70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。
2018年8月7日 更新

70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

母国では今でも国民的歌手として人気の高いミッシェル・ポルナレフ。日本でも70年代は絶大な人気を誇っていたのですが、日本とフランスでは受け入れられ方が違い、違う曲がヒットしていました。日本オリジナルのジャケットやタイトル曲で本国とは少し違うイメージ作りをして、それが成功したんですね。

1,510 view

ミッシェル・ポルナレフ

日本でミッシェル・ポルナレフと言えば、やっぱり何と言っても「シェリーに口づけ」。確かに印象に残る曲ですが、それだけだと思っていませんか?それだけだという気もしないではないですが、母国フランスでは国民的歌手として今なお不動の人気を誇っているのです。
ミッシェル・ポルナレフ

ミッシェル・ポルナレフ

出生名:Michel Polnareff
生誕:1944年7月3日(74歳)
出身地:フランス ロット=エ=ガロンヌ
今なお不動の人気を誇っているとはいえ、ミッシェル・ポルナレフと言えばやっぱり70年代。日本でも絶大な人気を博した輝かしい70年代のミッシェル・ポルナレフにスポットを当ててみます!

シェリーに口づけ

日本での人気を決定づけたのはやはり何と言っても「シェリーに口づけ」。実はこの曲、1969年に「追わないで」とカップリングで発売されていました。
Tous les bateaux... tous le...

Tous les bateaux... tous les oiseaux(邦題:追わないで)

日本版も同じジャケットで発売されていましたが、本国でも日本でも「シェリーに口づけ」はB面だったんです。
当時の邦題は「可愛いシェリーのために」でした。それが「シェリーに口づけ」とタイトルを変えて再発され大ヒットとなったのです。1971年のことです。

シェリーに口づけ

原題「Tout, tout pour ma chérie」のチュッ、チュッという言葉の響きがキスのようだということからこのタイトルが付けられたそうです。名タイトルですよね。このタイトルあってのヒットといえなくもありません。
現在はミュージシャン側の意向と称して原題に忠実なタイトルしか付けられなくなっていますから今では考えられません。
愛と青春のトルバドゥール

愛と青春のトルバドゥール

1. 愛の願い
2. 人生は星の流れ
3. 愛の証しを
4. 恋人に捧ぐバラッド
5. 夜の鳥と一緒に
6. シェリーに口づけ
7. 初めての愛
8. 青春に捧ぐバラッド
9. 僕の心にいつまでも
10. 君との愛がすべて
11. ノン・ノン人形
日本とフランスではミッシェル・ポルナレフのヒット曲がことなっています。「シェリーに口づけ」もそのひとつで、フランスでは日本ほど注目されていません。
大ヒットしたことで日本ではファーストアルバム「愛と青春のトルバドゥール」に「シェリーに口づけ」は追加収録されています。

愛の休日

日本で「シェリーに口づけ」と並ぶ代表曲に「愛の休日」があります。1972年の大ヒット曲で、原題は「Holidays」。意図的にタイトルに「愛」を付けているわけですが、ミッシェル・ポルナレフといえば「愛」なんですよね。
「愛の休日」が収録されているのは日本で4枚目となるアルバム「ポルナレフ・ナウ〜ポルナレフ4」です。
ポルナレフ・ナウ〜ポルナレフ4

ポルナレフ・ナウ〜ポルナレフ4

1. 愛のコレクション
2. 愛の休日
3. 忘れじのグローリア
4. ロミオとジュリエットのように
5. 僕は男なんだよ
6. 哀しみの終わるとき
7. 渚の想い出
8. ステキなランデブー
9. 想い出のシンフォニー
10. 愛はあの人の胸に
11. ギリシャにいるジョリジナへ
12. 哀しみの終わるとき/演奏
「ポルナレフ・ナウ〜ポルナレフ4」はそれまでのアルバムに収められていた代表曲とシングルによる日本独自の編集盤です。しかし、よく出来ています。オリジナルといってもいいほどです。
で、収録曲を観て頂くとお分かりのように、タイトルに「愛」とつくものが「愛の休日」を含め3曲。
3枚目のアルバム「ポルナレフの世界〜ポルナレフ3」でも同じような傾向ですね。
ポルナレフの世界〜ポルナレフ3(Polnareff's)

ポルナレフの世界〜ポルナレフ3(Polnareff's)

1. 愛の旅人達
2. 僕はアイスクリームの中から生まれた
3. 限りなき愛を君に
4. コンピューターの夢
5. 不信という砂漠の中で
6. 愛の物語
7. しかし、まだ旅は続く
8. 愛のコレクション
9. 神父さまの結婚式
10. 愛の来訪者
11. 真夜中の出来事
4曲に「愛」が付いています。ファーストアルバムには「愛の願い」「愛の証しを」の2曲が収録されていました。いくらラブ&ピースのころとはいえ、ちょっとやりすぎではなかろうかと心配になってきますね。
しかし、そんな中でも「愛の休日」は別格の素晴らしさです。

愛の休日

続いて「愛の伝説」を出すわけですが、いくら「愛の休日」がヒットしたからと言ってこのタイトルはいかがなものでしょう?
因みに「愛」と付けられたシングル(全てA面)は「愛の願い」「愛のコレクション」「愛の休日」「愛の伝説」「愛のシンフォニー」と全部で5曲発売されています。
因みに「悲しみ」と付けられたシングルも多く「悲しみの舞踏会」「悲しみのロマンス」「悲しきマリー」に、「哀しみの終わるとき」「哀しみのエトランゼ」と5曲。

シングルだけでこんな感じですからねぇ。ミッシェル・ポルナレフの歌は「愛」と「悲しみ」で出来ていたことがよく分かります!
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

60年代後半から70年代にかけてのフレンチ・ポップスはオシャレで今でも心が躍る曲ばかり。胸がキュンとなる曲がたくさんありますよ。

60年代後半から70年代にかけてのフレンチ・ポップスはオシャレで今でも心が躍る曲ばかり。胸がキュンとなる曲がたくさんありますよ。

ファッションでも料理でもフランスのものってなんだかとってもオシャレですよね。音楽だってそうです。特に60年代の後半から70年代にかけてのフレンチ・ポップスは、どれをとってもキラキラとしていて胸がキュンとなるような名曲が揃っています。シルヴィ・ヴァルタンからジェーン・バーキンまでお勧めの曲をご紹介します!
obladioblada | 21,720 view
選定者はミドル世代?フランスの新聞「ル・モンド」が選んだ「日本の傑作漫画20選」の年代が偏っていると話題に!!

選定者はミドル世代?フランスの新聞「ル・モンド」が選んだ「日本の傑作漫画20選」の年代が偏っていると話題に!!

フランスの夕刊紙「ル・モンド」が、パリで開催されたジャパンエキスポ 2019にて「日本の傑作漫画20選」を選定しました。その20作品の年代が「70年代から90年代に偏っている」と話題になっています。
隣人速報 | 3,671 view
脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

今回ご紹介するこれらのドラマは是非とも見て頂きたい!「雑居時代」「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」など名作と言われ、その後のドラマにも多大な影響を与えた松木ひろしのホームコメディドラマ。70年代の作品はどれもこれもまさに“神”。
obladioblada | 1,276 view
70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に小池一雄とのコンビで爆発的な人気を誇った芳谷圭児の青春エロ漫画。その代表作が「高校生無頼控」です。タイトルからして何やら不穏な感じ。当時はセックスをメインテーマとした作品が一般誌にはなかったんです。大ヒットしたのも頷けます!
obladioblada | 2,544 view
懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

CMはその時代の世相を反映すると言われます。確かに!振り返ると思い当たります。70年代の代表的なCMをピックアップしてみました。さぁ、果たして何が見えてくるでしょうか?
obladioblada | 1,796 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト