芥川賞作家の辻仁成の結婚~離婚で現在、パリ在住で注目の理由は?独自の子育て論
2020年4月28日 更新

芥川賞作家の辻仁成の結婚~離婚で現在、パリ在住で注目の理由は?独自の子育て論

辻仁成さんと言えば、1997年「海峡の光」で芥川賞受賞して作家としての才能に注目されましたが、その後は有名歌手との結婚や離婚、容姿が女性化したなどのゴシップネタでも話題になりました。 現在、パリ在住の辻仁成さんがにわかに今、注目されているその理由は?独自の子育て論と、センスあふれる辻仁成に注目してご紹介していきます。

2,517 view
ロックダウンの生活の中で自宅飯をインスタで公開している辻仁成さん。
多く作りすぎて息子さんに叱られたり、時に一緒に料理をしている様子が伺えます。

辻仁成さんがパリの取材で答えてくれる、また報告してくれるのも耳にし目で見るたびに、日本も頑張って!みんなで乗り切れば大丈夫という雰囲気も伝わってきます。

言葉を紡ぐ人だからこその視点、そして観察力、そして人に伝える言葉の選び方もそうですが、現地取材されるジャーナリストの方々ともやはり違うソフトで分かりやすく、心に来るものがあるなという印象の辻仁成さんです。

ロックダウンの中、辻仁成さんのセンスある日記に注目

作家・辻仁成さんの言葉で綴られたTwitterの日記です。

画像入りでまるで本当に小説の一部を目にしているようですが、そこのあるのは現実を向き合っている人の心の言葉です。

そんな辻仁成さんのTwitter日記や、テレビ取材での言葉に多くの人が注目しています。
いかがでしょか。辻仁成という作家のイメージがこれまでいろいろとあったことでしょう。

でもゴシップもある中でも、常に前向きにその時々、目の前にある状況を受けいれながら進んでいるという印象が調べていてよく感じます。

ここ最近、パリでのロックダウンの状況下で日本のみんなに伝えてくれている事も、心に留めて今の時期を乗り越えようと個人としても思えました。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

男運が悪い芸能人勝手にランキング 1位から5位

男運が悪い芸能人勝手にランキング 1位から5位

80年代~90年代に活躍した、男運が悪いと思う女性芸能人を勝手にランキング。男性との出会いや男運が悪い理由、その原因とはなにか…気になり調べてみた。
父親が“親権”を持った芸能人の離婚

父親が“親権”を持った芸能人の離婚

愛し合って結婚したはずなのに離婚する男女。離婚に際して、よく争われるのが財産分与と子供の親権の指定。 なかなか決着がつかずに調停が長引き離婚できないケースもも見受けられます。 離婚して父親が“親権”を持った芸能人とは。
いい夫婦に選ばれた後に離婚した有名人

いい夫婦に選ばれた後に離婚した有名人

1995年から、2011年までに、良い夫婦や理想のパートナーに選ばれた後に離婚をした5組の有名人。出会いと結婚、離婚と再婚を振り返ってみました。
ロック・バンド「エコーズ」で80年代を、作家として90年代を駆け抜けた『辻仁成』

ロック・バンド「エコーズ」で80年代を、作家として90年代を駆け抜けた『辻仁成』

最近では、離婚した中山美穂の元夫や中性化してしまったおじさん、のようなイメージを持たれがちな「辻仁成」。しかしそんな彼は、80年代はロック・バンド「エコーズ」のフロントマンとして活躍した男らしいロッカーでした。
gogo-one | 10,227 view
原田真二・若き才能と実績、結婚や不倫。息子について

原田真二・若き才能と実績、結婚や不倫。息子について

70年代後半にアイドル歌手とし活躍した原田真二。シンガーソングライターとしての才能と音楽界での実績。彼の結婚から離婚に至った原因や松田聖子との関係、不倫の噂の真相。息子翔音(ショーン)の画像と音楽活動について。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト