ブルース・リー44周忌追悼記念。「ドラゴン怒りの鉄拳」幻のコミカライズ版を発掘!
2017年7月26日 更新

ブルース・リー44周忌追悼記念。「ドラゴン怒りの鉄拳」幻のコミカライズ版を発掘!

1973年7月20日と言えば、ミドルエッジ世代にとっての永遠のアクションスター、ブルースリーの命日!今回はそれを記念して、「ドラゴン怒りの鉄拳」の、日本におけるコミカライズを紹介します!

1,877 view
1973年7月20日と言えば、ミドルエッジ世代にとっての永遠のアクションスター、ブルースリーの命日!
そして同じく7月20日と言えば、彼の代表作である「ドラゴン怒りの鉄拳」が日本で初公開された日でもある。
「ドラゴン怒りの鉄拳」劇場用ポスター

「ドラゴン怒りの鉄拳」劇場用ポスター

今回はそれを記念して、「ドラゴン怒りの鉄拳」の、日本におけるコミカライズ(映画をコミック化した物)について、紹介することにしよう。
後述する様に、「ドラゴン怒りの鉄拳」コミカライズ版は、実は複数存在するのだが、中でもその出来とレア度においてはナンバー1である、増刊プレイコミック版「ドラゴン怒りの鉄拳」は、現在非常に入手困難となっていて実に貴重!是非この機会に、その素晴らしさの片鱗を感じて頂ければと思う。

注:「ドラゴン怒りの鉄拳」に関して詳しく知りたい方は、こちらのリンクからどうぞ。

コミック版「ドラゴン怒りの鉄拳」概略

1974年7月20日の日本劇場公開に合わせ、当時本作のコミカライズ版は、雑誌掲載と単行本の二種類の方法で世に出ることとなった。
まず最初に、単行本で出版された作品を紹介することにしよう。
「劇画ブルース・リー」表紙

「劇画ブルース・リー」表紙

まずは、ケイブンシャのエコーコミックスから出版された単行本、「劇画ブルースリー」だ。
この本には、「燃えよドラゴン」、「危機一発」、「怒りの鉄拳」、それにブルースリーの伝記マンガ「死亡遊戯」の、計4本が掲載されている。
中城健先生版「怒りの鉄拳」扉絵。

中城健先生版「怒りの鉄拳」扉絵。

「怒りの鉄拳」の作者は中城健先生なので、さすがにアクションシーンの迫力が他の作品とは段違いに凄い!
朝日ソノラマ版「怒りの鉄拳」表紙。

朝日ソノラマ版「怒りの鉄拳」表紙。

こちらの2冊は、朝日ソノラマのサンコミックスから出版された単行本。ちなみに「怒りの鉄拳」のコミックは、「危機一発」と一緒に1冊の本にまとめられている。
作者は本宮ひろし先生ではなく、あくまでも本宮プロとなっており、実はこの頃本宮プロでは、この他にも映画のコミカライズ版を製作していた。
香港海賊版の表紙。

香港海賊版の表紙。

何故か表紙は「ドラゴンへの道」・・・。
これは朝日ソノラマ版のコミックスが、香港で勝手に海賊版として流通していた物だ。
実はこの香港海賊版「怒りの鉄拳」には、重大な秘密があるのだが・・・。
香港海賊版の扉絵!

香港海賊版の扉絵!

右ページが問題の書き足し部分だ。
本当に素人の落書きレベルのクオリティなので、どこを書き足したかが丸判りなのが困り物。
その秘密とは見てお分かりの通り、何と勝手に誰かが所々書き足しているのだ!
香港海賊版の中身:1

香港海賊版の中身:1

当然右ページが書き足し部分。
このやる気の無さを見よ!
香港海賊版の中身:2

香港海賊版の中身:2

左が書き足した部分。
何とか似せようとしている気もするが・・・。
いかがだろうか?この余りにやる気の無い加筆修正っぷり!
まさか香港でも勝手に出版されていたとは驚きだが、その上勝手に素人が書き足していたとは・・・。
実は「怒りの鉄拳」だけで無く、「燃えよドラゴン」の方も海賊版が香港で出ていたのだが、何故かこちらの方には勝手な加筆部分は無かった。
未だにこれらの勝手な加筆の理由は判明しておらす、マニアにとっては永遠の謎とされている。
さて、次はいよいよ幻のプレイコミック掲載版、「ドラゴン怒りの鉄拳」を紹介することにしよう。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

今から42年前の1975年1月25日、それは世のドラゴン野朗にとって忘れてはならない特別な日!そう、あの永遠の名作にして男のバイブル、「ドラゴンへの道」が日本で初公開された記念すべき日だ。
滝口アキラ | 6,405 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

プロレスラーの象徴ともいえる「アントニオ猪木」前回は、新日本プロレス旗揚げ直後の1974年に、「別冊少年チャンピオン」に掲載された伝記漫画をとりあげたが、今回はタイガーマスクの登場に沸いた1980年代のプロレスブーム期に発表された、『実録まんが・アントニオ猪木』を振り返ってみよう。
滝口アキラ | 1,275 view
昭和の事件簿、芸能界のロッキード「大原みどり事件」大原未登里の現在

昭和の事件簿、芸能界のロッキード「大原みどり事件」大原未登里の現在

1970年代に芸能界のロッキード事件と話題になった「大原みどり事件」と昭和の巨額賄賂事件簿。あれから42年、現在も歌手活動を続ける大原未登里さんの画像と動画。
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

金曜夜8時「ワールド・プロレスリング」で繰り広げられた、数々の名勝負が記憶に刻み込まれているプロレス、そしてアントニオ猪木。過去に何度も発表されているアントニオ猪木の自伝漫画化の中から、70年代に発表された漫画『アントニオ猪木物語』をご紹介。
滝口アキラ | 1,201 view
【漫画で格闘技】タイガー・ジェット・シンが新宿伊勢丹前で猪木夫妻を襲撃!ヤラセ?リアル?警察が新日本プロレスを厳重注意!

【漫画で格闘技】タイガー・ジェット・シンが新宿伊勢丹前で猪木夫妻を襲撃!ヤラセ?リアル?警察が新日本プロレスを厳重注意!

1973年に新日本プロレスのタイガー・ジェット・シンが、妻である倍賞美津子と新宿にいたアントニオ猪木を襲撃するという『新宿伊勢丹襲撃事件』を起こす。以降、「因縁の対決」となったタイガー・ジェット・シンとアントニオ猪木について、並木モッズのイラストで振り返る。
並木モッズ | 2,704 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト