巨人・岡崎郁!1989年近鉄に3連敗後の4連勝で日本一!その立役者だった!
2016年11月25日 更新

巨人・岡崎郁!1989年近鉄に3連敗後の4連勝で日本一!その立役者だった!

巨人(読売ジャイアンツ)のレギュラー岡崎郁(おかざきかおる)。オープンスタンスでの勝負強いバッティングから篠塚二世と呼ばれた。岡崎郁は近鉄との日本シリーズで活躍し、90年代前半まで巨人軍の勝利に貢献した名選手だった。

11,780 view

80年代後半~90年代前半、巨人のレギュラー「岡崎郁」

おかざきかおる。
1961年6月7日生まれ。大分県出身。
身長 178 cm。

巨人(読売ジャイアンツ)の選手だった。
オープンスタンスでの勝負強いバッティングから篠塚二世と呼ばれた。
右投左打、ポジションは遊撃手・三塁手。背番号は45→5番。
巨人のレギュラーとして活躍した岡崎郁

巨人のレギュラーとして活躍した岡崎郁

大分県立大分商業高等学校出身。
1979年、ドラフト3位。

初出場 1982年10月5日。
最終出場 1996年5月8日。

高校からプロ入りまでの岡崎郁

【甲子園には投手と遊撃手で出場!】

1979年の第51回選抜大会(春の選抜)に大分商業高校ではエースとして出場した。
作新学院に5-1で完投勝ちして、2回戦に進んだ。しかし、東洋大姫路に敗れた。

同年夏の甲子園には遊撃手として出場。
2年生エース松本健(東芝大分)の好投もあって準々決勝に進出するが、横浜商の宮城弘明に抑えられ敗退した。
大分商業高校のエースでもあった!

大分商業高校のエースでもあった!

【進学志望の岡崎に長嶋監督がラブコール!】

高校卒業後は、法政大学に進学予定で、プロ入りの意志はなかったのですが、夏の甲子園をテレビ観戦していた、当時の長嶋茂雄監督が、その打撃センスに惚れこみ、巨人はドラフト指名に踏み切ります。

巨人からのまさかの指名にも、進学の意志を曲げるつもりはなかったのですが、指名後の挨拶に長嶋監督本人が訪れ、直接交渉し、「これから10年は監督をやる。その間に君を一人前にする」とのラブコールを受け、岡崎選手は、大学進学の想いを貫き通す事ができずに、巨人入団を決めます。

しかし「10年で君を一人前にする」と言った長嶋監督は、翌1980年限りで解任されてしまうのですが...。
端正な顔立ち!

端正な顔立ち!

出典 ameblo.jp

巨人入団後の岡崎

巨人に入団した岡崎だったが、プロの厚い壁を目の当たりにする。
当時の巨人には、中畑清や篠塚利夫、原辰徳などがいて、なかなか出場機会に恵まれなかった。

そして、肋膜炎も患い、療養生活を送ることになってしまったため、1984年は練習生扱いとなった。
プロ野球カードの岡崎郁

プロ野球カードの岡崎郁

プロ野球カード・裏

プロ野球カード・裏

1985年から一軍に定着、河埜、石渡茂と遊撃手のレギュラーを争い、シーズン後半には定位置を奪取した。

1987年には、失策2で守備率.994と遊撃手としてのシーズン守備率の日本記録(当時)を打ち立てるなど、レギュラークラスの働きを見せるも、規定打席到達は果たせないでいた。

しかし入団10年目の1989年、当時の監督藤田元司に勝負強いバッティングを見出され、キャンプではサードを中心にファーストもこなすなど、コンバートがなされた。オープン戦で首位打者を獲得し、開幕戦はファーストでスタメン出場。

その後、中畑清のケガにより、サードに定着した。

1987年頃のCM オロナミンC 巨人軍 槙原、岡崎選手など

その後1992年までは、サードのレギュラーポジションを守った。
親友・駒田徳広との「恐怖の6・7番コンビ」は、第2のクリーンナップとして他球団から恐れられ、1989年の日本一、1990年のリーグ優勝に貢献した。

応援歌の歌詞は「それゆーけ、はじけるパワー♪それゆーけ、きらめくセーンス♪」だった。

1989年からオールスターゲーム・4年連続セ・リーグ三塁手部門ファン投票選出、日本シリーズでは1989年優秀選手、1990年敢闘賞。翌年からは選手会長・主将も務めた。

1993年は4番打者も務めるが、原辰徳がサードに再コンバートされた影響で出場が激減した。
1994年は原が故障で出遅れた事もあり開幕から積極的に起用されたが、1995年以降は、持病の腰痛・背筋痛に悩まされ、他にも元木大介の台頭や仁志敏久の入団があり、出場試合数が減少した。

1996年に引退。岡崎の背番号「5」は移籍をしてきた、清原和博へ継承された。
岡崎郁

岡崎郁

1989年の近鉄との日本シリーズでは2本塁打を含む6打点の大活躍!
「3連敗後の4連勝」で、藤田巨人の日本一に大貢献した。
出典 ameblo.jp

【懐かしの巨人応援歌】岡崎郁 応援歌②(1987)

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2020/10/7 10:27

    東京ドームは前年の1988年開業な

    2020/3/12 16:35

    たしかこの年HG
    ”後楽園”から”ビッグエッグ”へ
    移行したと思いました

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人・斎藤雅樹2軍監督の「野球殿堂入りを祝う会」が東京・文京区の東京ドームホテルで開かれた。王貞治ソフトバンク球団会長を始め、金田正一氏、堀内恒夫氏、原辰徳前巨人監督、高橋由伸監督ら球界関係者350人が出席した。
甲子園のアイドル荒木大輔!荒木トンネルまで作られたフィーバーぶり!

甲子園のアイドル荒木大輔!荒木トンネルまで作られたフィーバーぶり!

1980年代の甲子園のアイドルと言えば荒木大輔。1年時に愛甲猛率いる横浜高校と対戦。プロ野球ではヤクルトで活躍するも、怪我との戦いを強いられた荒木大輔。大ちゃんフィーバーも含め、荒木大輔の野球人生を振り返る。
ひで語録 | 14,506 view
不良!悪童!愛甲猛!高校時代のあだ名はあんぱん!打者転向の影に落合あり!

不良!悪童!愛甲猛!高校時代のあだ名はあんぱん!打者転向の影に落合あり!

1980年の甲子園優勝投手だった愛甲猛。ロッテと中日で打者として活躍。悪さをし尽くした高校時代や知られざる落合博満との関係等、エピソード満載で愛甲猛を振り返る!また、ドーピングにも手を出していたという事実も!
ひで語録 | 119,703 view
改めて松井秀喜選手の5打席連続敬遠とドラフトを振り返る

改めて松井秀喜選手の5打席連続敬遠とドラフトを振り返る

松井選手についての記事を書こうとしたら、エピソードが多すぎたので、とりあえず「巨人に入団するまで」を振り返る事にしました。怪物と呼ばれ全国的に有名となった高校時代。「五打席連続敬遠」や巨人に入団するドラフト会議までを振り返ります。
和尚 | 8,150 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト