米倉利紀ベスト盤リリース記念♪インタビュー&動画コメント
2018年2月7日 更新

米倉利紀ベスト盤リリース記念♪インタビュー&動画コメント

1992年にデビュー、昨年で25周年を迎えた米倉利紀が超豪華ベストアルバム『besties』2作品をリリース。 そのリリースを記念して、メールインタビューを敢行。さらにミドルエッジ読者向けの動画コメントを頂戴しました。

4,092 view

超実力派シンガー、米倉利紀がミドルエッジに降臨。

1992年にデビュー、安定感抜群の歌声とクオリティの高い楽曲で多くのミュージシャンにも影響を与えた米倉利紀。
昨年で25周年を迎え、2月7日にベストアルバム『besties』2作品を発表する彼にメールインタビューを敢行。
さらにミドルエッジ読者向けの動画コメントを頂戴しました。
米倉利紀(よねくら としのり)

米倉利紀(よねくら としのり)

1972年10月21日生まれ、大阪府豊中市出身。
1992年、シングル 『未完のアンドロイド』でデビュー。

デビュー直後に単身渡米、ニューヨークをはじめとする主要都市と日本を往復する生活を送り、ブラックミュージックの影響を強く受けた音楽性でJポップとR&Bの橋渡しを成し遂げた。

中山美穂や広瀬香美、SMAP、和田アキ子、KinKi Kidsなど他アーティストへの楽曲提供も精力的におこなっており、2008年以降は音楽活動に加え、俳優として舞台やミュージカルにも多数出演している。

ミドルエッジ独占インタビュー

ベストアルバム『besties』についてはもちろん、懐かしい思い出や米倉さんのこだわりを聞いてみました♪
ミドルエッジ
編集部

昨年でデビュー25周年を迎えられました。おめでとうございます! デビューされた1992年当時の想い出を一つ教えて下さい。

米倉利紀

本当に自分のCDが全国のCDショップに並ぶのだろうかと、マネージャーさんと一緒にこっそりCDショップ巡りをした思い出があります。

ミドルエッジ
編集部

25年間は"あっという間"ではなく、"大変な道のり"だったと語られていますね。
同時期にデビューされた方で25年間も第一線で活動を続けられた方が少ないかもしれません。活動を続けるために、一番大事なことは何でしょうか?

米倉利紀

好きも嫌いも、いつも本気で挑むこと。
そして、常に目標や夢を上書きし続けること。

ミドルエッジ
編集部

今回のベストアルバムのタイトル『besties』は親友という意味合いで使われる言葉ですが、この言葉に決めた理由を教えて下さい。

米倉利紀

デビューからの25年を支えてくれた楽曲たちは、シンガー米倉利紀の大親友たちです。
楽しいことも、寂しいことも、嬉しいことも、悲しいことも全部隣でシェアしてきました。

ミドルエッジ
編集部

25年の活動の中でここがターニングポイントになったなと思う曲はありますか?
また、その理由を教えて下さい。

米倉利紀

「大丈夫っ!」です。
白血病でこの世を去った従姉妹に贈った一曲。
闘病生活中、僕がお見舞いに行くと病院の先生に怒られるほど大声で笑い合いました。
どんなに大変で苦しいときも、いつも僕を笑って励ましてくれた従姉妹。
一番大変だったのは従姉妹なのに、僕が元気をもらってたという。
その元気を「大丈夫っ!」を聞いてくださる皆さんとシェアしたいのです。

ミドルエッジ
編集部

曲が年代順になっているので、各時代が持っている曲の匂いやその変遷を楽しめます。
時代の流れや経験によって変えていったことも多いと思いますが、「これは変えたくない」と思っている点はございますか?

米倉利紀

「らしくいること」です。
どんな歌詞を歌っていても、どんな曲を歌っていても、必ず「米倉利紀らしさ」を大事に歌い続けてきました。
きっと、それが「声」の出所なんだと思います。
「本気の心」ですね。

ミドルエッジ
編集部

今回のベストアルバム『besties』は、とても豪華でside-aが41曲、side-b plusが68曲とボリューム満点ですね。
この中から特に思い入れのある楽曲について、3曲ピックアップするとしたらどの曲ですか?

米倉利紀

まず、最新の楽曲になりますが「愛おしい日々」。
この曲を書いたとき、この曲を引っ提げて全国を廻ったとき、僕の愛情を全部注ぎ込んだ人が側にいました。
今、愛する人は側にいなくなってしまいましたが、天と地がひっくり返っても、僕の心の中では永遠に「親友」です。

これが最後のチャンス!!っと本気で挑んでも、終わりがやってくる。
そして、また新たなチャンスがやってくる。
人生ってこの繰り返しなのでしょうか。
喜びと悲しみは表裏一体、「CHANCE」。
これからも大事に歌い続けます。

これから先、どんなに素晴らしい楽曲に出逢えても、どんなに素晴らしい楽曲を書けても、 「未完のアンドロイド」を超える楽曲は出てきません。
シンガー米倉利紀が誕生した大切な一曲です。

ミドルエッジ
編集部

1922年といえば、MD(ミニディスク)が登場した年でもあります。
レコード、カセットテープ、CD、MD、そしてインターネットによる音楽配信。
時代によって音楽との接し方がどんどん変わっていく一方で、近年はレコードやカセットテープが再注目されるような現象が起きています。
歌を届ける手段に対してのこだわりはございますか?

米倉利紀

音楽を聴く人が選ぶ時代だと思っています。
勿論、音への拘りを考えるといろいろな想いがありますが、僕はその人の耳に届く音楽よりも、心に届く音楽を作り続けたいので、聴き手の心に残る音楽であればどんな手段でも構わないと思っています。

ミドルエッジ
編集部

25年を振り返って、自身に対して褒めてあげたいこと、叱りたいことを一つずつ挙げて下さい。

48 件

関連する記事こんな記事も人気です♪

米倉利紀が23枚目のアルバム「analog」を発売!独占動画とインタビューをお届け!!

米倉利紀が23枚目のアルバム「analog」を発売!独占動画とインタビューをお届け!!

歌手・米倉利紀が、通算23枚目となるオリジナルアルバム「analog」を1月23日発売する。3月からは全国ツアーが開始。そんな多忙な時期に、ミドルエッジのメールインタビューに答えていただきました!さらに独占動画で貴重なコメントも頂戴しました!
初見健一「昭和こどもゴールデン映画劇場」刊行!昭和のオカルト関連の著書もご紹介!

初見健一「昭和こどもゴールデン映画劇場」刊行!昭和のオカルト関連の著書もご紹介!

昭和レトロ研究家の初見健一による「あのころの映画」に関するエッセイ風シネマガイド『昭和こどもゴールデン映画劇場』が、大空出版より現在好評発売中です。昭和のオカルトにも強い初見さんにノストラダムスについても伺いました!
カブキロックスが結成30周年!ギタリスト坂川美女丸にイカ天時代から現在までの活動について聞いてみた!

カブキロックスが結成30周年!ギタリスト坂川美女丸にイカ天時代から現在までの活動について聞いてみた!

「イカ天」でのブレイク以来、歌舞伎をモチーフとした奇抜なメイクで人気を博しているカブキロックス。今年で結成30周年を迎えました。ギタリスト坂川美女丸さんにイカ天時代から現在までの活動についてなど、インタビューしてみました!
阿久悠の長男・深田太郎がエッセイ『「歌だけが残る」と、あなたは言った――わが父、阿久悠』を刊行!

阿久悠の長男・深田太郎がエッセイ『「歌だけが残る」と、あなたは言った――わが父、阿久悠』を刊行!

偉大なる作詞家「阿久悠」。長男・深田太郎さんが、父親との思い出を綴ったエッセイ『「歌だけが残る」と、あなたは言った ――わが父、阿久悠』を刊行!発売を記念し、インタビューを行い、色々とお話を伺いました!
筋肉少女帯の「エディ」こと三柴理が30周年記念アルバムを発表!ミドルエッジ編集部が独占インタビューしてきました!

筋肉少女帯の「エディ」こと三柴理が30周年記念アルバムを発表!ミドルエッジ編集部が独占インタビューしてきました!

筋肉少女帯のピアニスト「エディ」こと三柴江戸蔵としてのデビュー以来、今年で30周年を迎える三柴理。記念アルバム「BEST of PIANISM」の発売にあたり、ミドルエッジ編集部のインタビューに応えていただきました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト