アイドルとしては成功しなかったものの、それ以上に輝きを放っているバラドル四天王。
2019年2月16日 更新

アイドルとしては成功しなかったものの、それ以上に輝きを放っているバラドル四天王。

井森美幸、森口博子、山瀬まみ、松本明子。アイドルにはなれなかったものの、80年代のデビュー以来いまだに第一線で活躍しているバラドル四天王と呼ばれた4人。デビュー当時は皆可愛く、黙ってりゃ美人な人ばかりなんですよね。

11,313 view

バラドル四天王

バラエティーアイドル、略してバラドル。現在では死語となっているようですが、この言葉が誕生したのは1980年代の後半と言われています。
その先駆けとなったのは「おニャン子クラブ」でした。
おニャン子クラブ

おニャン子クラブ

セーラー服を脱がさないで
それまでのアイドルと言えば二枚目といいますか、正に正統派と呼ぶにふさわしいお姫様のような存在で、セリフも台本どうりにしかしゃべらないのが普通でした。
ところが、時代でしょう。お笑いの要素が求められるようになってきたんですね。
正統派のアイドル歌手を目指してデビューしたものの、ヒット曲に恵まれなかったのですがお笑いのセンスがあったアイドル崩れの女性たちが台頭しバラドルという新ジャンルが出来上がるのです。
中でも森口博子、井森美幸、山瀬まみ、松本明子の4人はバラドル四天王と呼ばれブレイクを果たすことになります。

森口博子

歌いたかった。歌手に憧れた。アイドルになりたかった。しかし、若くして夢破れた彼女たち。音楽業界は甘くない。それでも夢をあきらめたくはなかったのですね。
当時、アイドルと言えば音楽番組への出演が主だったのですが、バラエティ番組に活路を見出したわけです。
森口博子もその一人です。
森口博子

森口博子

生年月日:1968年6月13日
出身地:福岡県福岡市
血液型:A型
身長 / 体重:158 cm / 43 kg
デビュー:1985
デビューは1985年。デビュー曲「水の星へ愛をこめて」はアニメ「機動戦士Ζガンダム」のテーマ曲となり、オリコンで16位とまずまずの結果を残しています。
同期には、中山美穂、本田美奈子、斉藤由貴、南野陽子、浅香唯、大西結花と正統派アイドルが豊作の年だったんですね。井森美幸、松本典子とも同期というところがイタイ感じもしますが、いや、まさに豊作。だからこそ激戦となりバラドルへの道を歩むことになったのでしょうが。。。
森口博子

森口博子

水の星へ愛をこめて
今更ですが、バラドルとはいえ元々正統派のアイドルを目指していたのですから基本美形なんですよね。それでいてお笑いのセンスがあるわけですから、そりゃ最高でしょう。

いいなCM アサヒ江戸前 柳家小三治 森口博子

なんと言っても明るいというのがイイですよね。身近というか彼女にしたいという感覚、よく分かります。

井森美幸

井森美幸。これまた美人ですわ。最近では美魔女の仲間入りということで、またまた注目されています。アラフィフですからね。いや、美しい。スリーサイズは80-58-85のCカップと推定されているようです。身長が160ですから理想的ですね。
井森美幸

井森美幸

本名:同じ
生年月日:1968年10月26日
出生地:群馬県甘楽郡
身長:160 cm
血液型:A型
活動期間:1985年~現在
「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」というキャッチフレーズでデビューしたのが1985年。デビュー曲は「瞳の誓い」でした。
井森美幸

井森美幸

瞳の誓い
まだあどけないというか、なんか、ボーっとしてますね。まぁ、言ってみれば売れそうにない。しかし、そこは大手プロダクションのホリプロ。プッシュにプッシュしまくります。デビュー曲はライオンのCMとタイアップ。デビュー2年目にはテレビドラマ「遊びじゃないのよ、この恋は」の主役に大抜擢と大手芸能プロダクションの力を見せつけます。
それでも残念ながらアイドルとしては芽が出ることはありませんでした。が、明るいキャラクターが重宝されるんですね。

モンダミン CM【井森美幸】1992 アース製薬

「お口クチュクチュ、モンダミン」。こんなセリフも美人が言うとカワイイ。親しみやすい美人なんですね、バラドルってね。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80'sアイドル】実は美魔女?!スカウトキャラバンでグランプリを獲った井森美幸がアイドルだった頃

【80'sアイドル】実は美魔女?!スカウトキャラバンでグランプリを獲った井森美幸がアイドルだった頃

実は美魔女で老け込まないとうわさの井森美幸。バラエティータレントとして活躍中の元アイドル、井森美幸がアイドル歌手として活躍していた頃に焦点をあててみました!今ではけして見ることのできない可愛らしさ全開のアイドル歌手としての井森美幸をご堪能ください!
はんまのまま | 7,779 view
80年代以降活躍したバラドル達

80年代以降活躍したバラドル達

バラエティ番組を明るく!華やかに!盛り上げてきたバラドル達。
mygwymkc | 21,901 view
元祖バラドル、森口博子の苦労と栄光の歴史を振り返る

元祖バラドル、森口博子の苦労と栄光の歴史を振り返る

90年代、元祖バラエティアイドルとして一世を風靡し、芸能界でも独自のポジションを築き上げた森口博子。そんな彼女の活躍の裏側には、数多くの苦労と挫折がありました。そんな彼女の歴史を振り返ってみます。
t.yoshidati | 46,663 view
アイドルからバラドルへ!唯一無二の存在「森口博子」

アイドルからバラドルへ!唯一無二の存在「森口博子」

現在、美魔女としても再ブレイク中の森口博子。アイドル全盛期にデビューしながらも時代に翻弄されそのキャラクターでバラドルへと転身。歌手としての活躍とタレントとしての活躍にも注目したいと思います!
はんまのまま | 16,455 view
どれだけ覚えてる? 80年代アイドルのキャッチフレーズ 「ちょっとエッチな美新人娘」って?

どれだけ覚えてる? 80年代アイドルのキャッチフレーズ 「ちょっとエッチな美新人娘」って?

薬師丸ひろ子=「ひろ子という字何度ノートに書いたっけ」、松田聖子=「抱きしめたい!ミス・ソニー」…など、思わずツッコミを入れたくなるようなモノも含め、1980年代の女性アイドルには必ずといっていいほどキャッチフレーズがついていました。
Mr.Lonely | 19,012 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト