81年に『キッスは目にして!』が大ヒットしたザ・ヴィーナス
2017年9月29日 更新

81年に『キッスは目にして!』が大ヒットしたザ・ヴィーナス

1981年にヒットしたシングル『キッスは目にして!』。ベートーヴェンの「エリーゼのために」に、阿木燿子が日本語詞をつけたこの曲を演奏していたのが、『ザ・ヴィーナス』というバンドです。今回は、オールディーズ風アレンジを施した数々の楽曲を残していた彼らについて紹介していきたいと思います。

6,540 view

80年代オールディーズサウンドの旗手『ザ・ヴィーナス』

J‐POPの歴史は、洋楽のカバーから始まりました。戦後日本において、戦勝国・アメリカへの憧憬に根差して徐々に広まっていった洋楽模倣の文化は、60年代初頭、「カバーポップス」というカタチで花開き、弘田三枝子や中尾ミエなどの人気歌手を輩出します。そのカバーポップスの精製過程で生まれたのが和製ポップスであり、以降、さまざまな換骨奪胎を繰り返し、現代のJ‐POPへと至ったというわけです。

そんなカバーポップスブームをおよそ20年の時を経て再現するかのように、オールディーズサウンドによる多彩な楽曲を発表したバンド。それが今回紹介する『ザ・ヴィーナス』でした。
ザ・ヴィーナス

ザ・ヴィーナス

映画『アメリカン・グラフィティ』をきっかけに起こったオールディーズブーム

ザ・ヴィーナスの結成は、1974年のこと。奇しくもちょうど、ジョージ・ルーカスの青春映画『アメリカン・グラフィティ』が日本で公開したタイミングと重なります。
ベトナム戦争前の「楽しかった頃のアメリカ」を描いた同作では、さまざまなオールディーズが全編にわたって散りばめられていることでも有名。これをきっかけとしてアメリカではリバイバルブームが起こり、80年代初頭、日本もその熱にほだされて、オールディーズサウンドが一つの流行となったのです。
アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ

1980年からアメリカンオールディーズ専門のバンドとなった

このブームを受けて、1980年初頭にザ・ヴィーナスは、アメリカンオールディーズ専門のバンドへとシフト。これと同時に、アメリカン・トラディショナル・ブランド・VANの社員をコーディネーターに据え、ビジュアルイメージも刷新します。

なによりも変わったのは、メンバーの名前。それまでは、普通に漢字名でクレジットされていたところから、「阿部明美⇒CAROL」「中西隆士⇒JOHNNY」といったように、特に本名と共通点のないオールディーズ・アーティストの名前に変更したのです。
デビューシングルの『イブの匂い』

デビューシングルの『イブの匂い』

初期の頃はフォークシンガー風のビジュアルだった

1980年時点でのメンバー

CAROL(阿部明美・ヴォーカル)

CAROL(阿部明美・ヴォーカル)

芸名の元ネタと思われるミュージシャン⇒キャロル・キング。

キャロル・キング

キャロル・キング

アメリカの女性シンガーソングライター。1960年代に当時の夫・ジェリー・ゴフィンとソングライター・コンビを組み、数々の名曲を生み出しました。シルヴィ・ヴァルタンやカイリー・ミノーグがカバーしたことでもお馴染みの『ロコ・モーション』も、彼女とジェリーが手掛けた楽曲。
CONY(石川幸子・ヴォーカル)

CONY(石川幸子・ヴォーカル)

芸名の元ネタと思われるミュージシャン⇒コニー・フランシス

コニー・フランシス

コニー・フランシス

イタリア系アメリカ人の歌姫。1962年に発表した『ヴァケイション』は、日本でも知名度の高い洋楽のスタンダードナンバー。

1981年の『キッスは目にして!』が大ヒットする

彼ら最大のヒット曲が、1981年にリリースされた『キッスは目にして!』です。カネボウ秋のキャンペーン・イメージ・ソングになった同作は、ベートーヴェンの「エリーゼのために」をオールディーズ風にアレンジした楽曲。阿木燿子が作詞をつとめたこの曲は、全日本有線放送大賞・優秀スター賞を獲得しました。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
【なんとなく一発屋】流行った曲【1981年版】

【なんとなく一発屋】流行った曲【1981年版】

1981年。一番のヒットは寺尾聰の「ルビーの指環」 懐かしいヒット曲はたくさんありますが、その中でも”もしかして一発屋!?”と思うヒットを独断と偏見で選びました。
かけつけ3杯 | 2,328 view
「脱がせ屋」の異名をとる東陽一監督の、女性の美と性を美しく描き切った80年代までの名作

「脱がせ屋」の異名をとる東陽一監督の、女性の美と性を美しく描き切った80年代までの名作

森下愛子、関根恵子、田中裕子に黒木瞳。大原麗子までをも手に掛けようとした(オイオイ)東陽一監督。脱がせ屋の異名は伊達ではありません。しかも、ただ脱がせるだけではなく、エロいのに品があるという作風がたまりません。一世を風靡した女性の美と性を美しく描いた80年代までの名作がこれです。
obladioblada | 12,413 view
水割りをくださ~~~い!! 【堀江淳】の「メモリーグラス」を聴き直す(^^)/

水割りをくださ~~~い!! 【堀江淳】の「メモリーグラス」を聴き直す(^^)/

どうしても耳に残る"水割りをください"で有名な「メモリーグラス」ですが、実はご本人は水割りが苦手だとか(笑) 今回はそんな堀江淳さんを名曲「メモリーグラス」を中心に振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 276 view
1980年~81年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1980年~81年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1980年~81年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 9,013 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト