甲子園のアイドル荒木大輔!荒木トンネルまで作られたフィーバーぶり!
2016年11月25日 更新

甲子園のアイドル荒木大輔!荒木トンネルまで作られたフィーバーぶり!

1980年代の甲子園のアイドルと言えば荒木大輔。1年時に愛甲猛率いる横浜高校と対戦。プロ野球ではヤクルトで活躍するも、怪我との戦いを強いられた荒木大輔。大ちゃんフィーバーも含め、荒木大輔の野球人生を振り返る。

12,204 view

甲子園の人気者・荒木大輔!怪我に苦しんだプロ野球!

右投右打、ポジションは投手。背番号は11番。
1964年5月6日生まれ。東京都出身。

調布リトルリーグ所属時代に世界リトルリーグ野球選手権大会優勝。
1980年に早稲田実業に進学。同年夏、東東京大会で好投し全国高等学校野球選手権大会に出場。

本戦でも好投を続け決勝進出を果たすも、愛甲猛率いる横浜高校に敗れ優勝を逃す。
早稲田実業高校時代の荒木大輔

早稲田実業高校時代の荒木大輔

高校時代に5季連続で甲子園出場を果たす活躍を見せ、イケメン好青年という属性も相まって「大ちゃんフィーバー」と呼ばれる社会現象を巻き起こした伝説の高校球児。

プロ入り後も変わらぬ人気を集めたが、プロの壁と度重なる故障に苦しめられ、プロ野球選手としては中堅レベルの域を脱せないまま終わった。
ヤクルトスワローズ時代の荒木大輔

ヤクルトスワローズ時代の荒木大輔

大ちゃんフィーバーで騒がれた早稲田実業・荒木大輔

中学時代は調布シニアで活躍する一方、早稲田実業学校高等部を受験し合格した。

早稲田実業高等部同級生には、小沢章一、石井丈裕、松本達夫らがいた。
1年時、夏の甲子園予選の東東京大会では内野手の控えとしてベンチ入り。エース・芳賀の故障により登板し好投する。
全国大会でも5試合で4完封、44回1/3連続無失点の好投で決勝進出するが、愛甲猛を擁する横浜高校に4-6で敗れる。
週刊「甲子園の夏」 表紙・荒木大輔

週刊「甲子園の夏」 表紙・荒木大輔

横浜高校・愛甲猛も甲子園のアイドルと呼ばれていた!

横浜高校・愛甲猛も甲子園のアイドルと呼ばれていた!

懐かしの「大ちゃんフィーバー」!

1年生ながら甲子園準優勝投手となった荒木大輔。
端正なルックスも手伝って、女性からの人気が「大ちゃんフィーバー」と呼ばれるまでに加熱した。

荒木大輔の活躍した1980年に生まれた男児の名前ランキングは「大輔」が1位となっている。
ちなみに、元々「大輔」の名前はランキング上位の常連だったが、「大ちゃんフィーバー」以降は数年に渡り、首位を独占した。
大ちゃんフィーバー真っ只中!高校時代

大ちゃんフィーバー真っ只中!高校時代

ちなみに90年代後半、横浜高校のエースとして甲子園を沸かせた松坂大輔の「大輔」は、荒木大輔が由来である事は有名。
また、1995年時点では、男児の名前ランキングで「大輔」はトップ10入りはしていなかったが、松坂がプロ入りし、新人賞を取り活躍した1999年生まれのランキングでは「大輔」が4位に急浮上している。
荒木大輔を取り囲む女性ファン

荒木大輔を取り囲む女性ファン

荒木と同じく甲子園で活躍した投手・松坂大輔

荒木と同じく甲子園で活躍した投手・松坂大輔

最後の夏はやまびこ打線・池田高校に大敗!

1982年夏の甲子園準々決勝では畠山準や水野雄仁、江上光治らを擁する徳島・池田と対戦するが、試合前に降った降雨の影響によるグラウンドコンディションの悪化や池田の活発な長打と本塁打攻勢の前に先発の荒木、リリーフの石井ともに飲み込まれてしまう結果となり、終わってみれば2-14という戦前の予想を大きく覆す大差をつけられる形で高校野球生活最後の夏を終えた。

1982年早実夏の甲子園ハイライト(その4)準々決勝 池田高校戦 - YouTube

懐かしの「やまびこ打線・池田高校」!

監督の蔦は「芯を外れていても腕力が強ければ飛距離が伸びる」という、金属製バットの特性を生かすために、ひたすら部員の上半身を鍛え上げた。
こうして、緻密なプレーはせずにとにかく打ちまくるという強打の「やまびこ打線」を生み出した。

1982年夏の甲子園(第64回大会)では畠山準、水野雄仁を擁し、チーム6戦85安打という当時の大会新記録を見事に打ち立てた。
特にラストバッターの山口博史は2回戦・3回戦と2試合連続で本塁打を放ち「恐怖の9番打者」と恐れられ、切れ目のない打線の象徴となった。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

甲子園歴史館で導入されている「VR映像」に、このたび第3弾として「プロ野球リリーフカー体感VR」が登場!憧れのプロ野球選手になりきりたい親子は必見です!
隣人速報 | 354 view
甲子園で積み重ねた一勝!老獪な名将達!最多勝利は誰だ!?

甲子園で積み重ねた一勝!老獪な名将達!最多勝利は誰だ!?

全国で甲子園を目指し、日夜練習に励む球児達。その彼らをまとめ、勝利に導く監督がいる。また、甲子園に何度も出場し、着実に勝利を重ねた高校には名将と呼ばれる策士が存在する。勝利数トップ5の名将を特集!
ひで語録 | 9,502 view
80年代後半~90年代中期のヤクルト主軸を担ったイケトラコンビ!「ブンブン丸」池山隆寛と「トラ」広沢克己。

80年代後半~90年代中期のヤクルト主軸を担ったイケトラコンビ!「ブンブン丸」池山隆寛と「トラ」広沢克己。

1990年代前半、全盛期のヤクルトで中軸を担った「イケトラコンビ」。ブンブン丸池山とトラ広沢の愛称で親しまれた二人を憶えている人は多いでしょう。当時のヤクルト人気を支えた二人の紹介。
青春の握り拳 | 6,477 view
「平成が終わっても、怪物は終わらない。」伊右衛門とNumberが松坂大輔投手へのサプライズ企画を実施!!

「平成が終わっても、怪物は終わらない。」伊右衛門とNumberが松坂大輔投手へのサプライズ企画を実施!!

サントリー食品インターナショナル株式会社は、サントリー緑茶「伊右衛門」とスポーツ総合雑誌「Number」のコラボ企画として、「伊右衛門」の新テレビCMに出演中の”平成の怪物”こと松坂大輔投手に向けた、平成の終わりにエールを贈るサプライズ企画を実施中です。
隣人速報 | 161 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 47,000 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト