70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。
2018年8月7日 更新

70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

母国では今でも国民的歌手として人気の高いミッシェル・ポルナレフ。日本でも70年代は絶大な人気を誇っていたのですが、日本とフランスでは受け入れられ方が違い、違う曲がヒットしていました。日本オリジナルのジャケットやタイトル曲で本国とは少し違うイメージ作りをして、それが成功したんですね。

2,545 view

ノンノン人形

ミッシェル・ポルナレフといえば、70年代の人という印象が強いかと思いますが、デビューは意外に早く1966年です。
ノンノン人形

ノンノン人形

デビュー曲の「ノンノン人形」は日本でも1966年に発売されています。サングラスもありませんし印象が随分違いますよね。
ただ、あの澄み切った声はまさにミッシェル・ポルナレフです。

ノンノン人形

この「ノンノン人形(La poupée qui fait non)」、問題はバックミュージシャンです。当時の売れっ子スタジオミュージシャンで、後にレッド・ツェッペリンを結成することになるジミー・ペイジ(ギター)とジョン・ポール・ジョーンズ(ベース)が務めています!

フランスで大ヒットした「ノンノン人形」ですが、日本ではまったく売れませんでした。

僕はロックンローラー

フランスでも日本でも人気絶頂だった1973年、ミッシェル・ポルナレフは念願のアメリカ進出を目指してロサンゼルスへ移住します。
結局、アメリカでの生活は上手くいかず、以降日本での人気ににも陰りが出始めるのですが、その少し前に発売されたアルバムが「ポルナレフ革命」です。
ポルナレフ革命

ポルナレフ革命

1.愛の伝説
2.囚われのプリンス
3.素敵な欲望
4.ガラスの涙
5.ポルナレフ革命 (演奏)
6. ファンクラブの皆様へ
7. ロージーからの手紙
8. 僕はロックンローラー
9. 悲しみのロマンス
10. サーカスへの誘い
11. ファンクラブの皆様へ(演奏)
このアルバム、ジャケットも曲順も当時は日本オリジナルです。アルバムからは「愛の伝説」「悲しみのロマンス」「僕はロックンローラー」の3曲がシングルになり全て大ヒットしました。「愛」ではじまり「悲しみ」で終わる。まぁ、今だったら付けられないタイトルですが、ミッシェル・ポルナレフを的確に表したタイトル、そして完璧な曲順でしょう。

僕はロックンローラー

軽快ですね。心地よいフレンチポップです。この「僕はロックンローラー」のシングルジャケットは「ポルナレフ革命」と同じ写真が使われていました。「ポルナレフ革命」の現在のCDジャケットはフランスと同じものになっていますが味気ないです。日本オリジナルがやっぱりいい!

ミッシェル・ポルナレフは本国では国民的歌手かもしれませんが、70年代の彼は間違いなく日本の歌手でもあったんです。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

60年代後半から70年代にかけてのフレンチ・ポップスはオシャレで今でも心が躍る曲ばかり。胸がキュンとなる曲がたくさんありますよ。

60年代後半から70年代にかけてのフレンチ・ポップスはオシャレで今でも心が躍る曲ばかり。胸がキュンとなる曲がたくさんありますよ。

ファッションでも料理でもフランスのものってなんだかとってもオシャレですよね。音楽だってそうです。特に60年代の後半から70年代にかけてのフレンチ・ポップスは、どれをとってもキラキラとしていて胸がキュンとなるような名曲が揃っています。シルヴィ・ヴァルタンからジェーン・バーキンまでお勧めの曲をご紹介します!
obladioblada | 33,803 view
A級~C級なんでも来い!の70年代アイドル(1970年に歌手デビューしたアイドルたち)

A級~C級なんでも来い!の70年代アイドル(1970年に歌手デビューしたアイドルたち)

1970年にデビュー曲を出したアイドルを集めてみました。バラエティに富んだアイドルが続々と登場したのも、現在につながるアイドル像を確立したのも70年代。1970年もステキなアイドルが登場していますよっ!
obladioblada | 602 view
もしかすると「スペンサー・コンフィデンシャル」は原作の方が面白いかも?!70年代に発刊されたスペンサー・シリーズはお勧めですよ。

もしかすると「スペンサー・コンフィデンシャル」は原作の方が面白いかも?!70年代に発刊されたスペンサー・シリーズはお勧めですよ。

2020年、マーク・ウォールバーグ主演による「スペンサー・コンフィデンシャル」が製作されました。ロバート・B・パーカー原作によるこの映画をより楽しむには、やはり原作を読まなくては!原作は最高ですよ。特に70年代に発刊されたスペンサー・シリーズ、これを強くお勧めします!!
obladioblada | 218 view
イギリス生まれのアメリカ。彼らの哀愁のメロディに美しいハーモニーはタイムレスです。

イギリス生まれのアメリカ。彼らの哀愁のメロディに美しいハーモニーはタイムレスです。

イギリスで結成された3人組のアメリカ。彼らの曲は時代に関係なく聴ける曲ばかりです。何かと慌ただしい毎日を送っている方に、このメロディは染みます!
obladioblada | 283 view
石原プロの魅力は渡哲也を抜きには考えられない。

石原プロの魅力は渡哲也を抜きには考えられない。

石原プロモーションが製作した作品は面白い。面白さの秘訣といえば莫大な制作費に豪華な出演者と制作陣。その中心にはいつだって渡哲也がいました。渡哲也主演による石原プロが製作した70年代のテレビドラマを中心に紹介します。
obladioblada | 9,301 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト