『はじめの一歩』ブライアン・ホークのモデル!ナジーム・ハメド
2017年7月14日 更新

『はじめの一歩』ブライアン・ホークのモデル!ナジーム・ハメド

ボクシング漫画『はじめの一歩』に登場した名悪役「ブライアン・ホーク」。変幻自在のファイトスタイルで異彩を放つこのキャラクターは、ナジーム・ハメドという実在のボクサーがモデルとなっています。漫画の元ネタになるだけあって、その戦い方はトリッキーの一言。しかしながらIBF・WBO・WBC世界フェザー級王者にも輝く実力者でもありました。そんな不世出の天才ボクサー、ナジーム・ハメドについて紹介していきます。

15,980 view

30年近く愛されるボクシング漫画の金字塔『はじめの一歩』

1989年より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している、森川ジョージ原作のボクシング漫画『はじめの一歩』。母子家庭のいじめられっ子の主人公・幕之内一歩が、ひょんなきっかけからプロボクサーを志し、競技者としても人としても成長していくという、ビルドゥングスロマン的物語は、多くの人を惹きつけてやみません。
はじめの一歩(1) (講談社コミックス)

はじめの一歩(1) (講談社コミックス)

ボクシングファンの愛読書でもある「はじめの一歩」

憎たらしくて、強い…“理想的な悪役”として人気のブライアン・ホーク

とりわけ本作における大きな魅力となっているのは、主人公たちの前に立ちはだかる個性豊かな対戦相手たち。中でも抜群の存在感で、鮮烈な印象を残している悪役ボクサーが、ブライアン・ホークです。

ニューヨークのスラム街出身で、人を殴るかセックスをしていないと落ち着かない制御不能の野生児。傲慢不遜で、礼儀知らず、試合前日の記者会見で「「日本の女たちを差し出せ!」と挑発するという、絵にかいたようなヒールキャラです。

主人公格の一人・鷹村守と繰り広げたジュニアミドル級のタイトルマッチは、長きに渡る『はじめの一歩』の歴史の中でも、屈指の名勝負として知られています。
ブライアン・ホーク

ブライアン・ホーク

悪役としてこれ以上ないほどキャラが立っていた

トリッキーなファイトスタイルには、モデルが存在した

そんなブライアン・ホークは、極度の練習嫌い。ほとんど、まともなトレーニングもしないまま、天性の喧嘩の才能だけで世界王者にまで上り詰めたという、『グラップラー刃牙』の花山薫ライクなキャラクターとして描かれています。野生児であるため、ファイティングスタイルはかなりトリッキー。

特に、相手のパンチを、ノーガードで上体を大きくスウェー・ディフェンスした体勢から、カウンターで反撃するという描写は、いかにも漫画的。「こんなのあり得ないだろ!」と言いたくなります。しかし、このボクシングスタイルにはモデルが存在するというのです。

モデルの名前は、ナジーム・ハメド。90年代に活躍したイギリス出身のプロボクサーです。
ブライアン・ホーク VS 鷹村守

ブライアン・ホーク VS 鷹村守

変幻自在のファイトスタイルで、タイトル獲得に挑戦する鷹村を苦しめた

37戦36勝31KO…圧倒的強さを誇っていたナジーム・ハメド

「クソがっ…!どっから手が出てくるか分からねぇ…!無茶苦茶な打ち方しやがって…!」

『はじめの一歩』の作中、ホークと戦った鷹村がこんな所感を吐露しています。おそらく、ナジーム・ハメドと対戦したボクサーたちも、同じようなことを思ったに違いありません。
ナジーム・ハメド

ナジーム・ハメド

腕をだらりと下げてガードをしない、ジャブを打たない、ジャンプしてパンチを打つ…。

いずれも、近代ボクシングにおいてタブーとされる戦い方です。こんなやり方、通常であれば、トレーナが許すはずありません。というか、試合に勝てません。ところが、ハメドはこのスタイルで勝ってしまうのです。それも、事もなげに、ひょうひょうと…。

積み上げた勝利の数は、37戦36勝(1敗)。しかも、164センチと小柄ながらパンチの威力は強烈で、キャリアにおけるKO率は、80%以上を誇っています。
ノーガードで相手のパンチを誘い込むハメド

ノーガードで相手のパンチを誘い込むハメド

出典 tofight.ru
しかし、抜群の反射神経と動体視力で躱されてしまう

しかし、抜群の反射神経と動体視力で躱されてしまう

軟体動物のような動きで相手を翻弄する

比類なき強さを誇ったハメドですが、先述のような変則的なファイトスタイルにより良識あるボクシングフリークから邪道扱いされ、多くの批判にさらされたものです。

しかし、そんな非難をあざ笑うかのように、試合中ダンスのような軽快なステップを踏み、ノーガードのまま薄ら笑いを浮かべながら対戦相手へ近づくハメド。対戦相手の強打も、軟体動物のようなスウェーバックでかわし、通常ならば体重が乗せられない体勢にも関わらず、強烈なカウンターパンチを的確に急所へ打ち込み、強敵たちをマットに沈めていきました。

そんな彼は「悪魔王子」「狂気のプリンス」などと呼ばれ、常にブーイングと歓声、両方が巻き起こったものです。
トリッキーなパフォーマンスが、対戦相手をイラつかせた。

トリッキーなパフォーマンスが、対戦相手をイラつかせた。

なお、その奇抜なファイトスタイルとは裏腹に、常日頃から努力を怠らない勤勉実直なタイプのファイターで、ブライアン・ホークとは真逆の人物像だったといいます。

須藤元気や山本"KID"徳郁も、ファイトスタイルを真似ていた

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

現在も連載中でミドルエッジ世代から圧倒的な人気を誇るボクシング漫画『はじめの一歩』。 今回の記事では、主人公・一歩のライバルであり、憧れの存在である宮田一郎が東洋太平洋タイトルに挑戦する試合について振り返っていきます。対戦相手でありながら紳士的な戦いぶりをみせるアーニーにも好感がもてる対戦です。
tsukumo2403 | 34 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

ミドルエッジ世代の青春といえるボクシング漫画『はじめの一歩』。今回は主人公・一歩の師匠といえる鴨川会長の若き日のエピソードを振り返っていきます。現代のボクシングでは絶対にありえないマッチメイクですが、だからこそ熱くなってしまい、惹き付けられる魅力があるように思えます。
tsukumo2403 | 877 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

現在でも根強い人気を誇るコミック『はじめの一歩』。これまで数々の激戦が描かれてきましたが、主人公・一歩が最も苦戦した試合といえば、沢村竜平との対決を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、幕ノ内一歩VS沢村竜平のデンプシーロール破り破り…について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 905 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

ミドルエッジ世代の青春の1ページと言っても過言ではない『はじめの一歩』。今回の記事では同キャラ対決といえる対決、幕ノ内一歩と島袋岩男の試合を振り返っていきたいと思います。海で育ってきたという境遇や、選手としてもクロスレンジでの打ち合いを得意とするファイタースタイルなど、似ている要素が多い両者の戦いぶりを見ていきましょう。
tsukumo2403 | 740 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

多くのミドルエッジ世代が胸を熱くしたであろう「はじめの一歩」。今回は、作中の数々の名試合の中でも、凡人同士の激戦を描いた青木VS今江戦に注目していきます。見逃せない展開や試合内容を振り返って、面白いポイントや感動をぜひ共有しましょう。
tsukumo2403 | 734 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト