【ゴリラーマン】最高でしたよね(笑) 不良漫画というより僕にとっては青春の漫画でした!
2018年12月30日 更新

【ゴリラーマン】最高でしたよね(笑) 不良漫画というより僕にとっては青春の漫画でした!

ハロルド作石大先生のデビュー作であり、大ヒット漫画【ゴリラーマン】。めちゃくちゃ面白かったですよね(^^)/ 普段は寡黙なのに、喧嘩したらめちゃくちゃ強かったゴリラーマンには心底惚れてました!

2,675 view

2人のヒロイン

北村香織

ゴリラーマン(8) (ヤングマガジンコミックス) | ハロルド作石 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon (2072499)

この作品のメインヒロインだった香織ちゃんは、工藤静香さんがモデルでした。

まさにヒロインといった存在で、ゴリラーマンの理解者であった香織ちゃん。

作中の描写をみていると、明らかにゴリラーマンに好意を抱いているのがわかります。

途中、生徒会の話になった頃には、少し影が薄くなりましたが、やはり最後は香織ちゃんだなぁと思える締めくくりでした。

松田あおい

ゴリラーマンが生徒会長になった時の副会長で、香織ちゃんとは性格の違うタイプでした。

明るくて活発で積極的で、ゴリラーマンのサポートを賢明しており、実質あおいちゃんが生徒会長の役割を果たしていたと思われます。

ちなみに、この作品以降のハロルド先生の作品では、あおいちゃんがベースとなったと思われるヒロインが多く登場します。

未収録のはなし

実は単行本に収録されなかった回が存在しています。

どういう経緯で収録しなかったのかは判りませんが、その回では藤本のお母さんが自殺をしたという内容でした。

ゴリラーマンの作風で、少し重かった内容なので収録されなかったのかもしれません。

ゴリラーマンを読み返してみて

皆様はゴリラーマンを読みましたか?

ハロルド作石先生の若者の心理描写を絶妙に捉えてるあたりは、まさに名作と言って良いのではないかと思います。

青春時代にこの作品に熱中された方も、もう一度読み直してみてはいかがでしょうか?
きっと懐かしい思い出も同時に蘇ってくると思いますよ(^^)/
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 9,911 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,178 view
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト