あの落合博満に天敵と言わせた男、【川口和久】の人物像とは。
2016年11月25日 更新

あの落合博満に天敵と言わせた男、【川口和久】の人物像とは。

ダンディな甘い風貌も加えて人気を博した男は、緩急をつけた投球術で、三振を築き上げてきました。そんな投球術は巨人阪神はもちろん。あの落合博満もうならせた投球は直感的なもので、あのイチローでさえも抑え込まれたのでは。

12,018 view
緩急をつけた投球術で三振の山を築く男

緩急をつけた投球術で三振の山を築く男

往年の左腕投手、江夏、新浦を彷彿させるカーブとストレート、年を重ねるごとに増えていく変化球を巧みに使い三振を築いていくスタイルが有名。

右脳で作る投球術で、直感的な投球も多いので、その球を補給する捕手の技量が求められていました。達川光男がいなかったら、川口の投球はボロボロだったかもしれません。

1980年代の広島投手王国のローテーションを担う川口和久

川口和久(かわぐち かずひさ)

川口和久(かわぐち かずひさ)

1959年7月8日生まれ
身長183cm、体重75kg
左投げ両打ち
ポジション:投手

広島カープ黄金期のローテーションを担う先発左腕投手。巨人キラーとして、球界にその名を轟かせたスター選手。
タイトルこそ奪三振の記録しかないが、巨人阪神から白星を獲り続けた本格的左腕投手である。甘いマスクから女性ファンも多かったと聞きます。

川口和久の獲得タイトルや主な表彰と記録

最多奪三振:3回 (1987年、1989年、1991年) ※セントラル・リーグでは、1991年より表彰

日本シリーズ敢闘賞:1回 (1991年)
月間MVP:3回 (1983年6月、1988年9月、1989年4月)

2000奪三振:1995年9月27日、対横浜ベイスターズ10回戦(東京ドーム)、3回表に波留敏夫から ※史上14人目

川口和久のプレースタイルは・・・。

川口和久は三振を獲ることにこだわったスタイルと言えるであろう。ストレート、カーブ、スライダーと球種がある中で、川口が得意とした球種は速球でした。速球と同じフォームで投げる変化球を織り交ぜることで面白いように三振が取れたという。
特に巨人キラーとしても有名で、全盛期の巨人には左打者が多かったこともあるが、巨人に対して、30勝以上している投手の中で、勝ち越している投手は、星野、平松、川口の3人だけである。

阪神に対しても、好投を見せており、巨人戦よりも素晴らしい34勝21敗の成績を残しているのです。

川口和久の生い立ちからプロ野球選手になるまで

中国地方の山陰、鳥取市の吉岡旅館の3男として生まれる。小学校4年で少年野球チームに入り、市大会で優勝する原動力になるなどの大活躍をしていた。

速球派投手として名を馳せていた川口和久は鳥取城北高校に進学し、高校野球で度重なる好投を見せることで、スカウトからも注目を集めた。高校3年生の年、ドラフトでロッテオリオンズから6位指名を受けることになるが、まだプロでやれる自信がないと言うことで、プロ入りを断り、社会人野球へと進む。

社会人野球では思うような野球生活を送れないことから、社会人野球で注目を集め、プロに入ることを熱望し、1980年のドラフトで広島東洋カープに1位指名を受け、広島東洋カープでプロの生活を始めるのであった。

広島東洋カープで名左腕投手に!

プロ1年目の1981年はオープン戦から落ち着いたマウンドさばきを監督の古葉竹識に評価されていた[8]。すぐに一軍に登録され自信を持っていたが、初登板となった4月10日の対中日戦で左打者相手に起用されながら二塁打を打たれ、二軍で調整したいと志願した[11]。これは却下されたが、6月頃にはキャッチボールを見ていた山本浩二に投球フォームのクセから全ての球種をあっという間に看破され、恐怖を感じたという[11]。同月の対阪神戦で投手の山本和行に満塁本塁打を打たれて二軍落ちし、大下剛史や大石清によって徹底的に走らされた[5]。
3年目の1983年春、臨時コーチで招かれた長谷川良平から、コントロールを意識したノーワインドアップ投法ではなく、入団時のワインドアップ投法に戻すように指示されたことが転機となり、同年から先発ローテーション投手として一軍に定着。この時長谷川からは、「ノーワインドアップだと上体に頼り過ぎ、肩・肘を痛める。制球難は気にせず荒れ球は味方にすればよい」と助言されたという[14]。6月には初の月間MVPを受賞している[15]。オールスターゲームに初出場を果たし、登板した第2戦では門田博光から三振を奪ったものの落合博満に本塁打を打たれている[16]。ペナントレース終盤まで巨人を追うチームにあって9月3日の直接対決では188球を投げて完投勝利を挙げ[17]、中3日の登板となった9月21日の対大洋戦でも完投勝利を挙げた[18]。
 (1559168)

速球とカーブの比率からカーブを見逃されるケースが増えたため、スライダーを覚え[32]、1991年はシーズン通算230奪三振を記録して同年タイトルとして制定された最多奪三振を獲得するなど、チームのリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは前日に佐々岡真司がノックアウトされてターニングポイントとなった第2戦に先発し[33]、オレステス・デストラーデに2ランホームランを打たれたものの8回まで被安打3、2失点の内容で勝利投手となっている。監督の山本浩二はシリーズの流れを引き寄せるため、シーズン中は一度もなかった中3日の間隔で川口を第5戦の先発として起用した[33]。川口もこれを意気に感じて104球を投げて8回無失点の好投を見せ、シリーズMVPの最有力候補とも言われた[33]。特に、8回二死満塁の場面で秋山幸二から見逃し三振を奪った速球は二宮清純らから絶賛された[34]。しかしリリーフとして登板した第6戦では同点の6回二死満塁から鈴木康友に2点適時打、第7戦では5回一死三塁から平野謙と田辺徳雄に決勝適時打を打たれている[33]。先発での好投が評価され、シリーズ敢闘賞を受賞した。契約更改では1,750万円増の年俸7,550万円(推定)となっている[35]。
1992年は6月まで2勝8敗と成績が低迷し[36]、速球を打たれることが多く[37]シーズンでも6年連続で達成していた二桁勝利が途切れ、オフの契約更改では自身初のダウンとなる350万円減の年俸7,200万円(推定)となっている[38]。また、同年は日米野球に出場して第3戦でデーブ・ホリンズとシェーン・マックに本塁打を打たれて敗戦投手となった[39]。1993年は6月に急性左ひじ関節炎で一軍登録を抹消され[40]、シーズン終盤には左手人差し指が血行障害となっている[41]。なお同年にFA権を取得したが、行使せずに年俸8,000万円(推定)で契約を更改した[42]。

川口和久 (1990オールスター) - YouTube

出典 youtu.be

広島の左腕から巨人の左腕に。

入団会見時の川口和久

入団会見時の川口和久

ダンディですね。
1994年は開幕から勝ち星を挙げられず7連敗して一時は先発ローテーションを外れる[43]など成績が低迷したが、7月以降は7勝3敗と調子を取り戻した[44]。一方で、前年に難治性のガンで倒れた日野市に住む妻の父の容態が9月に悪化し、東京に移住して看病したいと妻が強く訴えた[7][45]。川口自身は第二の故郷となった広島に愛着があり、師匠のような存在の大野豊をはじめとする同僚と離れることに抵抗があったという[7]。しかし毎晩のように話し合いを重ね、遠征が続く生活を長年送ってさらに離れて生活したくないと考えたこともあり、悩んだ末に手続きの期限である11月8日の夜になって球団へFA権の行使を連絡した[7]。これは広島の球団史上初のFA権行使となったが、11月10日に川口と会談した広島の球団常務は「気持よく送り出したい」と話し、慰留はしなかった[46]。また、この時点ですでに巨人や阪神が獲得の意志を広島側に伝えている[46]。
プレースタイルなどが知られていないパ・リーグでプレーするメリットなども考えて西武へ入団するつもりだったが、監督の長嶋茂雄から直接誘われたこともあって巨人に入団した[47]。巨人側にとっては宮本和知しかいなかった左の先発投手を補強できる点[48]や、前年に巨人から4勝を挙げていた苦手投手との対戦がなくなる点[47]などを評価されていた。なお、広沢克己に続いてFAによる巨人への入団が決まったことで、同じくFA宣言をして去就を取り沙汰された工藤公康の巨人入りの可能性がなくなった事が報じられている[49]。移籍にともない、年俸は2,000万円増の1億円(推定)となった[50]。一方で、週刊誌などでは「一桁勝利が3年続いており、FA移籍による高年俸の獲得を狙った」と皮肉的な論調の記事が書かれていた[7]。妻の父は移籍を喜んだ後、1995年の3月に逝去している[45]。

1998.6.18 巨人vs中日14回戦 22/24 - YouTube

川口和久 鳥越裕介 ゴメス 立浪和義 大西崇之 仁平馨
出典 youtu.be
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

悪太郎・堀内恒夫!態度の大きい新人投手は沢村賞を獲得!HRの多い投手でしたね!

悪太郎・堀内恒夫!態度の大きい新人投手は沢村賞を獲得!HRの多い投手でしたね!

堀内恒夫。巨人軍のV9を支えた大エース背番号「18」。夜遊びを続けた悪太郎。しかし、成績は落とさずに200勝投手になりました!
ひで語録 | 11,772 view
緒方耕一と緒方孝市 同姓同名で同い年。プロ入りも同時にセリーグ球団だった偶然過ぎる二人を比較してみました!

緒方耕一と緒方孝市 同姓同名で同い年。プロ入りも同時にセリーグ球団だった偶然過ぎる二人を比較してみました!

1986年のドラフトでは二人の「おがたこういち」の指名がありました。巨人・緒方耕一と広島カープ・緒方孝市。驚くことに名前だけではなく、共通点の多々ある二人でもありました。そんな彼らを特集します!
ひで語録 | 56,516 view
【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 5,896 view
【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

ドラゴンズのエースとしてリーグ優勝に貢献し、最優秀防御率賞など数々の賞を受賞した野口投手。1996年にノーヒットノーランを達成するなど、特に巨人戦に強く「天敵」とも呼ばれた存在でした。その後、2005年にFAを宣言し、野口投手はその巨人に移籍するのですが・・・。
和尚 | 11,139 view
甲子園未経験ながら巨人ドラフト1位・木田優夫 メジャーでも活躍し、セパを渡り歩いた息の長い投手でした

甲子園未経験ながら巨人ドラフト1位・木田優夫 メジャーでも活躍し、セパを渡り歩いた息の長い投手でした

投手・木田優夫。巨人にドラフト1位で入団し、先発や中継ぎ、抑えとして活躍しました。日本とメジャーの各球団に所属した彼の野球人生を追います。
ひで語録 | 3,894 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト