「デンジマン」「サイボーグ009」の歌手・成田賢が在籍していた!知る人ぞ知るバンド『ザ・ビーバーズ』とは?
2021年8月15日 更新

「デンジマン」「サイボーグ009」の歌手・成田賢が在籍していた!知る人ぞ知るバンド『ザ・ビーバーズ』とは?

「電子戦隊デンジマン」「サイボーグ009」の主題歌で知られる成田賢が、ソロとして活動する前に所属していたバンド「ザ・ビーバーズ」について書いてみたいと思います。

811 view

「デンジマン」の成田賢が在籍していた!知る人ぞ知るバンド「ザ・ビーバーズ」

ミドル世代なら誰もが知る特撮「電子戦隊デンジマン」およびテレビアニメ「サイボーグ009」。その主題歌を担当した歌手・成田賢の名前を覚えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、一般的にはソロシンガーとして知られている成田賢が、ソロとして活動する前に所属していたバンド「ザ・ビーバーズ」について書いてみたいと思います。
 (2296117)

1967年、「初恋の丘」でメジャーデビュー!

ザ・ビーバーズが結成されたのは1966年2月のこと。ドラマーの淡村悠紀夫が大阪と札幌でメンバーを募り、早瀬雅男(ボーカル)、成田賢(ボーカル、ハーモニカ)、荒川宏(ベース)、石間秀樹(リードギター)、平井正之(サイドギター)がそれに呼応、「ジ・アウトロウズ」というグループを結成しました。
 (2296101)

グループサウンズ(GS)全盛の時代に結成されたジ・アウトロウズ。当時、数百単位でGSのグループが存在したと言われている中、ジ・アウトロウズはTBS系列で放送されていた情報番組「ヤング720」への出演や、石間の独特なギターサウンドなどで頭角を現し、キングレコードとの契約にこぎつけました。そして、1967年7月にシングル「初恋の丘」でレコードデビューを飾ることとなります。なおデビューに先立ち、親しみやすい名前への変更を提案され「ザ・ビーバーズ」へと改名しています。
 (2296100)

セカンドシングルではかまやつひろしを起用!

デビューシングル「初恋の丘」ですが、成田賢と早瀬雅男のツインボーカル、そして石間秀樹による自己主張の強いサイケデリックなギターが評判となり、公称10万枚のヒットを記録。ザ・タイガース、ザ・テンプターズといったGSの頂点に君臨したバンドに次ぐ、人気GSの仲間入りを果たしました。そして1967年11月にはセカンドシングル「君なき世界」を発表。この楽曲は当時ザ・スパイダースで活躍していた、かまやつひろしが手掛けたもので、こちらもヒットを記録しました。1968年1月に発足したオリコンチャートでは、57位を記録しています。
 (2296102)

成田がミドルエッジ編集部に後年語ったところによれば、当時は昼と夜に別会場でそれぞれライブを行うなど、その人気に比例し非常に多忙なスケジュールを送っていた模様。また「君、好きだよ」「愛しのサンタマリア」など、新曲も続々と発表していました。
ザ・ビーバーズの頃はとにかくスケジュールが多忙でした。
昼間は銀座アシベで夜は横浜プリンス、昼夜電車で乗り継いで行ってそのまま演奏するような生活が1年半続いていましたから。楽屋でちょっと仮眠しただけで遊びに行ったりとか、生活はひどかったですね。

1969年に解散…メンバーのその後は?

多数のシングル、そしてアルバム「ビバ!ビーバーズ」を発表(当時はアルバム発売までこぎつけず解散するグループが後を絶ちませんでした)するなど一定の人気を誇り、時には“和製ヤードバーズ”と称されることもあったザ・ビーバーズ。しかし、1969年頃に起こったGSブームの急速な衰退により、1969年4月に解散することとなりました。ここでは、メンバーのその後について見ていきましょう。
 (2296134)

「ヤードバーズ」とは、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジといった世界的ギタリストを輩出したバンドで、レッド・ツェッペリンの母体となったグループです。

成田賢

ボーカルを務めた成田賢ですが、バンド活動・ソロ活動を経てスタジオシンガーへと転身。東ハト「キャラメルコーン」のCMなど、200曲を超えるCMソングを担当しました。そして、1979年にはテレビアニメ「サイボーグ009」の主題歌「誰がために」を担当し、さらに1980年には特撮「電子戦隊デンジマン」の主題歌「ああ電子戦隊デンジマン」を担当するなど、テレビ番組の主題歌へと活動の幅を広げました。しかし、1981年に起こったオートバイ事故により一旦歌手活動を引退することとなります。
 (2296111)

長期にわたり活動を休止していた成田ですが、2007年に歌手活動を再開。特撮「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の挿入歌を担当し、往年のファンを沸かせました。さらに、2012年にはかつて担当した「サイボーグ009」の主題歌「誰がために」をセルフカバー。2018年にはミドルエッジ編集部のインタビューに応えていただくなど、積極的な歌手活動を展開していたのですが、2018年11月に肺炎のため73歳で亡くなっています。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

T-BOLANがついに30周年!シングルベスト的なライブパフォーマンスをCSで披露!!

T-BOLANがついに30周年!シングルベスト的なライブパフォーマンスをCSで披露!!

CS放送ファミリー劇場で放送中の「ファミリー劇場 de ラグジュアリーLIVE」にて、T-BOLANのバンド史上初となるシングルベスト的なスペシャルプログラムパフォーマンスの放送が決定しました。
隣人速報 | 919 view
ロックは英語で歌うべき!?70年代に起こった「日本語ロック論争」とは?

ロックは英語で歌うべき!?70年代に起こった「日本語ロック論争」とは?

現代の日本のロックでは一般的になっている「日本語と英語が入り混じった歌詞」。一方で、1970年前後に「ロックは日本語で歌うべきか、英語で歌うべきか」が真剣に論じられていたのを皆さんご存知でしょうか?
0課の女、女番長、温泉スッポン芸者…70年代に活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作のサントラが登場!!

0課の女、女番長、温泉スッポン芸者…70年代に活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作のサントラが登場!!

SOLIDより、70年代に東映映画で活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作品の音源を集めたサウンドトラック『0課の女 赤い手錠 [名盤1000円]』の発売が決定しました。
隣人速報 | 4,057 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 440 view
元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

60年代後半のグループサウンズを代表するバンドのひとつ「ザ・ゴールデン・カップス」でドラマー兼ボーカルを務めたマモル・マヌー(本名:三枝守、さえぐさ まもる)さんが9月1日、心筋梗塞のため亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,158 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト