美の象徴だった資生堂CM!70~80年代の資生堂モデルと名作揃いのタイアップ曲をお届け!
2020年11月23日 更新

美の象徴だった資生堂CM!70~80年代の資生堂モデルと名作揃いのタイアップ曲をお届け!

資生堂VSカネボウという化粧品メーカーのCM対決が楽しみだった時代がありましたね。化粧品のCMモデルに選ばれるという事は、美しさは勿論のことその時代の美を象徴する魅力がありました。「次のキャンペーンモデルは誰だろう?曲は?」と、化粧品は買わなくても(笑)CMだけは楽しみにしていた頃~ あの頃の資生堂モデルを名作揃いのタイアップ曲と共に振り返ります。目と耳で懐かしんで下さいね!

3,802 view

■1977年 夏キャンペーン<サクセス>ティナ・ラッツ

資生堂 CM - アクエアビューティケイク - 1977

歌:ダウン・タウン・ブギウギバンド

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

キャッチコピー:サクセス、サクセス、
本名:Bettina Louise Lutz

別名義:ティナ・ラッツ

生年月日:1950年4月18日

没年月日:1992年1月24日(41歳没)

出生地:オハイオ州・レイクヴュー

国籍:アメリカ合衆国 日系アメリカ人

ジャンル:ファッションモデル

配偶者:マイケル・チャウ (1972 - 1989)
このキャンペーンには「働く女の人」というコンセプトが立てられていたそうです。
「若い頃にモデルでバリバリに活躍していた"ティナ"という女性がモデルを辞め、キャリアウーマンに転身した」そういうストーリーが描かれていました。

"ティナ・ラッツ"さんは、トップモデルとして人気だった時に日本の芸能界から引退しイギリスで幸せな結婚生活を送られていました。
そんな"ティナ"さんを日本へ呼び寄せて作られたCM「サクセス、サクセス、」は、まさに"ティナ"さん自身のストーリーだったのではないでしょうか。

キャンペーンの後半からCMで流されたB面曲「愛しのティナ」は勿論モデルを務めた"ティナ"の名前からつけられていました。
"ティナ・ラッツ"さんは父親がドイツ系アメリカ人、母親は日本人という家庭に生まれ、1960年代中頃に一家で来日。上智大学時代に2歳上の姉と共にモデルとしてデビュー。

資生堂の広告塔として又、不二家のCMにも起用され、ハーフモデルとして活躍されていました。

時代の顔として一人気絶頂へと登りつめた1972年(22歳)にレストラン経営者の"マイケル・チャウ"氏と結婚しイギリスに渡る。

渡英後は、夫"マイケル"のレストランの常連客"アンディ・ウォーホル"や”キース・ヘリング”など時代の申し子といったアーティストたちとの交友関係から、ミューズとして彼らの手掛けた作品にも登場。
又、"ティナ・チャウ"名義でジュエリーデザイナーとしても活動。

華やかな暮らしぶりだった"ティナ・ラッツ"さんですが、1980年代後半にエイズの宣告を受け、1989年 マイケル氏と離婚 1992年に帰らぬ人となりました。

■1978年 春キャンペーン<春の予感~I've been mellow~>高原美由紀

資生堂 1978春 15秒

歌:南沙織

作詞:尾崎亜美

作曲:尾崎亜美

キャッチコピー:時間よ止まれ、くちびるに。
前年春のキャンペーンソング「マイピュアレディ」に続いて、再び"尾崎亜美"さんの曲で勝負。
メロウでオシャレなCMでしたね。

モデルを務められたのは"高原美由紀"さんでした。
「JJ」などファッション誌で表紙を飾っておられたモデルさんでお綺麗な方でしたが、プロフィール等の詳細は残念ながら探し出せませんでした。

■1978年 夏キャンペーン<時間よ止まれ>パシフィック・ガールズ

1978夏_SHISEIDO

歌:矢沢永吉

作詞:山川啓介

作曲:矢沢永吉

キャッチコピー:時間よ止まれ、まぶしい肌に。
モデルのパシフィック・ガールズ(藤田恵弥子さん、土屋名美さん、林秀子さん、堀川まゆみさん、ロリアン・レオンさん)は、歌詞にもある「パシフィック」にちなんで集められた美女5人です。
モデルさんも気になるところですが、今回はタイアップ曲にスポットを当ててご紹介します。

楽曲提供は"矢沢永吉"さん

矢沢さんと言えば・・・そう伝説のロックバンド"キャロル"という事で、リーゼントに革ジャンのイメージでファンには暴走族も多かったですよね。
どう考えても資生堂のCMを楽しみにしている顧客層とは合わないと思うのですが、資生堂的には戦略があったようです。

前年度、夏のキャンペーン"でダウン・タウン・ブギウギバンド"の「サクセス」を起用し不良っぽい要素を取り入れることに成功していた為、自信をもってのオファーだったようです。

"矢沢永吉"さん的には「俺がバラード?」という戸惑いがあったようですが、見事に当たり「時間よ止まれ」は矢沢さん自身初のヒットとなり、代表作になっています。
そして、
2014年 36年ぶりに"水原希子"さんがモデルを務める「美への挑戦篇」のCM曲として復活しました。

■1978年 秋キャンペーン<君のひとみは10000ボルト>ルーシー島田

資生堂CM - ベネフィークグレイシィアイシャドウ - 1978

歌:堀内孝雄

作詞:谷村新司/堀内孝雄

作曲:堀内孝雄

キャッチコピー:君のひとみは10000ボルト
アリスの"堀内孝雄"さんが歌われた「君のひとみは10000ボルト」はミリオンに近いヒットになりましたが、まるでモデルを務めた”ルーシー島田”さんのことを歌っているかのように画(え)と曲がぴったりハマっていました。

”ルーシー島田”さんが気になり調べてみましたが、プロフィールも現在についても探し出せませんでした。
ただ一つ、ずいぶん昔の事のようですが大阪の繁華街のスナック「カティサーク」というお店でママをされているという情報がありました。
気になっている方は多いようですが、事実かどうかはわかりません。

■1979年 夏キャンペーン<燃えろいい女>小野みゆき

資生堂 CM - ナツコビューティーパクト - 1979

歌:世良公則&ツイスト

作詞:世良公則

作曲:世良公則

キャッチコピー:キャッチコピー:ナツコの夏
本名:西野 美幸

生年月日:1959年11月17日

出生地:静岡県沼津市

職業:女優

活動期間:1979年 -

所属事務所:オスカープロモーション
68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

水着が眩しい!記憶に残る夏の化粧品CM

水着が眩しい!記憶に残る夏の化粧品CM

今年も暑い夏がやってくる。1977年から1985年までの記憶に残る夏の化粧品CMやキャンペーンモデルを振り返り「熱き青春の夏」を思い出してみよう。
80年代の松田聖子をCMで振り返ってみたところ、やっぱり聖子ってカワイイじゃないですか?!

80年代の松田聖子をCMで振り返ってみたところ、やっぱり聖子ってカワイイじゃないですか?!

言わずと知れた松田聖子。80年代の彼女は、シングル24曲連続チャート1位という金字塔を打ち立て、押しも押されもせぬ存在でした。そんな松田聖子が80年代に出演したCMの数々は、今見ても魅力的!むちゃくちゃカワイイじゃないですか?!
obladioblada | 7,828 view
還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

女優・タレントとして活躍する宮崎美子(61)がこのたび、自身の芸能人生初となるカレンダーを発売し、40年ぶりにビキニ姿を披露することが明らかとなりました。
隣人速報 | 14,555 view
「仮面ライダー龍騎」で桃井令子 を演じた女優『久遠さやか』今は何してる?!

「仮面ライダー龍騎」で桃井令子 を演じた女優『久遠さやか』今は何してる?!

幼少期からCMや雑誌のモデルなどで活躍され「仮面ライダー龍騎」では「OREジャーナル」の記者、桃井 令子を演じて注目された久遠さやかさん。ここ何年かテレビで見ていません何があったのでしょうか?
ギャング | 2,308 view
80年代『よめきんトリオ』としてブレイクした!「渡辺めぐみ」現在は何してるの?!

80年代『よめきんトリオ』としてブレイクした!「渡辺めぐみ」現在は何してるの?!

元々、高校時代からモデルとして活動されていた渡辺さん、『笑っていいとも!』のレギュラーで構成される“よめきんトリオ”でブレイクしました。その後、目立った活動が無い為、気になり調べてみました。
ギャング | 4,857 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト