強いぞ~負けるな~アレックス~キッド~♪でお馴染みの『アレックスキッド 天空魔城』はとっても難しいゲームです。でも、憎めないアレクの笑顔!
2017年1月24日 更新

強いぞ~負けるな~アレックス~キッド~♪でお馴染みの『アレックスキッド 天空魔城』はとっても難しいゲームです。でも、憎めないアレクの笑顔!

セガのアクションゲーム『アレックスキッド』は、任天堂の『スーパーマリオブラザーズ』打倒を胸に秘め開発されました。大好物は"おにぎり"の主人公『アレク』が岩をも砕く拳法『ブロッ拳』を武器に進んで行きます。ゲームの醍醐味はなんと言っても"ボス戦のジャンケン"だよね。

4,258 view

1989年2月10日「セガ」よりリリース

アレックスキッド 天空魔城

アレックスキッド 天空魔城

「ソニック」以前のセガの看板キャラクター『アレックス・キッド』はアクションゲームです。このゲームは"ジャンケン対決"をして進んで行くというルールが特徴なんですが、ゆる~い「世界観」に「キャラクター」が魅力的で楽しい作品となっています。
出典 vc.sega.jp

懐かしの"ジャンケン対決"が楽しい!

タイトル画面です

タイトル画面です

「セガ・マークⅢ」時代に最も愛されたキャラクター『アレックス・キッド・オサール(本名)』通称『アレク』が「メガドライブ」に帰ってきたぞ!

ストーリー

「アリエス星」で平和に暮らしていた「アレク」のもとに"不思議なウワサ"が流れてきました。行方不明になっている、アレクの父「サンダー王」が「ジャンバリク星」で生きているというのです。アレクは心配でいても立ってもいられなくなり、家族の反対を押し切ってに旅立つことにしました。ジャンケンの弱い者は生きていけないという「ジャンバリク星」に・・・。

フリーで"ジャンケン対決"できるモードも搭載

"ジャンケン対決"の練習もできます

"ジャンケン対決"の練習もできます

「オプションモードで」"JANKEN"を選択すると対戦できる4人のキャラクター。

『ジャンゴリラ』- ジャンケンハウスの経営者
『ターニャ』- ピラミッドの女王
『プータロー』- 森のクマさん
『ダイセンニン』- BIGSENNINと書いて"ダイセンニン"

個性的なキャラクターと"ジャンケン対決"ができます!

「ノーマルモード」でゲームスタート!

1面:ビギナの町

1面:ビギナの町

「ノーマルモード」で始めると『アレク』のプレイヤー数は3人でゲームスタートです。

「イージーモード」は5人でゲームスタート
「ハードモード」は1人でゲームスタート

アレクは"ブロッ拳"の使い手です

岩をも砕くことができる"ブロッ拳"

岩をも砕くことができる"ブロッ拳"

自分の前に拳を突き出して「パンチ」を繰り出します!
"ブロッ拳"は拳法です!

"ブロッ拳"は拳法です!

「拳」だけではありません!「ジャンプキック」も繰り出せます。

「敵」や「宝箱」から"お金"をバンバン集めちゃいましょう!

 (1664970)

この世界の通貨は「バウム」です。

とにかく"じゃんけん"が全て(ルール)

でも「かけ金」は必要です

でも「かけ金」は必要です

ジャンケンっぽい音楽(BGM)が鳴り終わるまでに「グー」「チョキ」「パー」を選択して勝負します。

ちなみに相手は『ジャンゴリラ』です。

負けたら「服」を没収されます…"野球拳"ルール

イエーイ「勝ち」です

イエーイ「勝ち」です

「ジャンゴリラ」の「パンツ」を没収しました。おまけに"アイテム"もゲットしました!
いや~ん「負け」です

いや~ん「負け」です

「アレク」の「服」が没収されました。ちくしょ~!
88 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

孔雀明王法の使い手「孔雀」を操作して「織田信長」の陰謀を阻止せよ!!『孔雀王2 幻影城』はセガの純粋なアクションゲーム

孔雀明王法の使い手「孔雀」を操作して「織田信長」の陰謀を阻止せよ!!『孔雀王2 幻影城』はセガの純粋なアクションゲーム

「孔雀王」といえば超人気連載漫画として当時は誰しもが知りうる名前の作品であり、1988年頃には多岐にわたりメディアミックス化された。今回紹介するのはセガのアクションゲーム「孔雀王2 幻影城」というタイトルで、やはり時代のブームにのって世に送り出された良作である。当時の"孔雀王ブーム"も一緒に紹介します。
アクションの枠にとらわれない粋なアクションゲーム『ストライダー飛竜』

アクションの枠にとらわれない粋なアクションゲーム『ストライダー飛竜』

プレイヤーが操作する「飛竜」の"ダイナミックかつアクロバティック"な動きと、場面ごとに変化するステージ構成とBGMが、スタイリッシュさを演出したアーケードゲーム『ストライダー飛竜』。その移植作品がメガドライブで登場し話題を呼んだ! 当時では大容量の「8メガビットロムカセット」を大胆に使用した、セガの心意気もあって、移植完成度は高く好評を得たタイトルとしても有名。そんな、ストライダー飛竜を名場面(シーン)で振り返ります。(※オリジナルのアーケード版「ストライダー飛竜」は、カプコンが開発・発売元)
メガドライブの隠れた名作『ランボーⅢ』を知っているか!?

メガドライブの隠れた名作『ランボーⅢ』を知っているか!?

「シルヴェスター・スタローン」主演の映画「ランボー」から、同シリーズの「ランボー3 怒りのアフガン」をゲームにしたのが、今回紹介する『ランボーⅢ』です。メガドライブのソフトとしては、比較的初期の頃に発売されたタイトルなので、円熟期のメガドライブファンには馴染みが薄いかも?…ファミコン世代の方にも「CM」は覚えてる!なんていう人もいるのでは!?
やっぱりメガドラ・・・癖が強いアクションゲーム『DJボーイ』

やっぱりメガドラ・・・癖が強いアクションゲーム『DJボーイ』

2000年代…こんな現代においても、海外から見た日本のイメージは、我々日本人から見ると「ちょっとズレてる」と思う事が沢山あります・・・その逆はどうでしょうか? 1990年代の日本から見たアメリカはこんなイメージかもしれない!?…『DJボーイ』の世界観はまさにソレ!ぶっ飛でるけど面白いゲーム。PS.音ゲーじゃあないよ!
どうかしてるぜ!?ガチンコ"ドラゴン(ビースト)"プロレスゲーム『ビースト・ウォリアーズ』

どうかしてるぜ!?ガチンコ"ドラゴン(ビースト)"プロレスゲーム『ビースト・ウォリアーズ』

メガドライブ専用ソフトとして「日本テレネット」から発売された『ビースト・ウォリアーズ』は、新たに立ち上げた同社の新ブランド「RIOT」の第一回オリジナル作品として登場。その世界設定は練り込まれており、BGMやビーストのデザインなどが一層それを引き立てました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト