【孤高のヘビーステイヤー】京都で花咲き京都で散ったライスシャワー
2022年6月23日 更新

【孤高のヘビーステイヤー】京都で花咲き京都で散ったライスシャワー

通算成績25戦6勝。一見平凡な成績ですが、実は3,000メートル以上のGI競走を3勝しています。ミホノブルボンのクラシック三冠を阻み、メジロマックイーンの天皇賞三連覇を阻んだ正真正銘のステイヤー。そんなライスシャワーの短くて濃い生涯をたどります。

309 view

小柄でバランスの良い馬体

ライスシャワーは、
父 リアルシャダイ 母 ライラックポイント
の間に誕生した、黒鹿毛の牡馬です。

1989年3月5日生まれ。生産は、栗林運輸の会長、栗林英雄氏が所有するユートピア牧場。小柄でバランスの良い体型でしたが、あまり活躍は期待されていませんでした。

因みに、ライスシャワーという馬名は、結婚式のライスシャワーのように、周りの人々に幸福を与えるように願ったという説と、秋篠宮文仁親王と紀子様の結婚の時期と重なり、お祝いの気持ちを込めたという説があります。

1991年にデビュー。3歳時は、新馬戦、芙蓉ステークス(OP)を勝利し、明け4歳を迎えます。

ブルボンの三冠を阻止

日本ダービー2着

ミホノブルボンとの初対決は、皐月賞トライアルのスプリングステークス(GII)。結果は12番人気の4着で、ミホノブルボンとは7馬身差でした。

続くクラシック初戦、皐月賞(GI)から、鞍上は的場均に変わります。結果は11番人気の8着。ミホノブルボンとは8馬身差で、力の差は歴然でした。

ダービートライアルのNHK杯(GII)は、8着の惨敗。その結果、日本ダービーは、18頭立ての16番人気と評価を下げます。ただ、的場は、ライスシャワーの調子の良さを感じていました。

日本ダービーでは、逃げるミホノブルボンのすぐ後ろ、好位2番手につけます。思い切った先行策で、道中は2番手を維持し続け、最後の直線へ。ミホノブルボンがスパートして後続と差をつける中、ライスシャワーはなんとか2番手をキープ。マヤノペトリュースに追い込まれますが、争いを制してハナ差の2着に入ります。1番人気の勝利ながら、16番人気のライスシャワーが2着に入り、馬連配当は29,580円の万馬券。波乱のレースとなりました。

クラシック対決は、ミホノブルボンの2連勝に終わりました。ただ、ライスシャワー陣営は手応えを感じ、秋は "打倒ブルボン" を目標に掲げます。

1992年 日本ダービー(GⅠ) | ミホノブルボン | JRA公式

菊花賞制覇

秋初戦は、セントライト記念(GII)。好調馬レガシーワールドの2着と好走します。そして、続く京都新聞杯(GII)でミホノブルボンと4度目の対決。1馬身半差の2着に敗れますが、鞍上の的場は手応えを感じていました。レース後に、オーナー夫人に次のように話したといいます。
もし逃げ馬のキョウエイボーガンさえ出走してくれば、ライスシャワーでミホノブルボンを負かす可能性がある
菊花賞(GI)は、シンボリルドルフ以来の "無敗の三冠" に挑戦するミホノブルボンが、単勝1.5倍の1番人気。ライスシャワーは、日本ダービー以降のレースが評価され、単勝7.3倍の2番人気に押されます。3番人気はマチカネタンホイザ。

レースは、的場の目論見通り、キョウエイボーガンがハナを奪う展開。ミホノブルボンは2番手、マチカネタンホイザは4番手、ライスシャワーは離れた5番手につけます。縦に長い展開から、4コーナーでは後続が押し寄せ、ここでミホノブルボンが先頭に。しかし、すぐ後ろからライスシャワーがやってきます。最後の直線では、マチカネタンホイザを含めた3頭の叩き合い。最後は、ライスシャワーがミホノブルボンを交わし、1馬身1/4差をつけて勝利しました。

1992年 菊花賞(GⅠ) | ライスシャワー | JRA公式

走破タイムは3分5秒0。当時の芝3,000メートルにおける日本レコードです。しかし、レース直後の場内は、ミホノブルボン三冠への期待が高かったことからか、あまり歓迎ムードがなく異様な雰囲気でした。この時からライスシャワーは、不本意ながら "敵役" と呼ばれるようになります。

マックイーンの三連覇を阻止

年末の有馬記念(GI)は凡走しますが、1993年の明け5歳、目黒記念(GII)を2着、日経賞(GII)を1着と好走します。次のターゲットは天皇賞・春(GI)。メジロマックイーンとの初対決です。

レースに向けて、メジロマックイーンに勝つための過酷な調教が行われました。厳しすぎると批判の声も上がったほどで、その結果、レース当日の馬体重は430kg。前走から12kg減です。ギリギリまで絞り込まれた馬体は、当時関西テレビの杉本清アナウンサーが形容したように、正に "研ぎ澄まされた鋼" でした。

人気は、春の盾三連覇を狙うメジロマックイーンが、単勝1.6倍の圧倒的1番人気。前年菊花賞馬のライスシャワーは、単勝5.2倍の2番人気でした。

レースは、メジロパーマーが逃げる展開で、メジロマックイーンは4番手の先行策。その直後にライスシャワーとマチカネタンホイザがつけます。3コーナーを過ぎて、メジロマックイーンが仕掛けると、それに連れてライスシャワーも動き出し、ぴったりこれをマーク。最後の直線ではメジロ2頭と並び、3頭の一騎打ちかと思わせます。ところが、ライスシャワーは2頭を楽々と交わし、そのままゴール。2着のメジロマックイーンに2馬身半差をつける横綱相撲でした。

1993年 天皇賞(春)(GⅠ) | ライスシャワー | JRA公式

走破タイムは、3分17秒1。菊花賞に続くレコード勝ちです。誰が見ても文句なしのレースで、実力を存分に証明してみせました。ところが、レース後は、メジロマックイーンを破ったことばかりが話題になり、不本意ながら "関東の刺客" とまで呼ばれるようになります。

ヘビーステイヤーの復活

勝てない2年間

天皇賞・春の勝利でさらなる活躍が期待されたライスシャワーでしたが、ここから2年間も勝利から遠ざかります。1番人気に4度も押されましたが、うち3つのレースが着外。1994年6歳時の日経賞2着、有馬記念3着と好走はするものの、その後すぐ凡走してしまいます。もうこの馬は走らないのか。。。そう思わせるレースが続きました。

天皇賞で復活

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【GII3勝】最強の兄弟馬にも先着した実力馬マチカネタンホイザ

【GII3勝】最強の兄弟馬にも先着した実力馬マチカネタンホイザ

重賞4勝、うちGII3勝。GIでは一度も連に絡めなかったものの、7度の掲示板を記録。善戦ホースのイメージが強いマチカネタンホイザですが、実は、あのビワハヤヒデ、ナリタブライアン兄弟の両方に先着した、唯一の馬でもあります。そんな実力馬の足跡をたどります。
izaiza347 | 302 view
【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

ナリタブライアンのクラシック三冠で盛り上がった1994年。実はその裏で、逆三冠馬(最下位の三冠馬)になれそうだった競走馬がいたことはあまり知られていません。皐月賞ブービー、ダービー最下位、菊花賞最下位。最低人気で重賞を勝ってしまったこともある競走馬。その馬こそサムソンビッグです。
izaiza347 | 668 view
【JC優勝】去勢して才能が開花!騸馬として初めてGIを勝ったレガシーワールド

【JC優勝】去勢して才能が開花!騸馬として初めてGIを勝ったレガシーワールド

レガシーワールドは、騸馬(せんば)として初めてGIレースを勝った競走馬です。デビュー当初こそ勝てなかったものの、去勢してからは高い競走能力を発揮し、ついにはジャパンカップを勝利しました。同期で同厩のミホノブルボンがクラシック路線を進む中、独自路線で強さを見せたレガシー。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 183 view
【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

メジロマックイーンが降着した時の天皇賞馬、として語られることの多いプレクラスニー。実は、15戦7勝、2着3回、東京コース5戦5勝、GI、GII、GIII各1勝ずつと、安定感抜群の強い馬でした。江田照男が主戦騎手になってからは、特に力を発揮しています。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 256 view
1992年、無敗で皐月賞とダービーを制したミホノブルボンが死去

1992年、無敗で皐月賞とダービーを制したミホノブルボンが死去

1992年の皐月賞・日本ダービーを制したミホノブルボンが、老衰のため死亡していたことが分かった。28歳だった。”坂路の申し子”と言われ、人気だったミホノブルボンの訃報をお伝えする。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト