秘めたるポテンシャルは計り知れず、母になっても輝き続けた1等星・ベガ
2019年11月9日 更新

秘めたるポテンシャルは計り知れず、母になっても輝き続けた1等星・ベガ

1993年、クラシック戦線に突如現れたシンデレラガール。彼女は瞬く間に階段を駆け上がり頂点へと昇り詰めました。彼女の名はベガ。桜花賞とオークスを制し、牝馬クラシック2冠に輝いた名牝です。その競走生活はわずか1年半と短いものでしたが、競走馬としてだけでなく繁殖牝馬としてもそのポテンシャルは計り知れないものでした。今回はベガをご紹介します。

272 view

脚の曲がった女の子

ベガの左前脚は不自然に内側に曲がっている。これはベガをご存知の方なら誰もが知っているのではないでしょうか。ベガは1990年3月8日、父・トニービン、母・アンティックヴァリューとの間に産まれました。母のアンティックヴァリューはノーザンダンサーの直仔で、ノーザンダンサーは当時20世紀最高の種牡馬と称されていました。

アンティックヴァリューはノーザンダンサーの血を求めていた社台グループの創始者・吉田善哉により輸入された期待の繁殖牝馬だったのです。しかしこのアンティックヴァリューには、脚部が不自然に内側に曲がる「内向」という身体的特徴がありました。ベガも母のアンティックヴァリューの身体的特徴を受け継いでしまったのです。

競走馬失格?

母の内向という身体的特徴を受け継いでしまったベガ。その特徴はベガの成長と共にどんどん顔を出してきます。牧場でも「競走馬としてデビューするのは難しいのではないか」という声も聞こえ始め、育成調教も満足にできないような状況でした。しかし、坂路調教を開始したところ思ったほど脚部に影響がないことがわかり、競走馬としてのデビューも見え始めます。

元々は社台グループの一口馬主クラブ・社台レースホースの募集馬となる予定でしたが、脚部の内向がどんどん表面化してきたため募集は中止となります。結局、吉田善哉の妻である吉田和子の個人所有馬となり栗東・松田博資厩舎に入厩することになりました。

無事競走馬デビュー

 (2149326)

1992年9月、松田博資厩舎に入厩したベガ。松田は脚部不安のこともありゆったりと調教を進めていきました。調教を進めながら厩舎スタッフはベガの柔軟性と1度教えただけのゲート試験を1発合格してしまう頭の良さに注目します。「もしかしたら」そんなスタッフの期待も高まる中、いよいよ待望のデビュー戦を迎えます。

1993年1月、坂路コースで強めの調教をしてみたところ、オープン馬と見間違うほどの動きと好タイムを記録します。この動きを見た調教師の松田は、その週にデビューさせることを決めました。舞台は京都競馬場の芝1800m戦。

デビュー戦の鞍上は松田厩舎所属の若手騎手・橋本美純に決まりました。レース当日は単勝6.6倍の4番人気。いくら坂路で好時計をマークしたとはいえ、まともな追い切りは実質この1本だけ。ファンもまだ半信半疑でした。レースは先行して勝ち馬に2馬身半の差を付けられたものの2着に粘ります。この結果は厩舎スタッフの期待を更に高めることに。

相棒・武豊

 (2149327)

期待の高まった厩舎でしたが、2戦目も厩舎所属の橋本美純を騎乗させるつもりでいました。ところが、2戦目を前にした調教に橋本騎手は遅刻してしまいます。これに調教師の松田は激怒。そこにたまたま通りがかった武豊に騎乗を依頼したと言われています。これにより武豊騎手とのコンビが誕生したのです。

そして迎えた2戦目は1月の京都競馬場、芝の2000m。レースは道中先団に取りついたベガは直線あっさりと抜け出し2着馬に4馬身差をつける圧勝。レース後武豊は、松田に対して「この馬、オークス勝てますよ」と話したと言います。この2戦目以降引退するまで全てのレースで武豊騎手が手綱を取ることになります。まさにこのレースからベガの相棒は武豊となったのです。

まずは1冠、桜花賞制覇

1993 桜花賞 ベガ

初勝利の後、ベガの左前脚に異常が見られたため松田は春の最大目標をオークスに定めようとしていました。しかし、ベガの左前脚は順調な回復を見せたため、3戦目に桜花賞トライアルのチューリップ賞を使うことに。

レース当日はまだ1勝馬の身でありながらその素質の高さを買いファンはベガを単勝2.6倍の1番人気に支持します。そしてまたベガもファンの期待に応えます。レースでは1600m戦でも先団に取りつくスピードを見せ、直線でもあっさりと抜け出し2着馬に3馬身差をつけて快勝して見せたのです。

そしていよいよGI・桜花賞に挑みます。桜花賞の最終追い切りで坂路を51秒2という猛時計で駆け上がったベガの調子は日増しに上がっていきました。迎えたレース当日、単勝2.0倍の圧倒的1番人気に支持されたベガ。ファンはベガの勝利を信じて疑いませんでした。そしてまたベガもファンの期待を裏切りません。

レースは今回もまた楽々と先団に取りつき、逃げ馬を見ながら直線に向くとすぐ先頭に躍り出ます。最後はユキノビジンとマックスジョリーが猛烈な勢いで追い込んできますがユキノビジンの追い込みをクビ差しのいでGI初勝利を飾ります。

オークスも制し2冠馬に

ベガ オークス

桜花賞の勝利後、ベガに海外遠征プランが持ち上がります。陣営はもしベガがオークスも勝った場合、フランスのヴェルメイユ賞に挑戦すると明かしたのです。栗東所属の関西馬であるベガにとってオークスは初となる関東圏でのレース。東京競馬場までの初の長距離輸送により発熱と食欲不振を起こしたベガをマスコミも大きく取り上げます。

その影響もあり、オークスのレース当日は単勝1番人気ながらオッズは3.4倍。桜花賞時のような圧倒的1番人気とはなりませんでした。しかしベガの体調はこの時すでに回復していたのです。レースではいつもどおり先団を追走したベガは最後の直線、ラスト200m手前あたりで先頭を走るユキノビジンを捉え1馬身4分の3の差をつけ快勝。見事2冠を達成しました。

海外遠征断念、狂いだした歯車

オークスも制し、2冠を達成したベガでしたが、レース後歩様に乱れを生じ放牧に出ることに。そして更なるアクシデントがベガを襲います。放牧先で右肩に筋肉痛を発症したのです。これにより計画されていた秋の海外遠征は断念することに。この時すでに運命の歯車は少しづつ狂いだしていたのです。

秋の目標を牝馬クラシック最終戦のエリザベス女王杯に定めたベガは、トライアルレースのローズステークスから始動することに決めました。しかしここでもまたアクシデントが。牧場の装蹄師が装蹄ミスをしてしまいます。蹄鉄を装着する際に人間でいうところの深爪をしてしまったのです。これにより調整に狂いが生じてしまったベガはローズステークスの回避を余儀なくされます。狂いだした歯車はもう修正不可能なところまできていました。

ベガはベガでもホクトベガ~!!

競馬 エリザベス女王杯 ホクトベガ 1993年

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

みなさんはオフサイドトラップという馬を覚えているでしょうか?8歳まで現役を続け、その間に3度の屈腱炎を克服し、不死鳥のようによみがえった馬でした。しかも8歳で重賞初勝利を挙げ、重賞連勝の勢いでGI・天皇賞(秋)まで制します。今回はそんな不屈の闘志を持ったGI馬・オフサイドトラップをご紹介します。
concorde | 192 view
遅咲きのサクラが府中の杜で満開に!末脚炸裂・サクラチトセオー

遅咲きのサクラが府中の杜で満開に!末脚炸裂・サクラチトセオー

遅咲きのサクラは6歳の秋、府中の杜で満開に咲き乱れました。同じトニービンを父に持つ同期のウイニングチケットほどのスター性はありませんでしたが、後方一気のその末脚に魅了された人は多かったのではないでしょうか。今回はそんなサクラチトセオーをご紹介します。
concorde | 125 view
その血統は地味でも負けない世紀末覇王・テイエムオペラオー

その血統は地味でも負けない世紀末覇王・テイエムオペラオー

テイエムオペラオー。競馬歴の長いファンの方は当然ご存知でしょう。2000年には年間無敗記録を達成し、無類の強さを誇った名馬です。2017年、アメリカのアロゲートに抜かれるまで獲得賞金の世界記録を保持していました。しかしながらその血統は地味でここまで活躍するとは誰も想像していませんでした。今回はテイエムオペラオーをご紹介します。
concorde | 318 view
友とつかんだGIタイトル、グランプリホース・シルクジャスティス

友とつかんだGIタイトル、グランプリホース・シルクジャスティス

シルクジャスティス、日本ダービーを怒涛の末脚で追い込むもわずかに届かず2着。しかし、その年の有馬記念でエアグルーヴ、マーベラスサンデーを破って見事グランプリホースに輝いた馬です。彼はとても個性的な馬で同い年の親友とも呼べる調教パートナーがいました。今回はそんなシルクジャスティスをご紹介します。
concorde | 196 view
顔のデカさは自信の表れ?芦毛の兄貴も強かった・ビワハヤヒデ

顔のデカさは自信の表れ?芦毛の兄貴も強かった・ビワハヤヒデ

みなさんはビワハヤヒデという馬をご存知でしょうか?3冠馬・ナリタブライアンのお兄ちゃんです。ファンの間では顔の大きな馬なんて言われることもありましたが、その実力は顔の大きさ以上に偉大なものでした。今回はそんな偉大なお兄ちゃん・ビワハヤヒデをご紹介します。
concorde | 275 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト