OVA版【おたくの星座】ファミコンから人気となりアニメ化!ちょっとエッチな冒険活劇!
2021年4月21日 更新

OVA版【おたくの星座】ファミコンから人気となりアニメ化!ちょっとエッチな冒険活劇!

ファミコン向けのRPGゲームとして制作された『おたくの星座』。遠い未来、女性が世の中を席巻し、男性たちは揃って”おたく”と蔑まれるようになってしまった世界を舞台としています。今回の記事では、OVA版として発売された『おたくの星座』をフォーカスして、その本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきます。

1,242 view

盛り込まれたパロディ要素の数々

随所に他アニメや特撮シリーズなどのパロディ要素が組み込まれているのも、視聴していて笑いを誘うポイント。いい意味で、悪ふざけしていて好感がもてます。
こういった要素は一瞬出てきて画面はすぐ切り替わってしまいますので、何かしながらの視聴だと見逃してしまう可能性が大。ネタバレになってしまうので多くは記載しませんが、ミドルエッジ世代には堪らないネタばかりです。
本編に登場したオーロラ五人娘の存在はリアルにも波及し、当時は本当のアイドルグループまで結成されています。そのこと自体も逆パロディになっていて面白いです。

OVA版『おたくの星座』のまとめ

ファミコン向けのRPGゲームがOVAとして映像化された『おたくの星座』。原作のゲームソフトの存在は知っていても、OVA版の存在を知らなかったミドルエッジ世代は多いのかもしれませんね。
ストーリー性も原作の内容を忠実に再現していて、子供でも充分に楽しめる内容に仕上げられています。美女とヤリまくりなハーレム展開は羨ましい限りですし、その割にはエロ要素が控えめになっているのも安心材料ですよね。
懐かしのアニメ・特撮がパロディとして盛り込まれているのも面白いポイント。私たちのツボを見事に押さえていると思います。記事内には本編動画も掲載していますので、この機会にご覧になって、その魅力をぜひ堪能なさってくださいね。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA版【ジャングルウォーズ】主人公ボーイの声を演じたのは田中真弓!ゲームの攻略要素も?

OVA版【ジャングルウォーズ】主人公ボーイの声を演じたのは田中真弓!ゲームの攻略要素も?

『ジャングルウォーズ』というタイトルを聞いて、多くのミドルエッジ世代が思い浮かべるのはゲーム版ではないでしょうか。ジャングルを舞台に、ジャングルの番人・ジャングルパパの息子のボーイの活躍を描いた物語で、ゲーム版ではRPGとして発売されました。今回の記事では、OVA版『ジャングルウォーズ』の本編動画やストーリー・魅力など振り返っていきます。
tsukumo2403 | 480 view
北斗の拳4ファミコン版!ファミコンタイトル最後となる4作目は主人公が・・

北斗の拳4ファミコン版!ファミコンタイトル最後となる4作目は主人公が・・

北斗の拳4とはどのようなゲームだったのか?当時を振り返りながら、ファミコンソフト「北斗の拳4」のプレイ動画や当時の人気・評判などをまとめて紹介します。
ゆうなパパ | 2,440 view
原作完全無視の本格三國志RPG!「天地を喰らうII 諸葛孔明伝」を紹介!

原作完全無視の本格三國志RPG!「天地を喰らうII 諸葛孔明伝」を紹介!

三國志のゲームといえばシミュレーションゲームが主流だった時代、「天地を喰らうII 諸葛孔明伝」は本格的なRPGとして登場した。本宮ひろ志さんの漫画「天地を喰らう」をタイトル名としていながら、原作とは全く違うストーリーが展開されていく。
サイド7 | 47,976 view
ナムコ傑作のRPG!勇気りんりん「じゅうべえくえすと」!走れ!光の子供!どこまでも!!

ナムコ傑作のRPG!勇気りんりん「じゅうべえくえすと」!走れ!光の子供!どこまでも!!

「じゅうべえくえすと」とは、1991年1月4日にナムコより発売されたファミコン用のゲームソフトです。ジャンルはコンピュータRPG、開発はバースデイが行いました。システムのモチーフは同社発売の「貝獣物語」で、ソフトには特性マップと24枚のカードゲームが同梱されていました。
茶太郎 | 13,679 view
『ラングリッサー』のシリーズ一作目が「メガドライブオリジナル」タイトルだって、知ってた?

『ラングリッサー』のシリーズ一作目が「メガドライブオリジナル」タイトルだって、知ってた?

「ファイアーエムブレム(ファミリーコンピュータ)」の一年後に発売され、「同ジャンル」のゲームとして、何かと比べられる要素も(「ジェイガン」と「ヴォルコフ」や「メディウス」と「カオス」など)見受けられた。「次世代ハード」に移行しても「続編」が発売され、「ナンバリングタイトル」として「ラングリッサー5」まで発売されるなど、その完成度は、この頃から既に評価されていた。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト