3人に1人が100万円以上の支出も!浪人生の塾・予備校費用に関するアンケート調査が実施される!!
2023年11月19日 更新

3人に1人が100万円以上の支出も!浪人生の塾・予備校費用に関するアンケート調査が実施される!!

じゅけラボ予備校が、現在大学受験のための予備校または塾に通学させている、または通学させた事がある浪人経験の子を持つ保護者300人を対象に、大学受験の予備校や塾の費用に関する実態調査を実施しました。

39 view

浪人生の塾・予備校費用に関するアンケート調査が実施される!

じゅけラボ予備校が、現在大学受験のための予備校または塾に通学させている、または通学させた事がある浪人経験の子を持つ保護者300人を対象に、大学受験の予備校や塾の費用に関する実態調査を実施しました。
 (2555763)

調査概要

調査概要:浪人生の塾・予備校費用に関するアンケート
調査期間:2023/9/25~2023/9/27
調査方法:インターネット調査
有効回答:事前調査で「子どもが浪人生で塾・予備校に通っている(通っていた)」と回答した保護者300人

浪人生の月額教育費、多くの保護者が5万円以上10万円未満の支出。しかし、驚くべきは3割以上の保護者が「月額不明」と回答

 (2555767)

2万円未満:2.7%
2万円以上3万円未満:7.3%
3万円以上5万円未満:12.7%
5万円以上7万円未満:15.7%
7万円以上10万円未満 :15.7%
10万円以上:7.3%
わからない:35.3%
答えたくない:3.3%

アンケート結果から、「5万円以上7万円未満」を支出している保護者が15.7%(47人)、また「7万円以上10万円未満」も15.7%(47人)という結果が出ています。これは、多くの予備校や塾の平均的な価格帯がこの範囲にあることを示唆しており、この価格帯が多くの家庭にとっての選好となっている可能性が高いと思われます。

塾・予備校の月額費用が「不明」と回答する保護者が3割以上

 (2555770)

アンケートの結果、「月の教育費用についてわからない」と回答した保護者が106人、割合で言うと35.3%となっており、この数字の高さが注目されます。このことから、予備校や大学受験の塾からの情報提供が不足していたり、費用の内訳が複雑で理解しづらかったりする可能性が考えられます。この事から予備校や塾は、費用の透明性を高め、よりわかりやすい情報提供を行う必要があると言えます。

浪人生の年間教育費、約3人に1人が100万円以上の高額支出

続いて実施した浪人生の保護者を対象とした1年間でかかる年間の塾・予備校費用に関するアンケート調査の結果、年間の総費用(季節講習や特別講習代含む)に関しても新たな事実が判明しました。
 (2555775)

30万円未満:5.3%
30万円以上50万円未満:8.0%
50万円以上70万円未満:9.0%
70万円以上100万円未満:18.0%
100万円以上150万円未満:23.3%
150万円以上200万円未満:6.0%
200万円以上:3.3%
わからない:24.7%
答えたくない:2.3%

アンケート結果から、「100万円以上150万円未満」を支出している保護者がもっとも多く、23.3%(70人)、次に「70万円以上100万円未満」を支出している保護者が多く18.0%(54人)という結果になりました。100万円以上支出している浪人生の保護者は合計32.6%となり、まさに約3人に1人が100万円以上の年間教育費を支払っているという実態がわかりました。これにより、浪人生の教育に年間100万円以上を支出する保護者が比較的多いことが伺えます。高い教育の質を求めることや、合格を目指す難関大学に合わせた指導が必要となることが、このような高額な費用を背景としている可能性が考えられます。

一方で、約4分の1の保護者が「年間の費用がわからない」と回答。年間の総費用についての透明性が問われる。

 (2555778)

アンケートの結果、年間の総費用について「わからない」と回答した保護者が74人、割合で言うと24.7%となっています。年間での教育費用の総計は、各種の講習費や教材費、その他の付随する費用などが含まれるため、具体的な額が不明確になりがちであることが考えられます。予備校・塾関係者には、今よりも年間の総費用の内訳や計算方法を明示し、保護者にとっても理解しやすい情報提供が求められていることがわかります。

浪人生の教育費に対する保護者の満足度、4割以上が「普通」、一方で、約1/5が「不満」または「非常に不満」と感じている

浪人生の塾・予備校費用に関する調査を続けている中、保護者の費用に対する満足度に関する結果が明らかになりました。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1980年に発覚した大胆な集団裏口入学!「早稲田大学入試問題漏洩事件」とは?

1980年に発覚した大胆な集団裏口入学!「早稲田大学入試問題漏洩事件」とは?

古今東西行われている、難関校への不正入試・裏口入学。この記事では、1980年に発生した早稲田大学商学部における入試問題漏洩事件について特集したいと思います。
となりきんじょ | 12,440 view
進研ゼミ、学研・・・etc家庭用学習教材、なにやってた?

進研ゼミ、学研・・・etc家庭用学習教材、なにやってた?

小学生の頃、自宅で勉強する通信教材をやっていたという人も多いと思います。様々な種類がある家庭学習教材をまとめました。
saiko | 267 view
子育て世代&シニア世代が選ぶ「今年の漢字ランキング」が発表される!注目の第1位は!?

子育て世代&シニア世代が選ぶ「今年の漢字ランキング」が発表される!注目の第1位は!?

カラダノートが「ママ・パパが選ぶ今年の漢字と気になるニュース」「シニア世代が選ぶ今年の漢字」についてアンケート調査を実施しました。結果は以下の通り。
隣人速報 | 130 view
仕事・キャリアに「モヤモヤ」を抱える実態が浮き彫りに!就職氷河期世代の男性会社員を対象にしたホンネ調査が実施される!!

仕事・キャリアに「モヤモヤ」を抱える実態が浮き彫りに!就職氷河期世代の男性会社員を対象にしたホンネ調査が実施される!!

株式会社ラフティの代表・奥村哲次による著書『乗り越え力: 僕ががんから生還して年商1億円フリーランスになった理由』が2022年12月20日より全国の書店・ネット書店で発売されます。 本著の発売に伴い、多くの人々が抱える人生・キャリアにおける困難を明らかにすべく、就職氷河期世代(30代後半〜45歳)の男性会社員に対してホンネ調査が実施されました。
隣人速報 | 377 view
【35歳以上独身男性】結婚しても良いと思った瞬間「ある」が60%!それでも結婚しなかった理由とは!?

【35歳以上独身男性】結婚しても良いと思った瞬間「ある」が60%!それでも結婚しなかった理由とは!?

国内・国際結婚相談所サービスを提供するQ.E.D.パートナーズが、35歳以上の独身男性へ結婚に関する意識調査アンケートを実施しました。「結婚しても良い瞬間はあった?」「50歳未婚男性はどうして未婚だと思う?」をご紹介!
隣人速報 | 1,121 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト