青春映画「の・ようなもの」 落語家が主役のとぼけたユーモアに溢れた世界へご案内します!
2017年1月30日 更新

青春映画「の・ようなもの」 落語家が主役のとぼけたユーモアに溢れた世界へご案内します!

1981年公開の日本映画。森田芳光監督の35mmフィルム初監督作品。制作スタッフが「新しい笑いとニュアンス」に挑戦した異色の青春コメディ映画です。

2,392 view

不思議な青春コメディ 「の・ようなもの」

『の・ようなもの』は、1981年の日本映画。落語の世界を題材にして、コメディの要素を取り入れた青春群像映画。
 (1604208)

映画DVD
監督・脚本:森田芳光。出演:秋吉久美子、伊藤克信、尾藤イサオ、でんでん、小林まさひろ、大野貴保、麻生えりかほか。森田芳光の初監督作。

あらすじ

 (1604254)

ソープ嬢のエリザベス(秋吉久美子・左)と二つ目の落語家志ん魚(しんとと)(伊藤克信・右)
古典落語の修業に励む二ツ目の落語家、志ん魚は23歳の誕生日、初めてソープランドに行く。
そこで出会ったソープ嬢エリザベスと惹かれあい、デートを重ねるようになる。
そんなある日、志ん魚は女子高の落研からコーチの依頼を受けた。
そして部員の一人、由美とのデートにこぎつけたが、由美の父親の前で一席噺をしたところ、ちっとも面白くないと言われ、大いに傷ついてしまう。
その頃、先輩の落語家志ん米の真打ち昇進が決まる。
先輩の昇進を喜ぶと同時に取り残されたような気持ちの志ん魚は、その夜仲間と将来の夢を語り合うのであった・・・。

尾藤イサオの歌声が絶妙な予告映像

【予告】の・ようなもの - YouTube

「ボタンダウンの似合うスタッフが新しい笑いとニュアンスの映画を作りました。」
※予告内より抜粋

鑑賞者レビュー

淡々とした日常が描かれた作品

衝撃的な事件も情熱的なロマンスもなく、若手落語家の日常を淡々と描くだけなんですが、主演の伊藤克信さんをはじめとするキャラクターがみな魅力的で、何度も観たくなります。
 (1604294)

栃木訛りのしんとと
この訛りが、より純朴さを印象付けました。
出典 ameblo.jp

絶妙な会話の間

なんだこれは?と思ったのが会話の奇妙さ。テクノ少年らしい志ん菜とその姉(狙いすましたような美女)がデザートやサラダを食べながら会話していると、きまって志ん菜が姉の首すじに「キスマークがついてるよ」と指摘するのだ。

べつにただこれだけのシーンが妙にヘンテコに感じる、面白いことを言っているわけではないのに妙に可笑しい。おそらく会話の間やセリフの唐突さが新しかったのだろう
 (1604526)

サラダを食べる姉と弟。
たわいもない音楽の話などをする。

タイトル「の・ようなもの」の意図

不思議な映画で、特になにも言っていない。日常会話にちょっと捻りを効かせた程度のシナリオ。

でもそれが狙いだったことは明白。タイトルから主語を外しているのは、そこに明確な形を持たないものを入れる為だと思う。
たとえば本作の製作年度。「1981年の・ようなもの」と言われ、当時を思い浮かべると、なんとなく頷ける。
あるいは「青春の・ようなもの」とか。高度成長が終わりを告げ、80年代に入った初頭の空気感の・ようなものは伝えていると思う。
森田芳光監督は、本作で監督を務めるまで8mmフィルムで自主制作を撮っていました。
ぴあフィルムフェスティバル入選作品「ライブイン茅ヶ崎」では、ごく普通の若者たちを、ごく普通に描いた特に大きな事件も起こらない不思議な映画を制作しています。

本作での何気ない台詞も、若者の「普段使い」の言葉なので、よりリアリティを感じます。

独特な人間模様が描かれた本作。
その原点はそうした過去の作品制作によって培われたのかも知れませんね!
 (1604248)

8ミリ映画「ライブイン茅ヶ崎」のチラシ

イラストは漫画「AKIRA」の大友克洋でした!
まだ「AKIRA」の連載が始まる前ですね。凄い・・・。
出典 ameblo.jp
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 294 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,971 view
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
ラブコメ傑作漫画の劇場版「ツルモク独身寮」 主人公・正太の揺れる想いに観ているこっちもハラハラドキドキさせられました!

ラブコメ傑作漫画の劇場版「ツルモク独身寮」 主人公・正太の揺れる想いに観ているこっちもハラハラドキドキさせられました!

1988年からビックコミックスピリッツで連載された同名漫画の映画化。1991年公開。主人公・宮川 正太役に男闘呼組・前田耕陽がキャスティングされ、ハマり役と評されました。
ひで語録 | 9,026 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト