1980年代のNHKの『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説)の歴代ヒロイン
2016年2月18日 更新

1980年代のNHKの『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説)の歴代ヒロイン

1980年代のNHKの連続テレビ小説は、おしんの最高視聴率62.9%をはじめ40%や50%以上が当たり前で、今では考えられないくらいドラマ高視聴率時代でした。1980年代の「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子から、「おしん」少女編(第1回~第36回)(第1部)谷村しん(田倉しん)役:小林綾子や「澪つくし」(1985年4月1日) 古川かをる役:沢口靖子、「和っこの金メダル」(1989年10月2日から1990年3月31日) 秋津和子役:渡辺梓まで、19作品のヒロインを振り返ってみましょう。朝の連続テレビ小説はフレッシュな新人女優の登竜門的な役割や大女優となるブレイクのきっかけを果たしていました。

32,557 view
「いちばん太鼓」 三田寛子

「いちばん太鼓」 三田寛子

三田 寛子(みた ひろこ、1966年1月27日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。本名:中村敦子(旧姓・稲垣)。血液型はB型。身長160cm。趣味は、日本画・かな書・書道・茶道・お菓子作り。夫は歌舞伎俳優・三代目中村橋之助。デビュー当時はスターダストプロモーションに所属、現在はプントリネア所属。
「いちばん太鼓」 藤木葉子役:藤真利子

「いちばん太鼓」 藤木葉子役:藤真利子

NHK連続テレビ小説「はね駒」(1986年4月7日) 橘りん役:斉藤由貴 平均視聴率は41.7%、最高視聴率は49.7%

NHK朝の連続テレビ小説第36作「はね駒」(1986年...

NHK朝の連続テレビ小説第36作「はね駒」(1986年4月7日) 橘りん役:斉藤由貴

『はね駒』(はねこんま)は、1986年(昭和61年)4月7日から10月4日まで放送されたNHK朝の連続テレビ小説第36作である。

明治 - 大正に活躍した女性新聞記者の半生を描いたテレビドラマである。前年にデビューし、当時アイドルとして人気絶頂であった斉藤由貴が主演したことでも話題になった。

ストーリーには、肉親の死や戦争(日露戦争)なども織り込まれていたが、全体として、軽快なタッチで展開された。一方でオープニングテーマは重厚で重々しい曲調である。

1986年の平均視聴率は41.7%、最高視聴率は49.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。全156回。

主人公のモデルは、都市社会学者磯村英一の母で、女性新聞記者の草分けと言われた磯村春子(1877年3月16日 - 1918年1月31日)。
総集編のVHSは発売されているが、DVD化や完全版ソフトの発売、NHKオンデマンドでの配信は行われていない。
(出典:Wikipedia「はね駒」)
出典 ameblo.jp
「はね駒」 橘りん役:斉藤由貴

「はね駒」 橘りん役:斉藤由貴

父方の祖父母、両親、兄、妹と暮らしていたりんには、親の決めた許婚がいたが、仙台の東北女学校に進みもっと勉強をしたいと考えていた。許婚との結婚を自ら破談にしてしまい、父親に一度は勘当されながらも、女学校の試験に合格、給費生として寄宿生活を送ることになる。

当初は成績不振で給付打ち切りの危機にも直面するが、苦学して優秀な成績で卒業したりんは女学校の教師となる。その後、妹の死をきっかけに家族と共に上京、女学校時代に知り合った小野寺源造と結婚する。

子供も生まれ幸せな生活が続くかと思われた矢先、源造が商売に失敗し、借金漬けの毎日が続く。働くことを決意したりんは、新聞社の見習記者として働き始め、持ち前の情熱と行動力で、女性ならではの視点から書いた記事が評価されるようになる。

仕事と家庭の両立に悩みながらも、第一線で活躍する記者として成長していく。
「はね駒」 橘りん役:斉藤由貴

「はね駒」 橘りん役:斉藤由貴

前年にデビューし、当時アイドルとして人気絶頂であった斉藤由貴が主演したことでも話題になった。
「はね駒」 橘りん役:斉藤由貴

「はね駒」 橘りん役:斉藤由貴

斉藤由貴

斉藤由貴

斉藤 由貴(さいとう ゆき、1966年9月10日 - )は、日本の女優、歌手、ナレーターである。本名、小井 由貴(いさらい ゆき) 旧姓、斉藤。
神奈川県出身。東宝芸能所属。血液型はB型。

1984年、 少年マガジン(講談社)第3回ミスマガジンでグランプリを獲得し、芸能界入り。10月、明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMでテレビ初登場。

1985年2月、「卒業」で歌手デビュー。同曲はオリコンで最高2位を記録し、約35万枚のヒットとなる。同年4月放送開始の『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演。また同年12月には初の主演映画『雪の断章 -情熱-』が公開された。

1986年、4月からNHK朝の連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを演じた。3月に発売した「悲しみよこんにちは」がヒットし約30万の売上を果たしこの曲で、12月に『第37回NHK紅白歌合戦』へ初出場、紅組キャプテンも務めた。
(出典:Wikipedia「斉藤由貴」)

NHK連続テレビ小説「都の風」(1986年10月6日) 竹田悠(吉野悠)役:加納みゆき 平均視聴率は39.3%、最高視聴率は44.9%

NHK連続テレビ小説第37作目「都の風」(1986年1...

NHK連続テレビ小説第37作目「都の風」(1986年10月6日) 長女:松原千明 次女:黒木瞳 三女:加納みゆき

『都の風』(みやこのかぜ)は、1986年10月6日-1987年4月4日まで放送されたNHK連続テレビ小説第37作目。

京都の老舗問屋に生まれたヒロインが家を飛び出し、夫の実家である奈良の旅館で働くことになる。さらに、戦後はファッションの世界に飛び込んで活躍する。
1986〜87年の平均視聴率は39.3%、最高視聴率は44.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。全150回。
(出典:Wikipedia「都の風」)
「都の風」(1986年10月6日) 竹田悠(吉野悠)役...

「都の風」(1986年10月6日) 竹田悠(吉野悠)役:加納みゆき 、松原千明

竹田(吉野)悠(本物語のヒロイン、竹田家三女、読み仮名は“はるか”):加納みゆき
波乱万丈で、何事にも立ち向かう少女。

竹田葵(長女):松原千明
自分の考えは必ず通す、少々頑固者の少女。

竹田桂(次女):黒木瞳
巴、静と並び、おしとやかで上品な少女。しかし思い込んだら一途で歯止めが利かなくなる。
「都の風」 竹田悠(吉野悠)役:加納みゆき

「都の風」 竹田悠(吉野悠)役:加納みゆき

「都の風」 竹田悠(吉野悠)役:加納みゆき

「都の風」 竹田悠(吉野悠)役:加納みゆき

出典 ex-img.com
「都の風」 松原千明と黒木瞳

「都の風」 松原千明と黒木瞳

「都の風」 松原千明

「都の風」 松原千明

NHK連続テレビ小説「チョッちゃん」(1987年4月6日) 北山蝶子役:古村比呂 平均視聴率は38.0%、最高視聴率は46.7%

NHK連続テレビ小説第38作目「チョッちゃん」 北山蝶...

NHK連続テレビ小説第38作目「チョッちゃん」 北山蝶子役:古村比呂

『チョッちゃん』は、1987年4月6日 - 10月3日に放送されたNHK連続テレビ小説第38作目である。
1987年の平均視聴率は38.0%、最高視聴率は46.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。全156回。

原作は、黒柳徹子の母・黒柳朝の自伝「チョッちゃんが行くわよ」。
劇中でたびたび登場した「…っしょ」(…でしょう)という北海道弁が流行語となり、くだけた言葉として全国的に定着している。
(出典:Wikipedia「チョッちゃん」)
「チョッちゃん」 北山蝶子役:古村比呂

「チョッちゃん」 北山蝶子役:古村比呂

北海道の大自然で自由奔放に育った少女・蝶子(古村比呂)が、進学した東京の音楽学校で天才バイオリニスト(世良公則)と出会い、結婚。戦時色が濃くなる中でも自由な精神を大切にし、困難に立ち向かう。
136 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

NHKの朝ドラでデビューした女優たち

NHKの朝ドラでデビューした女優たち

昭和の時代にNHKの朝ドラでデビューした女優、注目を集めたヒロインたちを懐かしい写真を交えながら紹介していく。
今年で40周年となる「ミスマガジン2022」のセミファイナルに16名が進出!歴代ミスマガジンのその後の活躍を振り返る!!

今年で40周年となる「ミスマガジン2022」のセミファイナルに16名が進出!歴代ミスマガジンのその後の活躍を振り返る!!

講談社より、「ミスマガジン2022」のセミファイナルに進出した16名が7月5日(火)に発表されました。
隣人速報 | 1,551 view
女優・水野真紀(51)が幼少期の貴重な写真を蔵出し!ミドル世代必携の“あの英単語帳”の写真も!!

女優・水野真紀(51)が幼少期の貴重な写真を蔵出し!ミドル世代必携の“あの英単語帳”の写真も!!

女優・水野真紀(51)がこのたび、自身のインスタグラムにて幼少期の貴重な写真を投稿し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 2,267 view
君島一郎の次男との結婚で話題となった!美容家・君島十和子(55)、すっぴん&夫婦2ショットを披露!!

君島一郎の次男との結婚で話題となった!美容家・君島十和子(55)、すっぴん&夫婦2ショットを披露!!

元女優・モデルで、現在は美容家として活躍する君島十和子(55)がこのたび、自身のインスタグラムにてノーメイクの“すっぴん”を公開し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 9,415 view
大場久美子が80年代に出演したサスペンスドラマ2作品がDVDとなって発売決定!最新ビキニ写真集も好評発売中!!

大場久美子が80年代に出演したサスペンスドラマ2作品がDVDとなって発売決定!最新ビキニ写真集も好評発売中!!

株式会社ベストフィールドより、女優・大場久美子が80年代後半に出演したサスペンスドラマ2作品を収録したDVD『大場久美子 ザ・サスペンス ー結婚前夜/細雪ー』の発売が決定しました。
隣人速報 | 5,287 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト