巨人・西本聖。天下一品のシュートを武器に打者を打ち取りまくった負けず嫌いな大投手でした!
2019年2月7日 更新

巨人・西本聖。天下一品のシュートを武器に打者を打ち取りまくった負けず嫌いな大投手でした!

西本聖。長嶋監督も天下一品と認めるシュートを用いて、打者を内野ゴロに仕留めていました。巨人時代には江川とWエースの座として活躍。3冠王落合との名勝負もありました。

22,285 view
 (2082337)

巨人時代

お互いライバル心を剥き出しにしたブルペン

好対照な2人のライバル関係は語り草である。ともに巨人に在籍した9年のうち8年間、交互に開幕投手を務め、エースの座を競い合った。

 2人の関係を象徴するシーンがある。1979年、「地獄の伊東キャンプ」と呼ばれる秋季特別練習を行なったブルペンで、江川と西本が並んで投げることになった。西本が述懐する。

「たまたま2人が並んで、ブルペン捕手に向かって投げて。最初は別段変わらない普通の投球練習でした」

 しかし100球を超えても両者はやめようとしない。伊東の空に捕手が球を受ける乾いた音が響き続ける。
途中から明らかに「普通の練習」ではなくなっていた。西本が隣をチラチラ見る。江川は淡々と投げている。お互い「向こうが終わるまでやめない」と意地を張っていたのだ。

最後はブルペン捕手が立ち上がり、「いい加減にしろ」と怒って強制終了。2人とも300球以上に達していた。
「江川と西本」

「江川と西本」

もともと西本聖さんは、
ドラフト外から巨人に入り、
用具代などもすべてツケで、
給料袋は薄かったみたいです。

鳴り物入りで巨人に入った江川さんとは、
反対側にいる選手だったのです。
実際の西本と江川の関係は、一緒にストレッチをするなど良好だったそう。
あくまでもプロ選手としてのライバルでした。

テレビ番組 『20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説・・・光と影 封印された涙の理由』での対談

静岡・伊東スタジアム跡で再会し、あの当時の出来事に纏わる互いの思いを語り合う。

79年、江川氏入団に際しての西本氏の思い。

81年に起きた、沢村賞受賞を巡る両者の思い。

83年、伝説の日本シリーズvs西武戦における、互いのプライドに関して。

当時を知るファンにとって、懐かしい話がたくさん出てきたが、
対談の終わりの方で、西本氏が江川氏に今回のテーマの核心を突く質問をした。

「オレの事は、どう思ってたの?」

江川氏は躊躇うことなく、こう言った。

「真のライバルだったよ。お前がいなかったら、俺はとっくに手を抜いていた」


その言葉を聞いた途端、西本氏の目が潤む。
江川と西本

江川と西本

競い合う西本と江川を、より詳しく特集した記事

主なタイトルや表彰

タイトル

最多勝:1回 (1989年)
最高勝率:1回 (1989年) ※当時連盟表彰なし

表彰

沢村賞:1回 (1981年)
ゴールデングラブ賞:8回 (1979年 - 1985年、1989年)
日本シリーズMVP:1回 (1981年)
日本シリーズ敢闘賞:1回 (1983年)
月間MVP:2回 (1989年7月、1989年9月)
最優秀JCB・MEP賞:1回 (1989年)
カムバック賞 (1989年)
古き良き時代の大投手・西本聖。
現在のプロ野球では、少なくなった気持ちで投げる投手でした。
また、その勝気な性格がより西本聖をレベルアップさせたのでしょうね。

そして、良き人物との出会いにも恵まれた野球人生でした。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

甲子園未経験ながら巨人ドラフト1位・木田優夫 メジャーでも活躍し、セパを渡り歩いた息の長い投手でした

甲子園未経験ながら巨人ドラフト1位・木田優夫 メジャーでも活躍し、セパを渡り歩いた息の長い投手でした

投手・木田優夫。巨人にドラフト1位で入団し、先発や中継ぎ、抑えとして活躍しました。日本とメジャーの各球団に所属した彼の野球人生を追います。
ひで語録 | 3,941 view
浪商エース・牛島和彦 ドカベン香川と組み甲子園で活躍!ビッグマウスでも実力はピカイチだった!

浪商エース・牛島和彦 ドカベン香川と組み甲子園で活躍!ビッグマウスでも実力はピカイチだった!

牛島和彦(うしじま かずひこ)。大阪・浪商高校時代の春選抜甲子園で準優勝!プロ入り後も救援投手として多くのセーブを記録。数々の豪快な逸話も取り上げます!!
ひで語録 | 16,586 view
マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

ロッテの大投手、マサカリ投法の村田兆治。「サンデー兆治」や「昭和生まれの明治男」と呼ばれました。途中、フォークボールを習得後、更に成績を伸ばしました。最後までロッテで過ごし、完投にこだわりを持った大投手でした。
ひで語録 | 12,508 view
【木田勇】2013年の田中将大投手まで33年間現れなかった1シーズン22勝をルーキーイヤーにやってのけた投手。

【木田勇】2013年の田中将大投手まで33年間現れなかった1シーズン22勝をルーキーイヤーにやってのけた投手。

1980年の日本プロ野球を大いに沸かせた驚異の新人投手、木田勇。日本ハムに入団した彼はルーキーイヤーの1980年に22勝を挙げて史上初のルーキーイヤーに新人王&MVPに輝きました。22勝という勝利数は、その後2013年の田中将大投手まで33年間抜かれることがありませんでした。
青春の握り拳 | 7,524 view
あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

甲子園歴史館で導入されている「VR映像」に、このたび第3弾として「プロ野球リリーフカー体感VR」が登場!憧れのプロ野球選手になりきりたい親子は必見です!
隣人速報 | 393 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト