80年代ビルボードにチャートインしたロックソング10曲(+1曲)
2018年4月20日 更新

80年代ビルボードにチャートインしたロックソング10曲(+1曲)

アメリカの音楽チャートとしても名がある「ビルボード」。そのTop10内に入った主なロックソングの80年代版を、WatchMojo.com様チャンネルを参考に見て(聴いて)みましょう! おまけとしてスズキ・カルタスのCMソングもあります。懐かしのあの洋楽ロックの数々‥‥その頃、何をしてたかな‥‥と思い出しながら聴くのもなかなか乙なものですよ!

6,540 view

まずは「ビルボード」とは?

ビルボードのロゴ

ビルボードのロゴ

音楽ファンなら一度は見かけたこともおありかと‥‥!
ビルボード (英: Billboard) は、米国の芸能メディアのブランド。
音楽業界誌『ビルボード』を出版し、アメリカで最も権威のある音楽チャートであるBillboard Hot 100、Billboard 200などポピュラー音楽のヒットチャート(ランキング)を発表するほか、イベントの主催、テレビ番組の制作などを行なう。
この「ビルボード・ホット100」に入ることは、ミュージシャンにとってものすごく光栄なことだと思います。またファンにとっても同様ですね!
そういえば、80年代に、日本ではラウドネスのアルバムが100位内に入ったということも、音楽雑誌などでもかなりうたわれていたほどに、権威のあるランキング!

そして、今回は、YouTubeチャンネル「WatchMojo.com」様の動画を参考に、80年代にビルボードTop10内に入ったロックを振り返ってみました。
思い出深い曲の数々です!
(そのまとめ動画は、最後にあります)。
早速に見て(聴いて)みましょう!

ホワイトスネイク「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」

「白蛇の紋章」アルバム

「白蛇の紋章」アルバム

1987年。
「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」は、アルバム『セインツ・アンド・シナーズ』(1982年)収録曲のセルフ・カヴァー。

デイヴィッド・カヴァデール - ボーカル
ジョン・サイクス - ギター
ニール・マーレイ - ベース
エインズレー・ダンバー - ドラムス
(Wikipedia)
アルバム自体もビルボードチャートの2位!
ハードロック・バンドでもキャッチーでメロディの綺麗な曲が多くなってきた頃ですね!
また、MTVも全盛の頃で、この曲のMVで女性が車の上で一回転(?!)するシーンも記憶に残っています。
「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」(USシングル・リミック版)

「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」(USシングル・リミック版)

フェイスブックでみつけました!
当時の7インチ・ヴァージョンの表紙ですね!

Whitesnake - Here I Go Again '87

ホワイトスネイク「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」

ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ「アイ・ラブ・ロックンロール」

「アイ・ラブ・ロックンロール」アルバム

「アイ・ラブ・ロックンロール」アルバム

アルバム自体は1981年発売です。
シングルがチャートインしたのは1982年。
この曲も、いろんな方々がカバーされている有名な曲です。
ジョーン・ジェットのカバーで一気に名を知られたのかもしれないのですが、元は1976年にジ・アロウズ(The arrows)が出した曲です。
ストレートに「ロックンロールが大好き」と歌った歌であり、曲調もまたストレートなロックナンバー。こういう曲がチャートインするのは嬉しい限りですね!
(バラードが多いから‥‥)
ジョーン・ジェットと言えば‥‥!

ジョーン・ジェットと言えば‥‥!

ジェーンと言えば、70年代の日本でも人気だったガールズ・バンド「ザ・ランナウェイズ」のギタリスト!
本国アメリカより、日本での方が人気があったようですね!

Joan Jett - I love Rock N Roll HQ

ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ「アイ・ラブ・ロックロール」

フォリナー「アイ・ウォナ・ノウ」

「プロヴォカトゥール」アルバム

「プロヴォカトゥール」アルバム

1984年。
内側と外側を通して人生を見るスパイの話を歌ったコンセプト・アルバムである。アルバムは、イギリスで最初で唯一1位を獲得し、アメリカでは4位に達した。
(Wikipedia)
この曲も綺麗なバラードでよく覚えてます!
原題が「I Want To Know What Love Is」で、「愛がなんであるかを知りたい」という意味深なタイトルはアルバム・コンセプトからなのでしょうか?
当時、私自身が十代だったので、「大人な歌なんだな‥‥」と思って聴いていた思い出もあります。

Foreigner - 'I Want To Know What Love Is' [Official Music Video]

フォリナー「アイ・ウォナ・ノウ」

クイーン「地獄へ道づれ」

56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

LOUDNESS(ラウドネス)の名盤『8186 LIVE』の再現ツアー音源とオリジナル盤リマスターCD等が発売決定!

LOUDNESS(ラウドネス)の名盤『8186 LIVE』の再現ツアー音源とオリジナル盤リマスターCD等が発売決定!

80年代中盤からはアメリカやヨーロッパでも活動し、世界的な名声を誇るLOUDNESS(ラウドネス)。彼らの名盤『8186 LIVE』を再現したツアーの音源や同アルバムのオリジナル盤リマスターCD等が12月に発売される。
一世を風靡したバンド【EUROPE】の代表作【THE FINAL COUNTDOWN】

一世を風靡したバンド【EUROPE】の代表作【THE FINAL COUNTDOWN】

スウェーデンのハードロックバンド、「EUROPE」の大ヒットアルバムの魅力を探ります。代表曲「THE FINAL COUNTDOWN」は、曲の名前を知らなくても、武藤敬司の入場曲や、スズキ「カルタス」のCMでもおなじみの、あの曲です。
ジバニャンLOVE | 3,916 view
【80's洋楽チャート】1987年1月31日付トップ10!ボン・ジョヴィのあの曲がランクイン!

【80's洋楽チャート】1987年1月31日付トップ10!ボン・ジョヴィのあの曲がランクイン!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 3,254 view
【20世紀の偉大なギタリスト】ジミヘン、クラプトン洋楽G10人と布袋さん、HIDEなど邦楽G5人

【20世紀の偉大なギタリスト】ジミヘン、クラプトン洋楽G10人と布袋さん、HIDEなど邦楽G5人

 シンガーの次は、ローリングストーン誌の「100人の偉大なギタリストたち」を参考に、国内外のギタリストに焦点を当ててみます。洋楽はローリングストーン誌内からですが、邦楽は…これまた悩みましたが5人の方を…。そしてまたまた動画だらけになると思います…ご了承ください。
Yam | 16,265 view
誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

昭和から平成の初めに活躍したアーティストたち。時代の大きなうねりの中で私たちに音楽と言う安定剤を処方し続けてくれた作品をマニアックに紹介できればと思っております!今回は誰もが知ってる「イントロ」特集です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト