
それに伴い音楽性は大きく変化し世界的なポップバンドとして高い人気を獲得するようになります。

1981年よりジェネシスはフィル・コリンズのソロ活動として並行して行われることになります。

フィル・コリンズのソロ活動の成功もあり、1983年にはシングル「That's All」が初の全米トップ10入り(最高位6位)を果たします。

Genesis - That's All

1986年のアルバム「インヴィジブル・タッチ」はジェネシス史上最大のヒット作です。アルバム・タイトル曲「インヴィジブル・タッチ」も初の全米1位に輝いています。
インヴィジブル・タッチ

インヴィジブル・タッチ

1986年リリース

【】
インヴィジブル・タッチ - Invisible Touch
2.トゥナイト、トゥナイト、トゥナイト - Tonight, Tonight, Tonight
3.混迷の地 - Land of Confusion
4.イン・トゥー・ディープ - In Too Deep
5.エニシング・シー・ダズ - Anything She Does
6.ドミノ - Domino
7.スローイング・イット・オール・アウェイ - Throwing It All Away
8.ザ・ブラジリアン - The Brazilian
『インヴィジブル・タッチ』(全米1位)に始まり
『スローイング・イット・オール・アウェイ』(同4位)『混迷の地』(同4位)
『イン・トゥー・ディープ』(同3位)『トゥナイト、トゥナイト、トゥナイト 』(同3位)と
5曲のトップ10ヒットを連発。いずれも優れた楽曲である。

Genesis - Invisible Touch

また、グラミー賞で最優秀コンセプト・ミュージック・ビデオ賞を受賞した「混迷の地」は本作に収録されています。

Genesis - Land Of Confusion

Face Value

ジェネシスと並行しながらのソロ活動ですが、1981年に発売されたソロ1作目のアルバムから大成功を収めます。最高位は全英1位、全米7位ですが、これ以降出す曲、出す曲大ヒットするわけで、それはもう呆れてしまうほどです。
夜の囁き

夜の囁き

1981年リリース

【収録曲】
夜の囁き - In the Air Tonight (Collins)
2.愛の証 - This Must Be Love (Collins)
3.ビハインド・ザ・ラインズ - Behind the Lines (Banks,Collins,Rutherford)
4.天を仰いで - The Roof is Leaking (Collins)
5.ドロウンド - Droned (Collins)
6.ハンド・イン・ハンド - Hand in Hand (Collins)
7.アイ・ミスド・アゲイン - I Missed Again (Collins)
8.言葉はいらない - You Know What I Mean (Collins,Machina)
9.雷鳴と稲妻 - Thunder and Lightning (Collins)
10.アイム・ノット・ムービング - I'm Not Moving (Collins)
11.甘い囁き - If Leaving Me Is Easy (Collins)
12.トゥモロー・ネバー・ノウズ - Tomorrow Never Knows (Lennon,McCartney)
記念すべきフィル・コリンズのファーストアルバムである。まあ、彼はジェネシスのドラマーとボーカルを担当していたのはもちろん有名だが、このアルバムはジェネシスの匂いは感じられないし、聴きやすいポップな仕上がりのアルバムである。かといってただ聴きやすいだけではなく、フィルのソングライティングが光っていて、独自の世界を出している。

Phil Collins - In The Air Tonight (Official Music Video)

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ピーター・ガブリエル、実はピーター・ゲイブリエルと発音するのが正しい

ピーター・ガブリエル、実はピーター・ゲイブリエルと発音するのが正しい

ジェネシスの中心メンバーとして活躍した後、ソロ・アーチストとしても素晴らしい作品を発表し続けているピーター・ガブリエル。しかし、そのピーター・ガブリエル、ピーター・ゲイブリエルと発音するのが正しいとのことで、本人曰く「ガブリエルと発音するのは日本人だけ」だそうですよ。そんなピーター・ガブリエルの80年代までの足跡を辿ります。
obladioblada | 2,151 view
イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

世界的に有名なチャリティソング『We Are The World』。その起源となった楽曲が、1984年12月、イギリスでリリースされたのをご存知でしょうか?今回はそんな英国の有名ミュージシャンが集い、歌ったチャリティソング『Do They Know It's Christmas?』について振り返っていきたいと思います。
こじへい | 560 view
名曲がいっぱい!80年代に流行った洋楽デュエット・ソング!

名曲がいっぱい!80年代に流行った洋楽デュエット・ソング!

80年代の洋楽ヒット・チャートを振り返ってみますと、デュエット・ソングが多くランクインしていることに気づきます。特に大物アーティスト同士だと話題性もバツグンで、皆さんも思わず口ずさんでしまうメロディーが多々あるのではないでしょうか?今回は、そんな思い出に残るデュエット・ナンバーをまとめてみました!
Gaffa | 26,602 view
【80's洋楽チャート】1985年11月30日付トップ10!俳優エディ・マーフィーもランクイン!

【80's洋楽チャート】1985年11月30日付トップ10!俳優エディ・マーフィーもランクイン!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 5,189 view
「ガンズ・アンド・ローゼズ」初期メンバー4人がステージに集結!!

「ガンズ・アンド・ローゼズ」初期メンバー4人がステージに集結!!

ガンズ・アンド・ローゼズは、8月22日までツアーを開催している。今月開催されたツアーにドラマーのスティーヴン・アドラーが参加し、初期メンバーがステージに集結した。
red | 8,015 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト