ウディ・アレンの傑作『マンハッタン』は、大人の恋愛映画の教科書である、たぶん。
2017年4月3日 更新

ウディ・アレンの傑作『マンハッタン』は、大人の恋愛映画の教科書である、たぶん。

なんとも美しい映画なのだ。オープニング、クイーンズボロー・ブリッジのシーン、ラストシーン・・・どこをとっても良い。内容的には、大人の恋愛事情が下世話な部分もあるが、モノクロ映像がそんなところも解消してくれている。『アニー・ホール』と双璧の傑作『マンハッタン』は、大人の恋愛映画の教科書と言ってもいい、たぶん。

3,796 view

オープニングを観れば、この映画が好きか否か判断できるんじゃなかろうか。

 ある映画を紹介しようとするときに、こんな紹介の仕方もあんまりかもしれないけれども、ウディ・アレンの映画は生理的に受け付ける人とそうでない人ははっきり分かれると思う。というよりも、ウディ・アレンの顔が嫌いなら、もう観る必要はない。だって、あの顔(どの顔?)で、なんか小難しいことを喋くり倒して、女性にもてる役って、あんまり爽やかではないでしょう。
 新橋やそこらのサラリーマン街に行けば歩いているような日本人的(一昔前のステレオタイプ的イメージだが)なウディ・アレンの容貌(身長が低くてメガネ)をわざわざ自分の貴重な時間を使って観たくないと思うのも至極真っ当な話だと思う。できれば、ブラット・ピットの美しいお顔を自分の麗しき時間のお供にしたいと思っても別段間違っていないのだ。
 ということで、まずは、オープニング映像から。アメリカ好きなら、ニューヨーク好きなら、マンハッタン好きなら、似非知識人文化人志向なら、気に入るかもしれない(し、そうでもないかもしれない)。まずは観て判断してほしい。

アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」が流れるオープニング映像。はっきり言って最高。
ちなみに、オープニングでニューヨークの街並みとともに語られているのは・・・。

「第1章 彼はN.Y.を愛し偶像化していた」
訂正
「ロマンチックに考えていた」
「彼にとって街は常に黒と白の存在であり
ガーシュインの曲だった」
あー、もう一度
「第1章」 
「彼はマンハッタンに惚れていた」
「街の雑踏で育ったのだ」
「N.Y.は美しい女であり世慣れた男だった」
陳腐だ もっと深みがほしい
「第1章」 
「N.Y.は彼にとって現代文化の腐敗の暗示であり」
「誠実さの欠如から人は安易に流れ 彼の理想の街を」
説教くさくて本が売れん
「第1章」 
「N.Y.は彼にとって現代文化の腐敗の暗示であり」
「麻薬とテレビと犯罪とゴミの街で」
「生き難くとも」
憤慨しすぎだ
「第1章」 
「彼はタフでロマンチックだった」
「メガネの奥には山猫の精力がみなぎり」
いいぞ
「N.Y.は彼の永遠の都だった」


・・・というわけで、主人公が自分の本の冒頭を語っている。
何度も書き直している体(てい)で。なんとも面白い。
そう思えたら、続きに進んでください。
 (1846169)

『マンハッタン』はウディ・アレン監督1,2位を争う高い評価の作品なのだ!

 続きに進めたのなら、ここで『マンハッタン』がウディ・アレン作品の中でどういう位置づけの作品かを確認しよう。ひとつは、アメリカの「エンターテインメント・ウィークリー」誌がアレン監督作ベスト10を選出したもの。もうひとつは、フランスの映画情報サイト「PREMIERE」によるユーザーお気に入りのウッディ・アレン監督作品だ。
 いずれのランキングを見ても『マンハッタン』が高い人気を誇っているのがわかる。

アメリカ「エンターテインメント・ウィークリー」誌ベスト10

第1位 『アニー・ホール』(1977)
第2位 『マンハッタン』(1979)
第3位 『マッチポイント」(2005)
第4位 『ウディ・アレンのバナナ」(1971)
第5位 『カイロの紫のバラ』(1985)
第6位 『ハンナとその姉妹』(1986)
第7位 『スリーパー』(1973)
第8位 『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(1989)
第9位 『どうしたんだい、タイガー・リリー? 』(1966)
第10位 『カメレオンマン』(1983)

『アニー・ホール』(予告編)

『ハンナとその姉妹』(予告編)
アカデミー賞で助演男優賞(マイケル・ケイン)、助演女優賞(ダイアン・ウィースト)、脚本賞(ウディ・アレン)を受賞。

フランスの映画情報サイト「PREMIERE」ユーザーによるベスト5

第1位 『マンハッタン』(1979)
第2位 『アニー・ホール』(1977)
第3位 『マッチポイント」(2005)
第4位 『カイロの紫のバラ』(1985)
第5位 『ハンナとその姉妹』(1986)

『マッチポイント』(予告編)
何と言っても、スカーレット・ヨハンソンがいい。

ちなみに、ウディ・アレン自身が選ぶ自作ベスト6は・・・

 ウディ・アレン監督自身も自作映画のベストを語っている。なぜ6作品なのかはわからないけど。
「カメレオンマン」(83)「カイロの紫のバラ」(85)
「夫たち、妻たち」(92)「ブロードウェイと銃弾」(94)
「マッチポイント」(05)「それでも恋するバルセロナ」(08)

イギリスの「タイムズ」誌のインタビューによれば、多くの自作について満足しているかと聞かれ、即座に「ノー」と答えたとか。さらに、こんなことを言っている。
「40作品中30本が傑作で、あとは8本の崇高な失敗作と、2本の汚点。そのぐらいの配分であってしかるべきだったが、そうはならなかった。どれも映画界の標準からすればそこそこ楽しめる作品だったかもしれないが、黒澤やベルイマン、フェリーニ、ブニュエル、トリュフォーといった人たちの映画を見たあとに私の映画を見るといい。(中略)ある程度の年齢になると、人は自分の凡庸さを認めざるをえないものだ」
 長年、世界中の多くの映画ファンを楽しませてきたウディ・アレンにして、この自己評価の低さは驚きではある。なんとも自分に厳しい人だとは思うが、その厳しさというか、それゆえの自信のなさ(?)があるからこそ、年齢を重ねてもなお映画を撮り続けようという意欲につながるのかもしれない。

『それでも恋するバルセロナ』(予告編)
こっちは、レベッカ・ホール、スカヨハ、ペネロペの揃い踏みだ!

『マンハッタン』・・・その物語

 舞台は、ニューヨーク。
 テレビの放送作家アイザックは42歳ながら17歳の高校生トレーシーと付き合っていて、今夜もニューヨークの混み合うバーで友人の大学教授エールとその妻エミリーと4人で芸術論なるものに花を咲かせている。いやそうでもない、離婚した妻の暴露本の心配をしている。そんなシーンから始まり、次の日にトレーシーが試験があるということで帰ることになり、その帰り道、アイザックはエールから付き合っている女がいると告白される。現在の日本なら、淫行に不倫で完全アウトの設定で始まるが、舞台は1970年代のニューヨークである。さらにモノクロ映像。なんともオシャレなのだ。
 (1846165)

アイザックは、「僕の特異体質や奇行まで公開する」と言いながら二番目の妻の暴露本を心配する。
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「人生の楽しみ方」を教えてくれるウディ・アレンの傑作映画『アニー・ホール』は、観ておいて本当に損はないと思う

「人生の楽しみ方」を教えてくれるウディ・アレンの傑作映画『アニー・ホール』は、観ておいて本当に損はないと思う

ウディ・アレンが好きでも嫌いでもそんなの関係ない。とにかく、「映画芸術」みたいなものを語りたいなら外せない映画ではある。とはいえ、そんなに肩ひじを張って観る必要はない。ただ、楽しめばいい。そうすれば見えてくるはずだ。「人生の楽しみ方」が。そんなものが詰まっている映画が、この『アニー・ホール』なのだ。
東龍太郎 | 2,517 view
【アニメ声優総選挙】声優が選ぶ声優「BEST25」!!を勝手に「TV洋画吹き替え・DVD吹き替え」で考察してみた!

【アニメ声優総選挙】声優が選ぶ声優「BEST25」!!を勝手に「TV洋画吹き替え・DVD吹き替え」で考察してみた!

以前にご紹介した声優が声優に投票し、声優界のNo1を決める「アニメ声優総選挙」。アニメキャラクターで声優さんのランキングをBEST25で紹介したのだけど、なんでこのランキング?って言う疑問もあるわよね。そこで今回は、そのランキングを「TV洋画吹き替え・DVD吹き替え」で考察してみたわ!意外なことがわかったかも!?
人は誰でも恋におちる。映画「恋におちて」、ここで描かれている恋をゲス不倫と呼んでいいものだろうか?

人は誰でも恋におちる。映画「恋におちて」、ここで描かれている恋をゲス不倫と呼んでいいものだろうか?

恋におちて」は切ない大人のラブストーリーです。純愛と言ってよいでしょう。だた、この映画は不倫をテーマにしていますからはたして純愛とよんでいいのやら?!かと言ってゲス不倫の一言ではかたずけられない、そんな大人のファンタジーです。
obladioblada | 6,470 view
意外に背が低い海外セレブ、低身長の男性有名人

意外に背が低い海外セレブ、低身長の男性有名人

日本人男性の平均身長は172cm。国別平均身長で、長身一位がオランダの180cm、アメリカは、175cmです。 です。気になる、妻の身長や自分より背が高い女性と付き合っている人について。海外セレブ男性のなかで、低身長の有名人を画像や動画を含めて検証してみました。
1970年代に活躍したさだまさしと吉田正美のフォークデュオ【グレープ】の名曲「無縁坂」を聴き直す

1970年代に活躍したさだまさしと吉田正美のフォークデュオ【グレープ】の名曲「無縁坂」を聴き直す

1970年代に活躍したフォークデュオ【グレープ】は、さだまさしさんと吉田正美さんのフォークデュオでした。今回はその【グレープ】が残した名曲「無縁坂」を中心に聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 441 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト