1992年CMランキング上位のタレントを振り返ってみた
2018年7月31日 更新

1992年CMランキング上位のタレントを振り返ってみた

スーパーマリオカートやG-SHOCKがブームになり、毛利衛がスペースシャトルで宇宙に飛び立った1992年。この年も個性豊かなテレビCMが多数放送され、その中には、何本ものCMに起用されている人気のタレントが存在しています。

1,114 view

男性タレント部門・第3位(5社)…蛭子能収

1987年、『笑っていいとも!』への出演を機に、本人が「アルバイト」と称するタレントとしての仕事が増えていった蛭子さん。1992年時点での年齢は44歳。前年CM契約社数ランキング・男性部門1位の加勢大周や、前々年1位のとんねるずらと同率3位に入っていたという事実が、当時における彼の勢いを物語っています。

1992 CM さくらや 歳末大バーゲン 蛭子能収さんほか 15sec.

男性タレント部門・第3位(5社)…ダウンタウン

前年の1991年に『ごっつええ感じ』が始まり、この当時にはすっかり全国区のお笑い芸人になっていたダウンタウン。彼らが出演した初期の代表的なCMといえば、イメージキャラクターをつとめた「ampm」がお馴染みですが、1992年には、加勢大周と共演(?)したロッテ・フレッシュのCMでも話題を呼びました。

ダウンタウン & 加勢大周  CM   LOTTE / Fresh

男性タレント部門・第3位(5社)…内山信二

内山くんといえば、『あっぱれさんま大先生』の生徒役として有名。同番組への出演で一躍人気者となった彼は、わずか10歳にしてCMランキング3位にランクインします。ピザーラのCMでは、『さんま大先生』の同じ生徒役・有田気恵と共演していました。

内山信二&有田気恵 - ピザーラ

女性タレント部門・第3位(7社)…中村あずさ

中村あずさは、『あぶない刑事』や『青春家族』などのテレビドラマで活躍した元女優。端正なルックスと抜群のスタイルを併せ持つ清楚系女優として人気を博しましたが、1998年に、実業家との結婚を機に芸能界を引退しています。1992年は、KEIRINやユニチャーム、オリコグループなど計7社のCMに出演しています。

オリコグループ CM 【中村あずさ】 1992 (b)

女性タレント部門・第3位(7社)…沢口靖子

1992年時点での沢口靖子は26歳。今やすっかり『科捜研の女』のイメージが強い彼女は、当時からさまざまなドラマに主演起用される売れっ子女優でした。

そんな沢口の出演CMで有名なものといえば、金鳥の「タンスにゴンゴン」シリーズ。ひな人形・パンクロッカー・田中眞紀子風の政治家など、多彩なコスプレでコミカルな演技をして話題を呼びましたが、この年のCMは、まだお笑い路線に行く前のシンプルな内容のものがほとんど。

沢口靖子 CM  タイガー魔法瓶 / サハラ  (1992)

男性タレント部門・第2位(6社)…高嶋政伸

高嶋政伸は、1990年のCM契約社数ランキングでは第4位(5社)、1991年も同じく第4位(5社)と安定した成績を残してきました。大学時代に自主映画制作で負った借金を父へ返すべく俳優となり、デビュー2年後に主演した『HOTEL』(1990年放送開始)でブレイクしたのは、あまりにも出来過ぎた話。同時期にCM出演も増やしていき、1992年には織田裕二と並び、男性部門の第2位に輝くまでに至ったのでした。
高嶋政伸

高嶋政伸

この年には、当時普及し始めていたテレビデオのCMにも出演。それにしても、14型で13万3000円とは、なかなかいいお値段です。

CM パナソニック テレビデオ 高嶋政伸

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
「トヨタ×GM」も短命に終わった、所さんのCMも懐かしいトヨタ・キャバリエ。

「トヨタ×GM」も短命に終わった、所さんのCMも懐かしいトヨタ・キャバリエ。

「楽ち~んキャバリエ~♪」など、所ジョージのキャラクターがが前面に打ち出されたトヨタ・キャバリエ。個性的なネーミングもさることながら、トヨタとGM(ゼネラルモーターズ)が組んだことも話題となりました。およそ5年と短命に終わったトヨタ・キャバリエについて。
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
TV「たけし・所のドラキュラが狙ってる」嘘発見器の企画で、たけしが当時交際の噂があった宮沢りえの写真集で反応した

TV「たけし・所のドラキュラが狙ってる」嘘発見器の企画で、たけしが当時交際の噂があった宮沢りえの写真集で反応した

1992年4月19日から始まったバラエティー番組「たけし・所のドラキュラが狙ってる」は、芸能人を嘘発見機にかけたコーナーが名物になりました。思わぬ質問で、嘘発見機が異常な反応をみせるので、多くの人が驚かされました。
星ゾラ | 5,713 view
角川映画祭で三田佳子が舞台挨拶!薬師丸ひろ子主演「Wの悲劇」の撮影当時を振り返った!

角川映画祭で三田佳子が舞台挨拶!薬師丸ひろ子主演「Wの悲劇」の撮影当時を振り返った!

女優の三田佳子が31日、角川映画祭を開催中の角川シネマ新宿で、1984年の出演映画「Wの悲劇」の上映後に澤井信一郎監督と共に舞台挨拶を行った。三田は主演の薬師丸ひろ子についても、ブロマイドを渡されたエピソードを披露し、好意的なコメントをした。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト