赤毛のカリスマこと“ミック・ハックネル”率いるシンプリー・レッドは外さない!
2017年2月7日 更新

赤毛のカリスマこと“ミック・ハックネル”率いるシンプリー・レッドは外さない!

1985年の結成以来数多くのアルバムをリリースしてきたシンプリー・レッドですが、どのアルバムも良質!ファンの期待を裏切ることなくヒットさせ続けています。シンプリー・レッドは、ミック・ハックネルの燃えるような赤毛同様に熱いのです。

2,127 view

Simply Red

シンプリー・レッド

シンプリー・レッド

出身地:イングランド
ジャンル:ポップス、ブルー・アイド・ソウル/R&B
活動期間:1985年~2010年、2015年~
シンプリー・レッドのメンバーだったドラムスの屋敷豪太が、当時を振り返って「桁違いのロックンロールライフ」だったというような発言をしていましたが、世界的なビッグ・バンドとはそうしたものなのでしょう。
とは言え、想像できない世界ではありますが、シンプリー・レッドは桁違いの成功を収めたバンドであることに間違いはありません。

そのシンプリー・レッドですが、前身はボーカルのミック・ハックネルが中心となって結成したフランティック・エレヴェイターズというバンドで、1984年まで7年間活動しています。
フランティック・エレヴェイターズ

フランティック・エレヴェイターズ

フランティック・エレヴェイターズは活動期間中に地元のインディーズ・レーベルから何枚かレコードをリリースしていますが、現在入手することは困難な状況となっています。
Singles & Interview

Singles & Interview

【収録曲】
1. Voice In The Dark
2. Passion
3. Every Day I Die
4. Hunchback Of Notre Dame
5. See Nothing And Everything
6. Don't Judge Me
7. Interview

Picture Book

シンプリー・レッドとしてのデビュー・シングルは、1985年にリリースされたヴァレンタイン・ブラザーズで有名なソウルのカバー曲「マネーズ・トゥー・タイト」でしたが、これがいきなり世界的な大ヒットとなりました。

Simply Red - Money's Too Tight (To Mention)

更に、フランティック・エレヴェイターズ時代の曲「ホールディング・バック・イヤーズ」をもっとポップにアレンジして再リリースしたところ全米1位をはじめ、デビュー曲の「マネーズ・トゥー・タイト」以上の世界的な大ヒットとなりました。

Simply Red - Holding Back The Years

その「ホールディング・バック・イヤーズ」を含むファーストアルバム「ピクチャー・ブック」は1985年にリリースされ勿論大ヒットを記録しています。

デビュー当時のメンバーは、ミック・ハックネル以下、デイヴィッド・フライマン(ギター)、トニー・バウワーズ(ベース)、フリッツ・マッキンタイア(キーボード)、ティム・ケレット(ブラス)、クリス・ジョイス(ドラムス)です。
ピクチャー・ブック

ピクチャー・ブック

1985年リリース

【収録曲】
1. カム・トゥ・マイ・エイド
2. サッド・オールド・レッド
3. ルック・アット・ユー・ナウ
4. ヘヴン
5. ジェリコ
6. マネーズ・トゥ・タイト
7. ホールディング・バック・ザ・イヤーズ
8. オープン・アップ・ザ・レッド・ボックス
9. ノー・ダイレクション
10. ピクチャー・ブック
ソウル・ミュージックへのひたむきな愛情が滲み出る、シンプリー・レッドの記念すべきデビュー・アルバム。80年代のブルー・アイド・ソウルのブームを支えた実力が既に垣間見える。

A New Flame

1987年にリリースした2枚目のアルバム「メン・アンド・ウィメン」では、ブルー・アイド・ソウルを取り入れ商業的にも音楽の幅を広げることにも成功しました。

そして1989年リリースされた「ニュー・フレイム」は、いわゆる売れ線狙いのアルバムとなっています。
その狙い通り、ハロルド・メルヴィン&ブルーノーツのカバー曲「二人の絆」が2曲目の全米1位をはじめとする大ヒット!この曲は、シンプリー・レッドにとって現時点で最も成功した曲となっています。
ニュー・フレイム

ニュー・フレイム

1989年リリース

【収録曲】
1. イッツ・オンリー・ラヴ
2. ニュー・フレイム
3. ユーヴ・ガット・イット
4. トゥ・ビー・ウィズ・ユー
5. モア
6. ターン・イット・アップ
7. 涙のチューン
8. いかなくちゃ
9. 2人の絆
10. イナフ

Simply Red - If You Don't Know Me By Now

2人の絆
「ソウル・ミュージックのメロディ・歌唱」、「ファンク・ミュージックのカッティング」、「JazzのCoolな雰囲気」
。。。これらの要素をブレンドした楽曲を、洗練された都会的サウンドで奏でる。これが、「Blue Eyed Soul」です。
このアルバムでのスタイルは、後のSIMPLY REDのみならず、他の多くのミュージシャンに影響を与えています。いわば、前作「Men and Women」で、Blue Eyed Soulという新境地を開拓!、
今作「A New Flame」で、Blue Eyed Soulを新しいスタンダードに!。。。という感じです。

Stars

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【95年開始】欧米へのチャレンジ!「LA・LA・LA LOVE SONG」だけではない「久保田利伸(Toshi Kubota)」の海外盤をまとめた

【95年開始】欧米へのチャレンジ!「LA・LA・LA LOVE SONG」だけではない「久保田利伸(Toshi Kubota)」の海外盤をまとめた

久保田利伸=LA・LA・LA LOVE SONGだと思います。彼のファン以外は、もしかするとご存知ないかもしれませんがが、欧米への挑戦をしております。今回はそれをまとめます。
たまさん | 1,180 view
「シュガー・ベイブ」で有名な伊藤銀次がライブイベントを立て続けに開催!大貫妙子、杉真理ら超豪華ゲストも!

「シュガー・ベイブ」で有名な伊藤銀次がライブイベントを立て続けに開催!大貫妙子、杉真理ら超豪華ゲストも!

70年代に山下達郎らと「シュガー・ベイブ」で活動し、その後も歌手、ギタリスト、作曲家、アレンジャー、音楽プロデューサーとして多彩な活動を続ける伊藤銀次が、ライブイベントを開催することが明らかとなりました。
隣人速報 | 258 view
【リック・アストリー】80年代に世界的ヒット曲を飛ばしたソウルフルな歌声は今も健在!

【リック・アストリー】80年代に世界的ヒット曲を飛ばしたソウルフルな歌声は今も健在!

リック・アストリーは80年代後半にヒット曲を飛ばし、世界的に有名な歌手となりました。現在でも活動中であり、そのソウルフルな歌声は今も健在!さっそく振り返ってみましょう(^^)/
つきねこ | 817 view
デビュー20周年記念!SILVA、DOUBLE、SUGARSOULが連名で新作CDを発表!!

デビュー20周年記念!SILVA、DOUBLE、SUGARSOULが連名で新作CDを発表!!

90年代後半からR&Bの“ディーヴァ”として活躍しているSILVA、DOUBLE、SUGARSOULが、連名で新作「UPLOAD」をリリースすることが明らかとなりました。発売予定日は8月1日。
隣人速報 | 934 view
90年代ジャパニーズR&B~歌姫と呼ばれたシンガーたち~

90年代ジャパニーズR&B~歌姫と呼ばれたシンガーたち~

90年代はジャパニーズR&Bの全盛期といわれた時代!歌姫と呼ばれた女性シンガーたちの名曲と魅力を紹介します!
ロングアゴー | 35,238 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト