大瀧詠一が他人提供した名曲特集「夢で逢えたら」「風立ちぬ」「うなずきマーチ」など
2017年11月21日 更新

大瀧詠一が他人提供した名曲特集「夢で逢えたら」「風立ちぬ」「うなずきマーチ」など

70年代前半は伝説のバンド「はっぴいえんど」のメンバーとして活躍し、70年代後半以降はソロ・アーティスト活動と共に、音楽プロデューサーとしても辣腕を振るった大瀧詠一。アイドルソングからお笑い芸人へのコミックソングまで、さまざまなタレントたちへ提供された、彼の製作楽曲を振り返っていきます。

1,230 view

夢で逢えたら(吉田美奈子)1978年

サーカス、桜田淳子、岩崎宏美、ラッツ&スター、キンモクセイなど…。いろんなミュージシャンがカバーし過ぎて、もはや誰の曲か分からなくなっている『夢で逢えたら』。もともとこの曲を最初に歌ったのは、歌手の吉田美奈子。もともと大瀧はアン・ルイスのために同曲を製作したのですが、彼女のキャラと合わずあえなくボツになったのだとか。そこで、当時「はっぴいえんど」周辺ミュージシャンと交流があった吉田に白羽の矢が立ったというわけです。
夢で逢えたら(吉田美奈子)

夢で逢えたら(吉田美奈子)

作詞&作曲:大瀧詠一

夢で逢えたら

薬師丸ひろ子バージョン 作詞・作曲 大瀧詠一

さらばシベリア鉄道(太田裕美) 1980年

『木綿のハンカチーフ』(1975年)のヒットで知られる太田裕美の19枚目のシングルが、この『さらばシベリア鉄道』です。『木綿の~』同様、松本隆が作詞をつとめた同曲は、もともと、大滝のアルバム『A LONG VACATION』収録予定だったものを「女言葉が気持ち悪いから」との理由で、担当ディレクターが同じだった太田が歌うことになったのだとか。しかし後に、セルフ・カバーされています。
さらばシベリア鉄道(太田裕美)

さらばシベリア鉄道(太田裕美)

作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一

さらばシベリア鉄道(太田裕美)

風立ちぬ(松田聖子) 1981年

山口百恵・三浦友和主演の実写映画で有名な小説『風たちぬ』。この物語をモチーフにした松田聖子の楽曲をリリースしたいという、ソニーのディレクター・若松宗雄の意向に沿い、またも松本隆とコンビを組んで制作した作品がこちらです。
風立ちぬ(松田聖子)

風立ちぬ(松田聖子)

作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一
風立ちぬ~ 今は秋~♪

この一撃必殺のキラーフレーズが、聖子の美声によって心地よく響き渡る同曲ですが、大瀧はレコーディングの際、なかなかOKを出さなかったといいます。「リズムは大体1時間くらいで録れるものだけど、2時間~2時間半くらいかかった」とはディレクター・若松の証言。音作りにあくなきこだわりを持つ大瀧が現場でタクトを振るったからこそ、この曲はいまもなお、聖子の代表曲であり、日本の秋を代表する名曲の一つに数えられ続けているのでしょう。

風立ちぬ(松田聖子)

うなずきマーチ(うなずきトリオ) 1982年

テレビに出演するのは大嫌いで、2013年に亡くなるまでほとんどテレビに出演してこなかった大瀧ですが、テレビを見るのは大好きだった模様。特に、1980年代後半~1990年代前半は、自宅にビデオが20台以上あり、それらが常時録音のために稼働していたというから尋常ではありません。

そんなテレビ好きで、ついでに笑いに関してもたいへんな興味を抱いていた大瀧は、おそらく『ひょうきん族』も定期視聴していたに違いなく、それゆえ、このビートきよし・松本竜介・島田洋八のユニット「うなずきトリオ」への楽曲製作依頼も、快諾したのでしょう。

うなずきマーチ(うなずきトリオ)

作詞&作曲&編曲:大瀧詠一

冬のリヴィエラ(森進一) 1982年

伝説のバンド「はっぴいえんど」での活躍により、日本語ロックの創始者としても誉れ高い大瀧と松本。そんなバリバリのJ‐POPミュージシャン2人の作曲×作詞により完成した楽曲『冬のリヴィエラ』が、「演歌歌手」森進一へ捧げられているのは、なんとも不思議。普段は、辛気臭くてタメまくり&こぶしきかせまくりな歌唱法を得意とする森ですが、ポップス風に仕上がった同曲をかろやかに歌いこなしています。ちなみに、リヴィエラとは、イタリア語で「海岸」の意味なのだとか。
冬のリヴィエラ(森進一)

冬のリヴィエラ(森進一)

作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一

冬のリヴィエラ(森進一)

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【週刊 20世紀Walker】特番! 「ただのアイドルとは違うのだよ!」S級、A級アイドル達のアナログレコードの世界!Vol6

【週刊 20世紀Walker】特番! 「ただのアイドルとは違うのだよ!」S級、A級アイドル達のアナログレコードの世界!Vol6

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

「実話ナックルズ極ベスト 平成の聖子ちゃんを探せグラビアオーディション」が現在開催中!グランプリに輝くと「ナックルズ極ベスト」の表紙を飾れます!参加するなら今しかない!!
隣人速報 | 15,179 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「'70'80'90 Best」シリーズ!今回の第四弾は怒涛の100曲!「'70'80'90 名曲Cover Song Best 永久保存版」です!そこで今回もプレイリストに収録した100曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。あんな曲やこんな人が「カバー」をしていたんだ!?と言う曲を懐かしみ、そして新鮮に感じて頂ければありがたいです!是非このラインアップをミドルエッジでご堪能ください。
 離婚歴がバツ3以上ある女性芸能人、3回結婚した女性有名人

離婚歴がバツ3以上ある女性芸能人、3回結婚した女性有名人

3回結婚して3回離婚した、バツ3以上の離婚歴がある芸能人。3度目の結婚!「再々婚」している芸能人のお相手や職業。子供の有無を調べてみました。2度あることは3度ある、 三度目の正直でお幸せに!
1970年。この年、フォークの神様“岡林信康”は、“はっぴいえんど”を従えてロックの王様になったのだ!

1970年。この年、フォークの神様“岡林信康”は、“はっぴいえんど”を従えてロックの王様になったのだ!

フォークの神様として祀り上げられることを嫌った岡林信康は、新たな道を模索することになります。結果、それは、はっぴいえんど をバックにしたエレクトリック化として結実します。1970年のことです。
obladioblada | 983 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト