古きよき時代のアメリカのフロンティアスピリッツを根底に持つ誇り高き男、我らがジョン・メレンキャンプ。
2016年11月15日 更新

古きよき時代のアメリカのフロンティアスピリッツを根底に持つ誇り高き男、我らがジョン・メレンキャンプ。

ジョン・メレンキャンプは、ジョニー・クーガー、ジョン・クーガー、ジョン・クーガー・メレンキャンプ、そして本名であるジョン・メレンキャンプと徐々に名前を本名に近づけてきていますが、それは本当の自分を取り戻すためにやらなければならなかったことであり、最高のフロンティアスピリッツを持つ男の闘いの歴史なのです。

1,359 view

Introduction

ジョン・メレンキャンプ

ジョン・メレンキャンプ

生誕:1951年10月7日
出身地:アメリカ
ジョン・メレンキャンプは、ブルース・スプリングスティーン、ブライアン・アダムス等と並ぶ、80年代を代表するシンガー・ソング・ライターです。

デビューに際し、当時のマネージャーによって、「アメリカのライオン」を意味するクーガーという芸名を与えられジョニー・クーガーとしてデビューしています。その後、ジョン・クーガー、1982年発表のアルバム「アメリカン・フール」の大ヒットを期に1983年よりジョン・クーガー・メレンキャンプと改名。更に1991年から本名のジョン・メレンキャンプを名乗っています。

John Cougar

ジョン・メレンキャンプは1970年代半ばに、デヴィッド・ボウイのマネージャーだったトニー・デフリーズに見出されてデビューします。当時は化粧をしてトラッシュというグラムロック・バンドをやっていたそうですが、現在のジョン・メレンキャンプからはとても想像できないですね。

早々にレコード会社を移籍していますが、ジョニー・クーガー時代はヒット曲に恵まれていません。
ジョン・クーガー

ジョン・クーガー

1979年リリース

【収録曲】
1. ア・リトル・ナイト・ダンシン
2. スモール・パラダイス
3. マイアミ
4. グレイト・ミッドウェスト
5. ドゥ・ユー・シンク・ザッツ・フェア
6. アイ・ニード・ア・ラヴァー
7. ウェルカム・トゥ・チャイナタウン
8. シュガー・マリー
9. プレイ・フォー・ミー
10. タクシー・ダンサー
1979年に発売された4枚目のアルバムですが、本作よりジョン・クーガー名義となります。
ジョニー・クーガー名義だった前作「バイオグラフィ」から「アイ・ニード・ア・ラヴァー」を収録しており、アメリカとオーストラリアでヒットしました。また、「タクシー・ダンサー」もリメイクして収録されています。

JOHN COUGAR- 1979 - "I Need A Lover"

まだ、この頃は骨太のロックンロールというより、どっちかというと甘く切ない感じがただよっているメロディの曲が多いですね。ピアノが結構使われているせいかもしれません。ギターによる長いイントロが印象的なM6がヒットしました。M7の途中のピアノのメロディが結構好きです。(口笛も...)ラストのM10は泣けます。
ジョン・クーガーの5枚目のアルバム「夜を見つめて」は1980年の発売です。このアルバムからは「夜が泣いている」と「恋のともしび」の2曲がヒットしたことで、本作もプラチナ・ディスクを獲得しています。
アルバムの目玉はやはり「夜が泣いている」でしょうね。いつ聴いても胸が熱くなる素晴らしい曲です。
夜を見つめて

夜を見つめて

1980年リリース

【収録曲】
1. 冷たい街の熱い夜
2. 夜が泣いている
3. ドント・ミスアンダースタンド・ミー
4. 恋のともしび
5. メイク・ミー・フィール
6. トゥ・M.G.
7. トゥナイト
8. クライ・ベイビー
9. ワイルド・エンジェル
10. ペパーミント・ツイスト
11. チープ・ショット

John Mellencamp - Ain't even done with the night

夜が泣いている
ジョン・クーガーを代表する初の全米1位となったヒット曲「ジャック&ダイアン」と「青春の傷あと」を収録した1982年発売のアルバム「アメリカン・フール 」です。

とても気持ちよく聴くことが出来るロック・アルバムで、ヘビーでルーズでジャムセッション的な演奏だけがアメリカンロックではないことを声高らかに歌っています。

それにしても「ジャック&ダイアン」は素晴らしいです。どこにでもいるような田舎の若いカップルの歌ですが、胸が熱くなります。
都会に憧れ生まれ故郷を出ていこうとする男と、都会には何もないと故郷に留まろうとする女の物語。日本でいえば「木綿のハンカチーフ」のような感じですね。

当然のようにアルバムも大ヒットしましたが、ジョン・クーガー名義では最後のアルバムとなりました。
アメリカン・フール

アメリカン・フール

1982年リリース

【収録曲】
1. 青春の傷あと
2. ジャック&ダイアン
3. ハンド・トゥ・ホ-ルド・オン・トゥ
4. デンジャー・リスト
5. キャン・ユー・テイク・イット
6. 心のときめき
7. チャイナ・ガール
8. クロース・イナフ
9. ウィーケスト・モーメンツ
80年代のロックシーンを知る方なら、絶対に外せないのがこのアルバムでしょう。ブルース・スプリングスティーンと人気を二分していた頃の代表作であり、難しい事は抜きにして明るく元気なアメリカンロックを楽しみたいという方には最高でしょう。

John Mellencamp - Jack & Diane

ジャック&ダイアン
そして、もう一曲。どこかで聞いたことがあるようなギター・リフが軽快で印象的な「青春の傷あと」です。だからこそ大ヒットしたのでしょうね。

John Mellencamp - Hurts So Good

青春の傷あと

John Cougar Mellencamp

ジョン・クーガー・メレンキャンプと改名して初となる1983年に発売されたアルバム「天使か悪魔か」です。この時期は飛ぶ鳥を落とす勢いと言いますか、乗りに乗っておりシングル・カットされた「クランブリン・ダウン」(全米9位)、「ピンク・ハウス」(全米8位)同様にアルバムも大ヒットしました。
本作を代表作としているファン多数。

「1980年代の偉大な100枚」の32位にローリング・ストーン誌はこのアルバムを選出しています。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『SCARECROW(スケアクロウ)』幻想的な和製メロディーを奏でるヴィジアル系ロックバンド!!

『SCARECROW(スケアクロウ)』幻想的な和製メロディーを奏でるヴィジアル系ロックバンド!!

ボーカルの切なく響き渡る歌声にバックサウンドの存在感が凄いバンドでした。出したアルバムは1枚でしたが、すべての曲において完成度が高く、最後までファンを魅了しました。
星ゾラ | 3,156 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト