海外組の元祖・カズこと三浦知良の海外リーグでの成績はどうだったのか
2018年5月17日 更新

海外組の元祖・カズこと三浦知良の海外リーグでの成績はどうだったのか

Jリーグのヴェルディ川崎・日本代表で活躍したカズこと三浦知良。そのキャリアのスタートアップ期~全盛期~円熟期において、ブラジル⇒イタリア⇒クロアチアを渡り歩いた「海外組」だったことでも有名です。今回はそんなカズの海外リーグでの成績を振り返っていきたいと思います。

2,808 view

Jリーグで活躍⇒海外リーグへ…というキャリアを開拓した人

「海外で活躍するサッカー選手」というと、あなたは誰を思い浮かべるでしょうか?本田圭佑、香川真司、長友佑都、中村俊輔、中田英寿など、さまざまな選手の名が挙げられるかと思います。

このように、これまで数多くの日本人選手がいわゆる「海外組」として活躍してきたわけですが、そのパイオニアが、70年代~80年代にドイツ1部リーグのケルン・ブレーメンなどでプレーした奥寺康彦であり、そして、1994年にヴェルディ川崎からイタリア・セリエAのジェノアへ移籍した“キング・カズ”こと三浦知良です。特にカズは、Jリーグで実績を出す⇒海外へ…という、今では当たり前となっているキャリアパスを最初に歩んだ先駆的存在として、サッカーファンの間で語り草となっています。
日めくり KAZU 魂のメッセージ 底力

日めくり KAZU 魂のメッセージ 底力

15歳で単身ブラジルに渡り、名門サントスなどで活躍

カズがはじめて、海外に渡ったのは15歳の時。1982年12月、高校をわずか8ヶ月で中退し、単身でブラジルに渡ったのです。今の時代、高校卒業後にJリーグのビッグクラブからオファーがあっても、それを蹴ってアンパイに大学進学の道を選ぶ坊ちゃんサッカー選手さえいるというのに、何という覚悟でしょうか。

その後、CAジュベントス・キンゼ・デ・ジャウーのユース選手としてブラジルで研鑽をつみ、1986年にはペレや最近ではネイマールも所属していたサンパウロ州の名門クラブ・サントスに入団。プロトしてのキャリアをスタートさせ、そこから、パルメイラス⇒マツバラ⇒クルーベ・ジ・レガタス・ブラジル⇒キンゼ・デ・ジャウーへ⇒コリチーバ⇒サントスへと渡り歩きます。その間に見せた、主だった活躍は以下の通り。

■1986年…サントスの一員として凱旋帰国し、キリンカップサッカーに登場。
■1988年…キンゼ・デ・ジャウーへ時代に、激戦区として知られるサンパウロ州リーグで名門コリンチャンスを相手にゴールを決める。その活躍もあって、ブラジルのサッカー専門誌の年間ポジション別ランキングで左ウイング部門の第3位に選出される
■1989年…コリチーバFCに移籍して、パラナ州選手権優勝に貢献。
■1990年…サントスと再契約し、ブラジル全国選手権1部リーグで11試合出場3得点を挙げる。

カズ ブラジル時代(coritiba)

18歳から23歳まで、計4年間を過ごしたブラジル時代に決めたゴール数は、トータルで10得点ほど。当時のカズのポジションはウイングなので、単純にゴール数だけでは評価できませんが、最近、ガンバ大阪からオランダ1部リーグ・FCフローニンゲンに移籍し、今季だけで10ゴールをたたき出している19歳のMF・堂安律などと比べると、明らかに見劣りする結果。しかし、日本人プレイヤーの海外挑戦で当たり前ではない時代に、これだけのインパクトを残したのはさすがです。

三浦知良 カズ キング・カズ KAZU サントス

1994年にイタリア・ジェノアへレンタル移籍。アジア人初のセリエAプレイヤーに

1993年にヴェエルディ川崎でJリーグMVPを獲得したカズは、1994年にレンタル1年契約でイタリア・セリエAのジェノアへ入団。アジア人初のセリエAプレイヤーとなります。しかしこの移籍は、ジェノアがカズを純粋な戦力として見ていたわけではなく、スポンサー絡みのジャパンマネー欲しさで実現させたビジネスとしての側面が強かったと言われています。
三浦知良写真集 KAZU KING THE VISUA...

三浦知良写真集 KAZU KING THE VISUAL DOCUMENTARY

移籍1年目の成績は21試合に出場し、第12節・サンプドリアとのジェノバダービーで決めた1得点のみ。結局、契約更新はされずに、1年で日本へ帰国することになるのでした。

94_1204「ジェノアvsサンプドリア」「三浦和良 初ゴール」

1999年にクロアチアリーグのザグレブへ

今や伝説となっているフランスW杯直前での代表落ち、さらに、ヴェエルディ川崎の親会社である読売新聞社とよみうりランドの経営撤退に伴う事業規模縮小により「年俸ゼロ円提示」がされるなど、1998年はカズにとって何かと受難の年になりました。

そんな折に舞い込んだクロアチアのクラブチーム「GNKディナモ・ザグレブ」へのオファーに、カズは乗ります。通常であれば大きく報道されるはずの日本人サッカー選手の海外移籍ですが、当時は前年にセリエAに移籍した中田英寿や、1999年に同じくセリエAのヴェネチアに入団した名波浩のニュースばかりが先行して、カズに関する報道はごくわずか。結局、アシストこそ記録したものの、12試合出場でノーゴール。シーズン終了後に戦力外通告を受けてしまいます。

ちなみに、ザグレブはカズが移籍したシーズンにリーグ優勝を果たし、チャンピオンズリーグ出場を決めています。もし仮にあともう1シーズンだけでもチームに帯同できていたら、日本人初のチャンピオンズリーグ出場をカズが果たしていたかも知れません。

三浦知良クロアチア時代ドキュメンタリー

(こじへい)
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2020/5/9 12:30

    トヨタカップでも南米王者が欧州王者に続けて勝っていた時代だからなぁ。カズがブラジル人だったらブラジル代表候補になっていたかも知れないという話を聞いたことある。

    カズ 2019/7/13 22:28

    ブラジル時代、大活躍してます。

    年間ポジションランキング左ウイング3位

    当時ブラジルリーグは世界最高峰のリーグだったのを忘れずに。

    偏見しかない時代にカズ選手はブラジルで伝説になった。

    イタリアでも同じ。

    日本人としての偏見、監督の差別、怪我、度重なる代表招集、ナベツネの1年間限定、そもそも契約更新されなかったのでは無く1年間しかカズには時間が無かった。
    現にトリノ等から実力でオファーがあった。

    この記事を書いた人は勉強不足であり書くに値しないです。

    パパイヤ田中 2019/7/7 00:38

    堂安が当時のサントスに移籍したら1試合も出させてくれないだろうな。それくらい当時のブラジルと今のオランダじゃレベルが違うわけ

    加賀恭一郎 2019/4/20 12:27

    当時のブラジルは今よりも、もっとタレントがたくさんいた。そんな中でカズは名門サントスを始め複数のクラブでレギュラーとして試合に出場した。それこそがカズのクオリティの高さの証だ。しかもブラジル人の中で、ただひとり日本人としてプレーしたんだからね。

    とペレが言うくらい当時のブラジルは今よりも遥かにレベルが高かった。

    堂安選手と比べるとこと自体がおかしい。

    まだまだ甘いですね。

    2019/1/6 21:22

    この記事書いたの完全にニワカだな。
    当時のブラジルと今のオランダを比べるなんてナンセンスすぎ。
    超名門サントスで計13試合に出てゴールしてるだけで凄いわ。

    すべてのコメントを見る (7)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

長友佑都  前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

長友佑都 前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

抜群のスピード、運動量、1対1で絶対に負けない強さを持ち、「僕から努力をとったら何も残らない 」と語る長友佑都は、インテルという超ビッグクラブに入った。人々は「シンデレラストーリー」と称えた。そしてイタリアで日本で大地震と津波が起きたことを知った長友佑都は、傷ついた人たちを勇気づけられたらと必死にプレーしたが、逆に彼らから人間の強さを学ばされた。その後、インテルでお辞儀パフォーマンスを定着させ、キャプテンにまでなった。
RAOH | 186 view
不倫騒動を起こした女性芸能人のその後

不倫騒動を起こした女性芸能人のその後

日本の芸能ニュースの中で注目を浴びる「不倫スキャンダル」。 不倫は道徳意識に反する行為であるが、「不倫は文化」「不倫女優」「不倫宣言」などの言葉を生み話題になる。 不倫騒動で有名になり不倫を公表、その名を馳せた女性芸能人とその後を追ってみた。
あの芸能人たちの「三角関係」の行方

あの芸能人たちの「三角関係」の行方

芸能人の熱愛、不倫、離婚などのスクープのなかで、記憶に残るのは「ドロ沼三角関係」。交際中に別の人との関係が発覚、結局どうなったのか? 三角関係の末に結婚した芸能人夫婦の行方を取り上げてみた。
ジダン【サッカー】の輝かしい栄光と衝撃の引退試合を振り返る!

ジダン【サッカー】の輝かしい栄光と衝撃の引退試合を振り返る!

天才の名を欲しいままにしたフランスのジネディーヌ・ジダン。彼の輝かしい栄光の数々を振り返りつつ、世界的に話題となってしまった衝撃の引退試合に起きた事件の真相を振り返ります。
ゆうなパパ | 605 view
中村俊輔のサッカーノート2 伝家の宝刀、必殺のフリーキックで赤い悪魔、マンU撃破!!!

中村俊輔のサッカーノート2 伝家の宝刀、必殺のフリーキックで赤い悪魔、マンU撃破!!!

フィリップ・トルシエ監督に選ばれずワールドカップ日韓大会に出場できなかった悔しさをバネに海外挑戦を開始。イタリアとイギリスでチームの中心選手となり活躍。ウエイン・ルーニーやクリスチアーノ・ロナウドを配したマンチェスターユナイテッドをフリーキックで撃破した。
RAOH | 572 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト