サイモン&ガーファンクル解散から2人の充実したソロ活動、そして奇跡の再結成までをまとめてみました!
2017年7月18日 更新

サイモン&ガーファンクル解散から2人の充実したソロ活動、そして奇跡の再結成までをまとめてみました!

数々のヒット曲を世に送り出し、惜しまれながら1970年に解散してしまったサイモン&ガーファンクル。ポール・サイモンとアート・ガーファンクルはその後も素晴らしい活動を続けるのですが、2人は犬猿の仲となり別々の道を歩みます。解散から2人が5年後に奇跡の復活を遂げるまでをまとめました。

1,843 view

1970年

「サウンド・オブ・サイレンス 」や「スカボロー・フェア 」などのヒット曲で知られるサイモン&ガーファンクルは、1964年に結成し1970年に解散しました。
活動期間はわずか6年。その短い期間に多くのヒット曲を連発し、世界中の音楽ファンの心に永遠に残る存在となっています。
サイモン&ガーファンクル

サイモン&ガーファンクル

出身地:アメリカ合衆国・ニューヨーク
ジャンル:フォークロック、ポップ
活動期間:1964年 - 1970年
全世界で1,000万枚を超える売り上げとなり、グラミー賞の最優秀レコード賞・最優秀アルバム賞を受賞したアルバム「明日に架ける橋」。ポール・サイモンとアート・ガーファンクルの音楽に対する意見の違いが表面化してしまい解散してしまったことは残念でしたが、このことにより2人はそれぞれに素晴らしいアルバムを残すことになります。

1972年

サイモン&ガーファンクル解散後におけるポール・サイモンによる初のソロアルバムは、1972年に発表された「ポール・サイモン」です。
ポール・サイモンは、1965年に「 ポール・サイモン・ソングブック」というアルバムを発表していましたが、サイモン&ガーファンクルがブレイクする以前のことであり、長い間廃盤となっていたことで「ポール・サイモン」が実質的な初のそろ・アルバムと見なされていました。
ポール・サイモン

ポール・サイモン

収録曲

  1. 母と子の絆
  2. ダンカンの歌
  3. いつか別れが
  4. お体を大切に
  5. 休戦記念日
  6. 僕とフリオと校庭で
  7. 平和の流れる街
  8. パパ・ホーボー
  9. ホーボーズ・ブルース
10. パラノイア・ブルース
11. コングラチュレーション
サイモンのソロ作品の中でも最もバラエティに富んだサウンド・アプローチを聴かす1枚だ。初期レゲエのリズムを取り入れたジャマイカ録音の「母と子の絆」、ペルーのロス・インカスと共演した「ダンカンの歌」、ブラジルのパーカッション奏者、アイアート・モレイラ参加の「休戦記念日」「僕とフリオと校庭で」、そして、ステファン・グラッペリとパリで録音した「ホーボーズ・ブルース」と、S&G時代のイメージを払拭し、ソロ・アーティストとしてのポジションを確立しようとするサイモンの静かなる意欲を感じ取ることができる。
サイモン&ガーファンクルの人気をそのまま引き継ぐとうなかたちで、全米4位というヒットとなった「母と子の絆」。

"Mother and Child Reunion" PAUL SIMON 1972

母と子の絆
この曲で早くもレゲエを取り入れていますが、後にワールド・ミュージックに傾倒していくことになるポール・サイモンの音楽性の懐の深さが早くも見て取れますね。

1973年

ポール・サイモンは、1973年5月にアルバム「ひとりごと」を発表。
ひとりごと

ひとりごと

収録曲

1 僕のコダクローム
2 君のやさしさ
3 夢のマルディ・グラ
4 何かがうまく
5 君の天井は僕の床
6 アメリカの歌
7 素晴らしかったその日
8 落ちることを学びなさい
9 セント・ジュディーのほうき星
10 母からの愛のように
アルバムは全米2位と前作を上回る成功を収め、シングルカットされた「僕のコダクローム」や、「ラヴズ・ミー・ライク・ア・ロック」もヒットしました。

Paul Simon - Kodachrome (HQ)

僕のコダクローム
因みに特徴的なアルバムのデザインを担当したのはニューヨーク市のグラフィックデザイナー、ミルトン・グレイザ- です。
ミルトン・グレイザ- といえば、アイラブニューヨークのデザインが良く知られていますね。
アイラブニューヨーク

アイラブニューヨーク

され、アート・ガーファンクルもいよいよこの年から活動を再開します。日本ではポール・サイモンよりも人気が高かったアート・ガーファンクルですが、サイモン&ガーファンクルの楽曲のほとんどはポール・サイモンが作っていたこともあり、アート・ガーファンクルの活動を不安視する声は根強くありました。
その不安を見事に吹き飛ばしたのがファースト・ソロアルバム「天使の歌声」です。
天使の歌声

天使の歌声

収録曲

1. 青春の旅路
2. 悲しみのウィロー・ガーデン
3. 君に歌おう僕の歌
4. 老人
5. 木の葉は落ちて|魂は何処へ
6. 友に捧げる讃歌
7. ひとりぼっちのメリー
8. 天国への道
9. バーバラ・アレンの伝説
10. もうひとつの子守歌
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

彼女自慢でしょうか?!カップルでジャケットを飾っているアルバムを集めてみました!皆さん愛があふれてます。

彼女自慢でしょうか?!カップルでジャケットを飾っているアルバムを集めてみました!皆さん愛があふれてます。

愛が止まらないとでもいうのでしょうか?それとも単に自己顕示欲の現れでしょうか?彼女が出来ると、結婚するとパートナーを自身のアルバム・ジャケットに使うミュージシャンは後をたちません。愛の結晶ともいえる2ショットで収まっているカップル・ジャケットを集めてみましたよ。
obladioblada | 573 view
松本零士がPVを手掛けた世界的大ヒット曲、ダフト・パンクの『ワン・モア・タイム 』正体不明の二人組ユニット!

松本零士がPVを手掛けた世界的大ヒット曲、ダフト・パンクの『ワン・モア・タイム 』正体不明の二人組ユニット!

クラブやパーティーでガンガン流れまくってた『ワン・モア・タイム (One More Time)』。皆さん覚えてますか?グラミー賞まで受賞した彼らの功績を振り返ってみたいと思います(^^)/
つきねこ | 1,703 view
2000年までのグリーン・デイの名曲を振り返る

2000年までのグリーン・デイの名曲を振り返る

この記事では、グリーン・デイの名曲を振り返りたいと思います(^^)/ 比較的新しめの曲が多くなってしまいますが、間違いなく名曲なので、是非一度聴いてみてくださいね!
つきねこ | 842 view
【訃報】ローランドの創業者・梯郁太郎さんが死去。MIDI(ミディ)の開発でグラミー賞の技術賞を受賞

【訃報】ローランドの創業者・梯郁太郎さんが死去。MIDI(ミディ)の開発でグラミー賞の技術賞を受賞

世界的な電子楽器メーカー「ローランド」(静岡県浜松市)の創業者である梯郁太郎(かけはし・いくたろう)さんが亡くなっていたことが分かった。87歳だった。梯さんは「TR-808」などの革新的な電子楽器の開発に尽力した。
【グラミー賞】80年代に最優秀新人賞を受賞したアーティストの現在

【グラミー賞】80年代に最優秀新人賞を受賞したアーティストの現在

今年も、音楽業界において最も栄誉ある賞と言われているグラミー賞の季節がやってきました!中でも主要4部門は特に注目を集め、受賞したアーティストや作品のCDセールスが伸びるなど、大きな影響力があることで知られています。今回は、80年代に主要部門の一つである「最優秀新人賞」を受賞したアーティストたちを振り返ってみましょう!
Gaffa | 2,950 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト