懐かしのトレンディドラマと主題歌
2023年4月1日 更新

懐かしのトレンディドラマと主題歌

1980年代から90年代にヒットした「トレンディドラマ」。その時代の流れと恋愛事情を反映して高い視聴率を獲得。同時に主題歌も大ヒットした。今回は、懐かしのトレンディドラマの中で「不倫」をテーマにしたドラマを中心に思い出に残るシーンやエピソード、主題歌を紹介していく。

669 view

1983年ドラマ『金曜日の妻たちへ』(最高視聴率23.8%)

1983年にTBS系列で放送された連続テレビドラマ『金曜日の妻たちへ』通称『金妻(きんつま)』。「浮気」や「不倫」をテーマに恋に落ちる女性を描いたドラマは、大ブレイクした。

ドラマの舞台は、東京郊外。東急田園都市線沿線の新興住宅街に暮らす30代から40代の3組の夫婦のおしゃれな暮らしぶりは、トレンディドラマの先駆けとなった。
『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』

『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』

金曜日の妻たちへ【TBSオンデマンド】

出演者: 古谷一行、いしだあゆみ、小川知子、奥田瑛二、森山良子、板東英二、篠ひろ子。
『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』主題歌
小林明子「恋におちて」

不倫がまだ憧れだった時代のドラマは、主婦の心を掴んだ。
主題歌は、「もしも願いが叶うなら」で始まり、「ダイヤル回して 手を止めた」。
それは、「I'm just a woman Fall in love」なのだ。

インターネットや携帯電話が普及する前、固定電話が主流だった恋人同士のやり取り。
電話をしたくても、出来ない切なさ、熱い想いを表す歌詞に心が揺れる。
「恋におちて」小林明子

「恋におちて」小林明子

恋におちて -Fall In love-
小林明子

1985年8月31日に発売

1986年ドラマ『男女7人夏物語』(最高視聴率31.7%)

1986年にTBS系列で金曜日の夜に放送されたドラマ 『男女7人夏物語』は、30歳前後の結婚適齢期をむかえた独身男女の恋模様を描いた物語だ。このドラマで、明石家さんまと大竹しのぶは出会い1988年に結婚した。ドラマの舞台となった江東区「清澄」界隈は、その後、開発が進み現在は観光スポットとして知られている。明石家さんまの演じるツアーコンダクターの今井良介と大竹しのぶの演じるフリーライターの神崎桃子。二人のマンションの中間にある橋は、隅田川の清洲橋だ。

賀来千香子に演じる香里が、奥田瑛二の演じる君章に夢中になっていくが、彼は逃げようとしている。美男美女の危うい恋愛も印象的だった。ドラマが放送された1986年の日本は、バブル期であり、好景気に沸いていた。
『男女7人夏物語』

『男女7人夏物語』

男女7人夏物語 DVD-BOX
明石家さんま (出演), 大竹しのぶ (出演) 形式: DVD

出演者:明石家さんま、大竹しのぶ 、池上季実子 、片岡鶴太郎 、賀来千香子、 奥田瑛二。
『男女7人夏物語』主題歌
石井明美「CHA-CHA-CHA」

ドラマのストーリーが盛り上がるタイミングで流れる「CHA-CHA-CHA」。
特に視聴者がドラマに没頭しているエンディングで聴く「CHA-CHA-CHA」は、その後のストーリーと次週の展開に期待感を高めた。
石井明美「CHA-CHA-CHA」

石井明美「CHA-CHA-CHA」

CHA-CHA-CHA
石井明美

1986年8月14日発売

1988年ドラマ『抱きしめたい!』(最高視聴率21.8%)

1988年にフジテレビ系列で放送されたドラマ『抱きしめたい!』。浅野温子・浅野ゆう子(W浅野)のダブル主演のドラマは高視聴率をマーク、トレンディドラマ代表作となる。岩城滉一演じる圭介と幼馴染みの女友達(W浅野)の恋愛模様と友情をを描いたラブコメディードラマだ。W浅野は、このドラマでブレイクした。また、石田純一が出演した初めてのトレンディドラマでもある。
『抱きしめたい!』

『抱きしめたい!』

フジテレビ開局50周年記念DVD 抱きしめたい! DVD BOX
浅野温子 (出演), 浅野ゆう子 (出演) 形式: DVD

出演者:浅野温子、浅野ゆう子、岩城滉一、本木雅弘、石田純一。
『抱きしめたい!』主題歌
カルロス・トシキ&オメガトライブ「アクアマリンのままでいて」

軽快なシティ・ポップのメロディーと売野雅勇の作詞。ちょいエロな 「キスが上手くなるたびに君は君を傷つけてる」と歌詞は意味深だ。
 (2511865)

アクアマリンのままでいて
カルロス・トシキ&オメガトライブ

1992年ドラマ『ずっとあなたが好きだった』(最高視聴率34.1%)

1992年にTBS系列で放送されたドラマ『ずっとあなたが好きだった』は、賀来千香子主演のドラマ。賀来が演じる美和は見合いで結婚したが、相手のエリートサラリーマンはマザコンだった。結婚生活がうまく行かず、美和は、布施博が演じる、高校の同級生で元恋人の洋介と復縁する。

野際陽子演じる母親の息子の異常な愛情と佐野史郎の演じる冬彦の「マザコンでオタク」なエリートサラリーマンのキャラクターが話題になった。マザコン男性「冬彦さん」は流行語になった。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ドラマにもヒット作多数!明石家さんまさんの出演ドラマまとめ

ドラマにもヒット作多数!明石家さんまさんの出演ドラマまとめ

数々のバラエティ番組で活躍されてきた明石家さんまさん。ドラマにも数多く出演していますよね。さんまさんの出演したドラマを振り返ってみます。
saiko | 1,149 view
メンズノンノからトレンディ俳優へ!風間トオルさんの出演ドラマまとめ

メンズノンノからトレンディ俳優へ!風間トオルさんの出演ドラマまとめ

モデルとしてデビューし、その後俳優に転身した風間トオルさん。俳優デビューしたのちも数々のドラマに出演されています。風間トオルさんの出演ドラマを振り返ってみましょう。
saiko | 399 view
意外と歴史は新しい!恋愛ドラマの歴史をまとめてみました

意外と歴史は新しい!恋愛ドラマの歴史をまとめてみました

ドラマのジャンルは色々あれど、テレビドラマの定番といえば恋愛ドラマを思い浮かべる人も多いと思います。ですが恋愛ドラマはドラマの中では意外と登場が遅いんです。恋愛ドラマの歴史を振り返ってみましょう。
saiko | 553 view
80~90年代トレンディドラマ常連俳優たちの現在!通販王やプロ雀士も?

80~90年代トレンディドラマ常連俳優たちの現在!通販王やプロ雀士も?

80年~90年代のバブル時代前後に人気だったトレンディドラマ。あの頃活躍していたトレンディ俳優たちは、現在も俳優をしている方から別の事業で成功している方など様々。この記事では主なトレンディ俳優の現在についてまとめてみました。
snomama | 3,234 view
最終回の急展開に衝撃!ラストが賛否両論を生んだドラマ

最終回の急展開に衝撃!ラストが賛否両論を生んだドラマ

「終わり良ければ総て良し」というように、最終回が面白いとドラマの満足度は上がりますが逆もまたしかり。最後がん?という感じで終わってしまうと後味の悪い作品になってしまいますよね。今回は90年代に放送されたドラマで後味が悪いと筆者が感じた作品をご紹介していきます。
saiko | 1,050 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト