一世を風靡したバンド【EUROPE】の代表作【THE FINAL COUNTDOWN】
2017年3月29日 更新

一世を風靡したバンド【EUROPE】の代表作【THE FINAL COUNTDOWN】

スウェーデンのハードロックバンド、「EUROPE」の大ヒットアルバムの魅力を探ります。代表曲「THE FINAL COUNTDOWN」は、曲の名前を知らなくても、武藤敬司の入場曲や、スズキ「カルタス」のCMでもおなじみの、あの曲です。

6,532 view

バンド「EUROPE」について

ヨーロッパ(EUROPE、1979年 - )は、スウェーデン出身のヘヴィメタルバンド。"The Final Countdown"(1986年)の大ヒットで知られる。1992年から一旦長期にわたり活動を停止するが、2004年に再結成を果たしアルバムをリリースした。現在は"The Final Countdown"発表時のメンバーで活動中。再来日も果たしている。

「EUROPE」の結成ヒストリー

1980年に、ジョーイ・テンペストをボーカルとし、ギターのジョン・ノーラム、ベースのジョン・レヴィン、ドラムのトニー・レノらによって結成されました。結成当時は「FORCE」と名乗っていたそうです。
1982年、FORCEは、スウェーデンの4000以上のバンドが出場したコンテストで優勝を飾ります。そして「ヨーロッパ(EUROPE)」へとバンド名を変更します。
1983年にアルバム「EUROPE」でメジャーデビュー。
「北欧メタル」というジャンルの先駆けとして、世界で最初に日本で人気が出たそうです。
今ではフィンランドのコルピクラーニなども人気がありますね。(1997年に結成)

「EUROPE」の音楽性

北欧メタルの始祖的存在として位置づけられることが多い、メロディアスな旋律とハイトーン・ヴォーカルを最大の特徴とするバンドである。特に初期の作品にはこうした色合いが強く、キーボードを盛り込んだ叙情的なメロディは数々のハードロック、ヘヴィメタルバンドに大きな影響を与えた。
"The Final Countdown"はEUROPEの最大のヒット作となり、日本でもスズキ・カルタスのCMソングとしてヒットした。
とにかくハイトーン・ボーカルが特徴です。

1986年、「THE FINAL COUNTDOWN」で世界へ

THE FINAL COUNTDOWNは、1986年にEUROPEがリリースした、3枚目のアルバムです。アルバムは650万枚、アルバムのタイトル曲であるシングル「THE FINAL COUNTDOWN」はなんと780万枚も売れて25か国で1位になります。
このアルバムによって、EUROPEの名前が世界に知れ渡ります。

Bon Joviもライバル視した実力

「バッド・メディシン」などで有名なBon Jovi は、「THE FINAL COUNTDOWN」が大ヒットする前から、EUROPEのことをライバル視していたそうです。さすがですね。Wikipediaによると、日本のある雑誌でインタビューを受けた時に、「日本でのEUROPEの人気はどうなの?」と聞いたというエピソードがあるそうです。
Bon Jovi

Bon Jovi

あのBon Joviも認めた実力なんですね。
しかし大ヒットする前からライバル視するとは、さすが同じミュージシャンとして通ずるものがあったんですね。

ご参考までに バッド・メディシンはこの曲です。

三洋電機のCMです。

三洋電機のCMです。この曲は1988年に発表されたものなので、このCMはバブル景気の真っ只中の1989年頃なのでしょうか。

空耳作品「バッド・メディシン」

あのカッコいいボン・ジョヴィも、空耳アワーにかかるとこうなってしまいます・・・( ^ω^)。
こうして見ると、Bon JoviとEUROPEとは歌い方が似ていますね。
ただ、EUROPEのほうが、よりボーカルが目立つように感じます。
日本のロックに似ているのは、どちらかというとEUROPEのほうですかね。
EUROPEが日本で人気が出たのもうなずけます。

名曲「THE FINAL COUNTDOWN」

Europe - The Final Countdown(with lyrics)

かの有名な出だしで始まる、あの曲です。少し哀し気なメロディーでありながらも、力強い印象の曲です。
これから闘いに向かうレスラーの登場曲には、確かにピッタリですね。

武藤敬司テーマ曲

スズキ カルタスのCM

うーん、かっこいい。舘ひろしが出ていたんですね。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代ビルボードにチャートインしたロックソング10曲(+1曲)

80年代ビルボードにチャートインしたロックソング10曲(+1曲)

アメリカの音楽チャートとしても名がある「ビルボード」。そのTop10内に入った主なロックソングの80年代版を、WatchMojo.com様チャンネルを参考に見て(聴いて)みましょう! おまけとしてスズキ・カルタスのCMソングもあります。懐かしのあの洋楽ロックの数々‥‥その頃、何をしてたかな‥‥と思い出しながら聴くのもなかなか乙なものですよ!
Yam | 8,729 view
誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

昭和から平成の初めに活躍したアーティストたち。時代の大きなうねりの中で私たちに音楽と言う安定剤を処方し続けてくれた作品をマニアックに紹介できればと思っております!今回は誰もが知ってる「イントロ」特集です。
ヤンマーグループの「ヤン坊マー坊」が9代目となる新デザインに!懐かしのヤン坊マー坊についても振り返る!!

ヤンマーグループの「ヤン坊マー坊」が9代目となる新デザインに!懐かしのヤン坊マー坊についても振り返る!!

ヤンマーホールディングスが、ヤンマーグループの企業マスコットキャラクター「ヤン坊マー坊」の新デザインの一般投票を実施し、9代目となる新ヤン坊マー坊のデザインを決定しました。
隣人速報 | 465 view
25年ぶりの新バージョン!菅野よう子作編曲「カウボーイビバップ」最終話のED曲「Blue」がHondaのCMに起用!!

25年ぶりの新バージョン!菅野よう子作編曲「カウボーイビバップ」最終話のED曲「Blue」がHondaのCMに起用!!

本田技研工業(Honda)の新グローバル企業CM「MOVE篇」に、アニメ「カウボーイビバップ」最終話ED曲「Blue」(作編曲:菅野よう子)が、25年ぶりに新バージョンとして起用されています。
隣人速報 | 150 view
【追悼・ダークダックス】男声コーラスグループの草分け!広く大衆に親しまれた名曲の数々

【追悼・ダークダックス】男声コーラスグループの草分け!広く大衆に親しまれた名曲の数々

男声コーラスグループの草分けで、1950年代から2010年代にかけて60年以上も活躍したダークダックス。幅広いジャンルをレパートリーとし、多くの世代に親しまれました。2023年9月にゾウさんが亡くなり、メンバー全員が鬼籍に。ダークダックスの活躍を振り返ります。
izaiza347 | 433 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト