オシャレな音楽といえば、それはもう、スウィング・アウト・シスター
2016年12月26日 更新

オシャレな音楽といえば、それはもう、スウィング・アウト・シスター

スウィング・アウト・シスターは、とても幅広い音楽性を持った男女混合ユニットで、80年代後半以降は日本でも高い人気を誇っています。しかし、その幅広い音楽性はジャズだ、ファンクだといったことよりも、オシャレ!とにかくオシャレ、その一言に尽きます。

1,975 view

Swing Out Sister

スウィング・アウト・シスター

スウィング・アウト・シスター

出身地:イングランド マンチェスター
ジャンル:クロスオーバー、ブルー・アイド・ソウル、ポップ、アシッド・ジャズ、ジャズ・ファンク
活動期間:1985年~
スウィング・アウト・シスターは、1984年にアンディ・コーネル(キーボード)、マーティン・ジャクソン(ドラム)と、コリーン・ドリュリー(ヴォーカル)のトリオで結成されたイギリスのグループです。

デビューは1985年で、デビュー曲「ブルー・ムード」はヒットしませんでしたが、翌年にリリースされたシングル「ブレイクアウト」が全英4位、全米6位と大ヒット。
この曲によってスウィング・アウト・シスターは、グラミー賞の最優秀新人賞と最優秀ポップ・ヴォーカル賞にノミネートされています。

ブレイクアウト / スウィング・アウト・シスター

アルバムは、1986年のファースト・アルバム「 ベター・トゥ・トラベル 」以降、現在までにベストアルバム、ライブアルバムを含め18枚リリースしています。

スウィング・アウト・シスターは、音楽のセンスの良さをはじめ、アルバム・ジャケットやファッションに至るまで、とにかくおしゃれ!

そのセンスの良さの一端をご紹介します。

It's Better To Travel

1987年にリリースされたデビュー・アルバム「ベター・トゥ・トラベル」です。
「ブレイクアウト」のヒットが効いたのでしょう。イギリスではアルバム・チャートの1位に輝くという最高のデビューとなりました。

バックアップ・ミュージシャンには、ゲイリー・バーナクル(サクソフォーン)、ルイス・ジャーディム(パーカッション)、ティム・キャンスフィールド(ギター)、ジェリー・ヘイ(トランペット、フリューゲルホルン)らが参加しています。

尚、本作からは、「ブレイクアウト」以外にも「フール・バイ・ア・スマイル」、「トワイライト・ワールド」、「サレンダー」がシングルカットされています。
ベター・トゥ・トラベル

ベター・トゥ・トラベル

1987年リリース

【収録曲】
1. ブレイクアウト
2. トワイライト・ワールド (スパーブ、スパーブ・ミックス)
3. アフター・アワーズ
4. ブルー・ムード
5. サレンダー
6. フールド・バイ・ア・スマイル
7. コミュニオン
8. イッツ・ノット・イナフ
9. テーマ(ベター・トゥ・トラベル)
彼らのサウンドは、「都会的でおしゃれ」ってことにつきます。モデル出身のヴォーカルのコリーン・ドリューリーが、とってもファッショナブルなんですが、何よりも、音楽面のリー ダー、アンディ・コーネルのセンスが光ります。音楽的ルーツは、バート・バカラックやジミー・ウェブといった、アメリカの洗練された作曲家たちの世界にあり、ロンドンのクラブ・シーンで鍛えたグルーヴ感覚を加味したところが特徴でしょうか。

Swing Out Sister -- Fooled By A Smile

Kaleidoscope World

1989年リリースのセカンドアルバム「カレイドスコープ・ワールド」ですが、制作中に、ドラムスのマーティン・ジャクソンが脱退してしまいます。

アルバムは流行を追わずにむしろレトロな音楽を独自に追及しており、スウィング・アウト・シスターの音楽世界を形作っています。
カレイドスコープ・ワールド

カレイドスコープ・ワールド

1989年リリース

【収録曲】
1. ユー・オン・マイ・マインド
2. ホエア・イン・ザ・ワールド
3. フォーエヴァー・ブルー
4. ハート・フォー・ハイアー
5. テインテッド
6. ウェイティング・ゲーム
7. プレシャス・ワーズ
8. マスカレード
9. ビトウィーン・ストレンジャーズ
10. カレイドスコープ・アフェアー
11. コニー・アイランドの男
12. プレシャス・ワーズ(インストゥルメンタ
13. フォーエヴァー・ブルー(ストリング・ミ
14. マスカレード(インストゥルメンタル)
前作はちょっと下世話でディスコマナーに則った構成が時代の空気を強く反映していたけれど、ここでは先のドラマーの脱退も重なり、メインストリームからは距離を置いたやや大人しめな仕上がりに。ただその分耐用年数自体は上がっているのかも。なんといってもメロディックに響くストリングス・アレンジが素晴らしく、夢見心地な気分に浸らせてくれること受け合いです。

Swing Out Sister - Waiting Game

Get In Touch With Yourself

1992年にリリースされた3枚目のアルバム「ゲット・イン・タッチ・ウィズ・ユアセルフ」は、1960年代から70年代のジャズやポップス、ソウル、ファンクなどの要素を取り入れつつ、モダンなダンスミュージックに仕上がっています。
ゲット・イン・タッチ・ウィズ・ユアセルフ

ゲット・イン・タッチ・ウィズ・ユアセルフ

1992年リリース

【収録曲】
1. ゲット・イン・タッチ・ウィズ・ユアセルフ
2. セイム・ガール
3. インコンプリート・ウィズアウト・ユー
4. エヴリデイ・クライム
5. サーキュレイト
6. フー・レット・ザ・ラヴ・アウト
7. アンダスタンド
8. ノットゴナチェンジ
9. ドント・セイ・ザ・ワード
10. ラヴ・チャイルド
11. スピリット・ムーヴス (Japanese extra track)
12. アイ・キャント・シー・ユー (インストゥルメンタル)
13. エヴリデイ・クライム (インストゥルメンタル)

Swing Out Sister Am I The Same Girl

音は刺激的でありながらメロディーは流麗で
何度聴いても、何度口ずさんでも飽きがこない。
もちろん彼らデビュー当時からのおしゃれぶりは健在で
ここでも十二分に発揮されている。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ネイティブ・サン」日本のフュージョンバンド

「ネイティブ・サン」日本のフュージョンバンド

1970年代から80年代の日本のフュージョンブームに活躍したバンド「ネイティブ・サン」。懐かしいマクセルカセットのCMや与論島ライブ動画。「ネイティブ・サン」のメンバーやバンド名の意味。そして、フュージョンバンドゆえの迷走、解散にいたるまで。
【40代の悩み】デートで引かれない40代のオシャレ。

【40代の悩み】デートで引かれない40代のオシャレ。

会社では「スーツ」、家では「ジャージ」と、いつも変わらない格好のアナタ!もしも週末に私服でデートをしなければいけなくなったら着ていく服がない!そんなミドルエッジ世代に合ったオシャレを教えて下さい!
新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

キング・オブ・モッズとして今なおイギリス国民から尊敬されているポール・ウェラー。その彼が80年代に率いたスタイル・カウンシルは、本国以上に日本でバカ受けしました。その理由はオシャレなサウンドとファッションセンス。今でも魅力的です。
obladioblada | 2,308 view
赤毛のカリスマこと“ミック・ハックネル”率いるシンプリー・レッドは外さない!

赤毛のカリスマこと“ミック・ハックネル”率いるシンプリー・レッドは外さない!

1985年の結成以来数多くのアルバムをリリースしてきたシンプリー・レッドですが、どのアルバムも良質!ファンの期待を裏切ることなくヒットさせ続けています。シンプリー・レッドは、ミック・ハックネルの燃えるような赤毛同様に熱いのです。
obladioblada | 2,811 view
懐かしの定番フレグランス、あなたはどれを使ってましたか?

懐かしの定番フレグランス、あなたはどれを使ってましたか?

思春期ど真ん中の高校時代。仲間のなかに「いい香り」を漂わせるヤツが出てくれば、それはもうフレグランスへの入り口でしたね。異性を意識したファッションのなかでもわりと大事なポジションを占めていたフレグランス。でも、意外と使用するフレグランスはみんな被っていたもんです。1990年代のフレグランスを振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 8,695 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト