スヌーピーの劇場公開された5本の映画を紹介します。きっと、あまりの可愛さに瞬殺されますよ。
2017年12月4日 更新

スヌーピーの劇場公開された5本の映画を紹介します。きっと、あまりの可愛さに瞬殺されますよ。

1969年に公開された「スヌーピーとチャーリー」をはじめ、スヌーピーには5本の劇場公開された映画があります。中でも70年代までに公開された4本の映画はノスタルチックな雰囲気が魅力的です。漫画やグッズとして見るスヌーピーとは一味も二味も違いますよ!

1,167 view

ピーナッツ

1950年からアメリカの漫画家チャールズ・モンロー・シュルツが書き始めた「ピーナッツ」。
主人公のチャーリー・ブラウンをはじめ、登場人物が皆活き活きとしており今なお世界中で大人気です。
チャールズ・M・シュルツ

チャールズ・M・シュルツ

生誕:1922年11月26日
死没:2000年2月12日
活動期間:1947年~1999年
この漫画に登場するビーグル犬がご存知スヌーピーですね。

日本では1967年に谷川俊太郎の翻訳で鶴書房から刊行された単行本が最初です。
ピーナッツ

ピーナッツ

ツルコミック 「GO!GO! スヌーピー 【20】」
表紙もオシャレ。いかにもアメリカンと言う感じで味がありますね。
ピーナッツブックス

ピーナッツブックス

谷川俊太郎の翻訳も素晴らしいのですが、原文が載っているところがアイデアです。

ただ、鶴書房は1979年に倒産してしまったこともあり、ピーナッツ・コミックをコンプリートするのはなかなか容易ではありません。

鶴書房からは1~60巻まで刊行され、61~86巻までは角川書店から出ています。、
その後はア ピーナッツブックス(1~26巻)やスヌーピー全集、新聞掲載時のものをまとめた物など様々な形で出ています。
そもそも鶴書房からのものは掲載年代がバラバラに収録されていますので、現在のところ年代順に全てのピーナッツを日本語で読むことは不可能かと思われます。
ピーナッツブックス PEANUTS BOOKS

ピーナッツブックス PEANUTS BOOKS

ツルコミック全60冊揃
世界中で愛され続けているピーナッツはアニメーションも多数制作されているのですが、劇場用の映画としては5本公開されています。

どれも楽しいものです。順にご紹介しますね!

A Boy named Charlie Brown

最初に制作されたのは1969年公開の「A Boy named Charlie Brown」。邦題は「スヌーピーとチャーリー」です。
スヌーピーとチャーリー

スヌーピーとチャーリー

失敗ばかりの心優しきチャーリー・ブラウン。そんなチャーリー・ブラウンが、校内の「スペリング大会」で優勝し全国大会に出場することになるというお話です。

A Boy Named Charlie Brown - Original Theatrical Trailer

スヌーピーとチャーリー
お馴染みの仲間たちが大活躍。これはもう無条件に楽しめます。今となってはこのノスタルジックなタッチがいい感じです。古いと言うよりもオシャレ。英語が分からなくても画面に流れているだけで雰囲気がでますよ。

Snoopy, Come Home

2本目は1972年に公開された「Snoopy, Come Home」、「スヌーピーの大冒険」です。邦題はその後。「スヌーピー・アドベンチャー」、「帰っておいで、スヌーピー」と変わっています。
スヌーピーの大冒険

スヌーピーの大冒険

パンフレット
ある日、スヌーピーのかつての飼い主だったライラが病気にかかっているという知らせが届きます。ウッドストックを伴ってスヌーピーはライラの元に向かうというお話です。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう はデビューしてからの5年間で、日本の音楽シーンを見事なほどに塗り替えてしまいます。それまでのフォークシンガーには成し得なかったポピュラリティを獲得し、アイドルのような存在となり、そして、大人社会にフォークは商売になると知らしめたのです。
obladioblada | 7,518 view
70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代前半のアルバート・ハモンドはそれはもう光り輝いていましたが、今ではあまり語られることがなくなったように思えます。しかし、彼が生み出した美しい曲は多くの人の心に今も残っているんです。若い世代がリスペクトしちゃってますからね。
obladioblada | 226 view
【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

数々の歌手を輩出したマンモスオーディション番組「スタ誕」から出てきた男性歌手、新沼謙治。その独特な雰囲気と特徴のある東北訛りでアイドルのような活躍で一躍トップスターとなった新沼謙治の全てを知りたい!
梅宮辰夫といえばプレイボーイで女を泣かす男の不良番長シリーズ。個性強すぎの歌がまた魅力。

梅宮辰夫といえばプレイボーイで女を泣かす男の不良番長シリーズ。個性強すぎの歌がまた魅力。

君は辰兄ぃの「不良番長」を知っているか?!そして、恐ろしいという言葉さえ浮かぶ辰兄ぃが歌う「番長シャロック」を知っているか?!ブルースもロックも数え唄も、全てを一瞬にして演歌に変えてしまう男、それが辰兄ぃこと梅宮辰夫だ!
obladioblada | 1,877 view
ウルトラ警備隊のアンヌ隊員「ひし美ゆり子」は、その後ヌードも辞さない大胆な演技を披露しています

ウルトラ警備隊のアンヌ隊員「ひし美ゆり子」は、その後ヌードも辞さない大胆な演技を披露しています

アンヌ隊員といえばウルトラ警備隊のマドンナ。笑顔が最高です。演じたのは ひし美ゆり子ですね。今なお人気の高いアンヌ隊員ですが、その後の ひし美ゆり子も素晴らしいのです。70年代はヌードも辞さない大胆な演技で私たちを楽しませてくれました。
obladioblada | 13,084 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト