『初恋』村下孝蔵。今も愛され続ける名曲の誕生秘話とモデルとなった同級生。
2018年11月12日 更新

『初恋』村下孝蔵。今も愛され続ける名曲の誕生秘話とモデルとなった同級生。

「好きだよと言えずに初恋は…」透明感のある歌声で青春の甘酸っぱさを胸に響かせてくれた村下孝蔵。名曲『初恋』の誕生秘話やモデルとなった同級生との思い出などを紹介。

33,083 view

1983年に大ヒットした名曲『初恋』村下孝蔵

『初恋』は村下孝蔵のデビュー4年目、1983年2月25日にCBSソニーより発売した5枚目のシングルA面の曲。
発売後じわじわと知名度を広がっていき、梅雨時の6月頃には有線放送やラジオのヒットチャート上位に入り、レコード売り上げも急上昇していった。
村下の元マネージャー嶋田富士彦によると、村下の楽曲は特に有線で強く支持され、地方では演歌に似たチャート変動を示したという。

オリコンチャートで最高3位、52.6万枚を売り上げ、村下にとって最大のヒット曲となった。
村下孝蔵『初恋』の初期ジャケットビジュアル

村下孝蔵『初恋』の初期ジャケットビジュアル

27歳と遅咲きのプロデビューであった村下孝蔵。
年齢を理由に難色を示す者もいたが、楽曲や声のよさは誰もが認めるところで、中国放送がバックアップしていたこともあり何とかデビューが決定したという。
「初恋」のジャケットは当初村下の横顔の顔写真であった。
途中から現在アルバムの『初恋〜浅き夢みし〜』にも使用されている村上保の切り紙絵に変わっている。
変更後の村下孝蔵『初恋』ジャケットビジュアル

変更後の村下孝蔵『初恋』ジャケットビジュアル

1982年東京・銀座の初恋ギャラリーで行われた村上保の個展を村下孝蔵のスタッフがたまたま見たことがきっかけで、話を聞き足を運んだプロデューサーが、切り紙の少女に魅了され、村下孝蔵のジャケット起用が即決したという。
純朴で不器用そうな少女と懐かしさを感じさせる背景、そして村下の素朴で実直な歌とが完全にシンクロしている。

甘酸っぱい「初恋」のイメージとマッチした村下孝蔵の透き通る歌声

当初『初恋』は村下がスローテンポのバラードとして作ったものだった。
だが編曲家の水谷公生が「ありきたりのフォークにしたくない」とテンポを上げてポップ系に編曲し、村下がそれを受け入れたことで完成をみた楽曲であった。
水谷はかねてからプロデューサーの須藤晃に「もうフォークにこだわらなくてもいいんじゃないか」と進言していたという。
そのアレンジを受け入れた村下を水谷は「でっかい人だった。人にゆだねる強さがあった」と評している。

ギターの柔らかいポップな音色に乗った切ないのフォーク調の歌は、普段あまりレコードを買わない中高年にも支持された。

村下孝蔵 初恋 - YouTube

作詞・作曲:村下孝蔵

村下孝蔵の実体験に基づいた『初恋』の歌詞

世の少年少女が乱れていき、人と人との繋がりが薄れていく流れを感じたプロデューサーの須藤は『初恋をタイトルした聴いた人が切なくなるような曲を作ろう』と村下に提案した。

村下は熊本水俣市で過ごした中学時代、テニス部の女の子を好きになった。
放課後の校庭をラケットを握りながら、走り回る可憐な少女。
それを校舎の窓から見る少年時代の村下。

そして、「好きだよ」のひと言が言えないまま、彼女は転校してしまった。
引っ越して行く当日、駅に出向いて見送るつもりだったが、彼女の友達がたくさん見送りに来ていたので、近寄って「さよなら」を言うことができずに遠くからずっと眺めていた。

こうして少年・村下孝蔵の初恋は終わった。
だが、彼女の面影がいつまでたっても忘れられなかった…。

そんな思い出を歌に込めたのが『初恋』であった。

初恋の人とテレビ番組で再会

村下の初恋の相手だった桜井靖子さん(旧姓:高尾)が音楽番組で『初恋』を披露した際にドッキリ出演。

歌唱中に突然現れた桜井さんに村下はビックリ。
歌い終えた後も動揺していた。

村下孝蔵 初恋 ドッキリ スタジオライブに初恋のモデルになった人が登場 - YouTube

同年同時期に『初恋』を三田寛子がカバー

村下孝蔵が『初恋』をリリースした2か月後に三田寛子がカバーをリリース。
時期をほとんど置かずカバーする珍しいケースであった。

三田寛子の「初恋」は、田尾安志(当時中日ドラゴンズ)と共演した花王トニックシャンプーのCMタイアップ。CMでは田尾とのデュエットバージョンが使われていた。
オリコン最高56位、売り上げ5.7万枚

三田寛子 - 初恋 - YouTube

花王トニックシャンプーCM - YouTube

三田寛子&田尾安志

今も愛され続ける名曲『初恋』

村下孝蔵は、1999年6月24日「高血圧性脳内出血」により死去。46歳没。

だが、彼の残した『初恋』は時代を経ても色あせることなく人々の心を魅了しており、中澤裕子(2002年)、Acid Black Cherry(2007年)、佐藤竹善(2007年)、島谷ひとみ(2007年)、加藤いづみ(2008年)、杏里(2008年)、玉置浩二(2014年)、May J.(2016年)など多くのアーティストによって長い間歌われ続けている。

GOING UNDER GROUND/初恋 - YouTube

2008年、GOING UNDER GROUNDがカバーした『初恋』と堀北真希出演のCM「白いなっちゃん」とのコラボレーション・ビデオ・クリップ。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本にこんな売り方をされているミュージシャンがいたのか!村下孝蔵のベスト・アルバムが尋常じゃない!

日本にこんな売り方をされているミュージシャンがいたのか!村下孝蔵のベスト・アルバムが尋常じゃない!

46歳という若さで亡くなった村下孝蔵。「初恋」や「踊り子」などのヒット曲で知られていますが、凄いのは彼のベスト・アルバムです。オリジナル・アルバムは14枚だしていましたが、ベスト・アルバムは現時点で何と13枚も出ています。死後も事あるごとに続々と作り続けられている村下孝蔵のベスト。まとめてみると驚きの事実が!
obladioblada | 17,440 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
神曲揃い!アニメ『めぞん一刻』主題歌集!1回しか放送されなかった曲も!

神曲揃い!アニメ『めぞん一刻』主題歌集!1回しか放送されなかった曲も!

恋愛漫画の金字塔!1986年~1988年に放送されたアニメ『めぞん一』の主題歌はどれを聞いても神曲としか言いようがありません。全ての曲が物語と素晴らしくマッチングしていて、古き良き時代の切ない世界観をより際立たせてくれる、最高の名曲揃いです!
ahya810 | 128,664 view
高橋留美子のアニメ化第2弾、登場人物が超個性的なアニメ「めぞん一刻」

高橋留美子のアニメ化第2弾、登場人物が超個性的なアニメ「めぞん一刻」

漫画家、高橋留美子作品のアニメ化第2弾は「めぞん一刻」。「一刻館」という古いアパートを舞台にした、若き未亡人の管理人「音無響子」とアパートに住む浪人生「五代裕作」の恋愛模様を描いたラブコメディです。その登場人物は、みんな「超」がつく個性の持ち主ばかり。
ybanzawa | 9,783 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト