数々のミュージシャンと恋に落ちたジョニ・ミッチェル。70年代に付き合った相手を教えちゃいます!
2017年3月24日 更新

数々のミュージシャンと恋に落ちたジョニ・ミッチェル。70年代に付き合った相手を教えちゃいます!

デビュー以来、数々の名曲、名作を発表しているジョニ・ミッチェル。才女と言う言葉がこれほど似合うミュージシャンはなかなかいません。その一方で、恋多き女と言われ数々のミュージシャンと浮名を流しています。しかも、みんな一流と呼ばれるミュージシャンばかり。ジョニ・ミッチェルが70年代に恋に落ちた代表的なミュージシャンを教えちゃいます。

4,445 view

Joni Mitchell

2003年にアメリカの雑誌ローリング・ストーン誌で行われた大規模なアンケートによるオールタイム・ベストアルバム500で、女性ソロ・アーティストとしては最高位となる第30位に選ばれたことからも分かるようにジョニ・ミッチェルは大きな才能と影響力を持ったアーティストです。
ジョニ・ミッチェル

ジョニ・ミッチェル

出生名:Roberta Joan Anderson
生誕:1943年11月7日
出身地:カナダ アルバータ州フォート・マクラウド
ジャンル:フォークロック、ロック、ジャズ、アートロック
担当楽器:ボーカル、ギター、ピアノ、ウクレレ、ダルシマー、オートハープ
活動期間:1964年~現在
そんな彼女は恋多き女としても知られており、デヴィッド・クロスビー、グレラハム・ナッシュ、レナード・コーエン、ジャコ・パストリアス。ジェイムス・テイラーにラリー・クライン。そうそうジャクソン・ブラウンともそんな話がありましたね。
数々のミュージシャンと恋に落ちたことで美しく繊細な楽曲を生み出してきたジョニ・ミッチェル。まさしく男は芸の肥やしといったところですが、そんなジョニ・ミッチェルの恋のお相手をご紹介します。

David Van Cortland Crosby

1943年11月7日にカナダのアルバータ州フォート・マクラウドで生まれたジョニ・ミッチェルは、60年代前半に起こったフォーク・ブームのスターたちに憧れ、フォーク・ミュージシャンになる決心をします。
最初の夫だったチャック・ミッチェルとデュエットを組み、キャリアをスタートさせますが、すぐに離婚し、ニューヨークへ移ります。そこで苦労しながらも地道に音楽活動を続けレコーディングのチャンスをつかみます。
デヴィッド・クロスビー

デヴィッド・クロスビー

出生名:David Van Cortlandt Crosby
生誕:1941年8月14日
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル:フォークロック、ロック、ジャズロック、AOR
活動期間:1963~現在
ジョニ・ミッチェルは1968年に念願のデビュー・アルバムを録音することになります。その時のプロデューサーが、その後にジョニ・ミッチェルと恋に落ちることになるデヴィッド・クロスビーです。

デヴィッド・クロスビーといえば、バーズ、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングといった1960~70年代を代表するロックバンドに在籍し、独特のリズムギターと美しい声で知られています。代表曲となるとマイルス・デイヴィスにもカバーされた「グウィニヴィア」や「デジャ・ヴ」でしょうか。

Deja Vu - Crosby, Stills & Nash

Graham William Nash

「デジャ・ヴ」は、1970年にリリースされた「クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング」ファースト・アルバムのタイトルでもあります。このアルバムは大ヒットし、ウェストコースト・ロックを代表する名盤とされています。
バンド名が示す通りメンバーは、デヴィッド・クロスビー、スティーヴン・スティルス、グラハム・ナッシュ、ニール・ヤングの4人です。
グラハム・ナッシュ

グラハム・ナッシュ

出生名:Graham William Nash
生誕:1942年2月2日
出身地:イングランド、ランカシャー、ブラックプール
担当楽器:ボーカル、ギター、ピアノ、キーボード、ハーモニカ、ドラムス
活動期間:1960年代~現在
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングは1969年に行われた伝説の野外コンサート「ウッドストック・フェスティバル」に出演し大人気を得るわけですが、名盤「デジャ・ヴ」には「ウッドストック 」と言う曲が収録されています。この曲を作ったのは他でもないジョニ・ミッチェルです。ウッドストック・フェスティバルに出演していないジョニ・ミッチェルがなぜこの曲を作ったかといいますと、当時恋人だったグラハム・ナッシュからフェスティバルについて聞いた話をもとに作ったのだそうです。

グラハム・ナッシュといえば、イギリス出身のミュージシャンでホリーズのメンバーです。グラハム・ナッシュの代表曲といえば、日本ではアルバム「デジャ・ヴ」に収録曲されており、映画「小さな恋のメロディ」にも使われた「ティーチ・ユア・チルドレン」が有名ですね。

Crosby Stills Nash & Young - Teach Your Children

因みにクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのニール・ヤングとはカナダのマニトバ大学の「4次元フォーク・クラブ」で一緒だったそうです。
そこで二人は「シュガー・マウンテン」などをいっしょに歌っていたそうですが、この曲に対するジョニ・ミッチェルのアンサー・ソングが、映画「いちご白書」でも使われ代表曲となる「サークル・ゲーム」です。

Leonard Norman Cohen

「サークル・ゲーム」や「ウッドストック 」で既にその才能を示していたジョニ・ミッチェルですが、1971年に先述したローリング・ストーン誌のオールタイム・ベストアルバムで第30位に選ばれた名盤「ブルー」をリリースします。
レナード・コーエン

レナード・コーエン

生誕:1934年9月21日
カナダ・ケベック州モントリオール
死没:2016年11月7日
名盤「ブルー」の最初を飾るのは「All I Want 」です。この曲はジョニ・ミッチェルの熱烈なラブレターといった感じで、そのお相手はというと、同じカナダ出身のレナード・コーエンへ向けられたものです。

日本ではシンガーソングライターとして知られているレナード・コーエンですが、最初は詩人として表舞台に出てきます。勿論ミュージシャンとしても素晴らしく、1984年にリリースされた「ハレルヤ」は、ジェフ・バックリィをはじめ、多くのミュージシャンにカヴァーされています。

若いころよりも年を取ってからの方がレナード・コーエンはカッコいいですね。その佇まいには憧れてしまいます。

しかし、惜しくも 2016年11月7日に亡くなられました。
ブルー

ブルー

収録曲

1. オール・アイ・ウォント
2. マイ・オールド・マン
3. リトル・グリーン
4. ケアリー
5. ブルー
6. カリフォルニア
7. ディス・フライト・トゥナイト
8. リヴァー
9. ア・ケイス・オブ・ユー
10. リチャードに最後に会った時
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

チャゲアスやダチョウ倶楽部を意識!?松山千春が新曲「ヤーヤーヤーヤーヤー」を発売!!

チャゲアスやダチョウ倶楽部を意識!?松山千春が新曲「ヤーヤーヤーヤーヤー」を発売!!

北海道を代表するフォークシンガーとして活躍を続ける松山千春が、81枚目のシングルとなる新曲『ヤーヤーヤーヤーヤー』を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,957 view
知る人ぞ知る「URCレコード」が50周年!はっぴいえんど、遠藤賢司、なぎらけんいちなどの名盤が怒涛の再発決定!

知る人ぞ知る「URCレコード」が50周年!はっぴいえんど、遠藤賢司、なぎらけんいちなどの名盤が怒涛の再発決定!

日本初のインディーズレーベルとして、60年代後半~70年代におけるフォーク・ロックの世界に新風を吹き込んだ「URCレコード」がこのたび50周年を迎えたのを記念し、同レーベルから発表された名盤の数々が再発されることが決定しました。
隣人速報 | 427 view
謎めいたシンガーソングライター?『椎名林檎』の芸名の由来や結婚・離婚等!!

謎めいたシンガーソングライター?『椎名林檎』の芸名の由来や結婚・離婚等!!

カリスマ的人気を誇るシンガーソングライターだけど何かと謎めいてる椎名林檎さん。結婚やスピード離婚。芸名の由来や事実婚の旦那さんがいる?など色々と勝手に調べてみました。
ギャング | 33,439 view
かまやつひろしの音楽を大切にした人生と華やかな人間関係、そして最愛の妻との最期とは

かまやつひろしの音楽を大切にした人生と華やかな人間関係、そして最愛の妻との最期とは

ムッシュと言えば、かまやつ。かまやつひろしと言えば、ムッシュと言うのはお決まりですが、2017年に死去したかまやつひろしさんの音楽を大切にした人生ってどんなものだったのか。華やかな人間関係と、最期まで知らされなかった最愛の妻の死の経緯とは?そんなかまやつひろしさんを振り返ってみたいと思います。
あおい@ | 523 view
井上陽水のデビュー50周年記念!トリビュートアルバムに福山、宇多田、槇原など錚々たる面子が参戦!!

井上陽水のデビュー50周年記念!トリビュートアルバムに福山、宇多田、槇原など錚々たる面子が参戦!!

フォークの重鎮として長年君臨する井上陽水が今年デビュー50周年となるのを記念し、トリビュートアルバム「井上陽水トリビュート」の発売が決定しました。発売予定日は2019年11月27日。
隣人速報 | 869 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト